現在の位置:トップ生命保険 相続税対策相続税対策に生命保険を利用するメリット・デメリット

相続税対策に生命保険を利用するメリット・デメリット

相続税対策は色々ありますが、最もポピュラーな方法として利用されるのが、生命保険です。

40代ー1

相続税対策に有利な生命保険の利用法について、具体例を挙げて紹介します。

契約者A、被保険者A、受取人Bとし、契約者Aは保険料の負担者であり、受取人Bは法定相続人とします。

この場合、500万円×法定相続人の生命保険料控除が受けられます。

仮に5,000万円の生命保険金が下りたとして、配偶者と子ども2人で3人の相続人がいた場合、5,000万円のうち1,500万円は控除の対象となります。

平成27年1月1日からの改定で、相続税の基礎控除が下げられるのに伴い、生命保険の控除改正も議論されましたが、まだ改定はされていませんので、相続税対策として生命保険のメリットは活かすべきです。

a0002_003051 - コピー

相続財産がマイホームなど不動産中心の場合、生命保険を利用すれば、生命保険金という分割しやすい現金で受け取ることができるのも大きなメリットです。

兄弟で自宅や土地を相続する場合、相続財産を公平に分割しやすくできます。

では、生命保険の相続税対策にデメリットはないのでしょうか?

生命保険の相続税対策のデメリット

生命保険で最も障害になるのは、誰もがいつでも好きな時に加入できるわけではないことです。

生命保険契約の際に健康上の理由で条件がつけられますし、審査で問題があるとされれば、契約できないこともあります。

画像の説明

相続税対策を考える高齢者の年齢では、健康上の問題があることが多いですし、高い保険料を支払うことになります。

保険期間が決まっている定期保険ではなく、終身保険にするとさらに保険料は割高です。

相続税対策に生命保険を利用するには、健康上の問題、保険料の負担があることを踏まえ、相続税対策のひとつとして捉えるようにしましょう。

関連ページ

家族構成別の相続税対策

画像の説明

平成27年1月1日以降の相続について、基礎控除額と相続税の税率に改定があり、この法改正により相続税対策が必要となる対象者が増えました。家族構成によりさまざまな対策も必要となりますが、ここで生命保険の非課税枠が重要なものとなります。

つづきはこちらをクリック⇒家族構成別の相続税対策

生命保険で相続税対策の落とし穴

画像の説明

生命保険には「契約者」「被保険者」「保険金受取人」があり、相続が発生した際、相続人に対する税金の取り扱いが異なりますので注意が必要です。というのは、本来なら相続税の対象となる相続財産となるはずが、取得税の対象となる「収入」となるケースがあるからです。

つづきはこちらをクリック⇒生命保険で相続税対策の落とし穴

>>私の体験からおすすめする、失敗しない保険無料相談の選び方

生命保険で相続税対策