現在の位置:トップ生命保険 相続税対策家族構成別の相続税対策

相続税の改定内容について

ここ最近、相続税の節税対策の記事や特集を見かけるようになったと思いませんか?

画像の説明

実は、相続税の基礎控除額に変更があったのです。

平成27年1月1日以降におきた相続について、従来は5,000万円+1,000万円×法定相続人の数だったものが3,000万円+600万円×法定相続人の数に変更になりました。

さらに相続税の税率にも変更がありました。

このような相続税の改定により、以前ならば相続対策が必要がなかった相続額の人たちにも対策が必要となってきます。

不動産を相続するケース

特に都心に自宅を持っている人は自宅の評価額をよく見ましょう。

画像の説明

今の60歳70歳の人が住宅を購入したころと土地の値段は大分変わり高くなっているはずです。

都心の狭い土地に建てられた家であっても、相続財産としての評価額が釣りあがっていることがあります。

そうなると、自宅を売ることが出来ず他に主だった財産がない人は相続税の支払いに困ってしまいます。

家族構成と相続税対策

今回は相続が想定される様々な家族構成とその対策についてお伝えします。

まず、相続人が夫か妻のみ、つまり配偶者しか相続しない場合です。

画像の説明

相続人が配偶者のみの場合は、例え資産が不動産のみであっても心配することはありません。なぜならば相続人である配偶者も住む不動産の場合は、相続税がかからないことになっています。さらに他の資産についても配偶者控除が適用されて1億6,000万円までは非課税です。

葬式代やお墓代としてある程度の現金があれば十分です。

画像の説明

次に配偶者と子どもが相続人の場合です。

先ほどもお話した通り配偶者の相続分には基本的には相続税はかかりません。
子どもが相続する分について考えましょう。

相続財産を100とすると法定相続分では配偶者が50、子どもが50を相続します。

子どもが複数いるときはその50を人数で按分します。この配分に合わせて相続をした場合を考えます。

配偶者と子ども2人の合計3人で相続をして自宅が8,000万円、株式が3,000万円、現金5,000万円が相続財産だとします。

配偶者が自宅を相続したとすると残りの株式と現金を子ども同士で按分することになります。これだと配偶者には現金が1円も入ってきませんので、現金1,000万円が配偶者の生活資金として遺していたのであれば大変ですね。

株式も上手く按分できればいいのですが、市場が乱高下しているなど不安定ならばトラブルになってしまいそうです。

また、今回の相続財産合計1億6,000万円に対し基礎控除は4,800万円です。残りの1億1,200万円について子どもには相続税がかかります。

そこで生命保険を活用しましょう。

現金5,000万円ではなく、保険金5,000万円ならば1,500万円の非課税枠がありますので、保険金は3,500万円と計算します。

相続財産は1億4,500万円となります。

画像の説明

基礎控除が同じく4,800万円ですので9,800万円が課税される相続財産となります。

お金を預金にするか現金にするかそれだけで相続財産が何百万単位で変わります。

生命保険の非課税枠は重要

相続人が子どもだけの場合はさらに生命保険は有利になります。

笑顔

配偶者の財産を相続する場合、それが法定相続分ならばいくらであっても配偶者には税金はかかりません

しかし子どもにはそういった特例はありませんので、さらに生命保険の非課税枠は重要になります。

このように生命保険をどう活用すればいいのかは、家族構成や財産の額によって変わってきます。

相続はとても難しい問題で、仲の良かった子どもたちが絶縁してしまうこともあるくらいなのです。しかも争いになった時には当の本人は亡くなっており仲裁することは叶いません。

生前から円満な相続に向けて対策をしましょう。元気なうちに弁護士や、ファイナンシャルプランナーなどに相談しておくことが、幸せな家族でいられるコツです。

関連ページ

生命保険で相続税対策とは

画像の説明

生命保険の役割は、「なおす」「まもる」「わたす」と変化していくと言われていますが、死亡保険金は相続税の軽減措置がされており、相続対策にも役立ちます。子どもが独立しても安易に解約せず、どの程度解約していいのか保険ショップなどで相してみる事をおすすめします。

つづきはこちらをクリック⇒生命保険で相続税対策とは

相続税対策に生命保険を利用するメリット・デメリット

画像の説明

生命保険は、相続税対策最のポピュラーな方法として利用されますが、色々な制約があるのも事実です。実際に利用する事になった場合のメリット・デメリットを知っておくと、大きな税金対策にもなります。

>>私の体験からおすすめする、失敗しない保険無料相談の選び方

生命保険で相続税対策