太陽光発電に関するローン

太陽光発電システムは設置する際に現金で支払いをするという形は少なく、ほとんどの場合でローンを組むと思います。

太陽光発電を設置する際のローンは銀行等で組むことも可能になっていますが、最近は専用のローンを取り扱ってくれているメーカーも増えてきているので、銀行よりも専用のローンを使用する方が利息安くトータル的な支払いが安くなるような場合があります。

銀行でローンを組む場合には太陽光発電だけではなく、自宅を建築するといった場合や、リフォームするといった場合に太陽光発電の料金もローンに組み込んでしまえば当然リーズナブルになりますが、そうでない場合には専用のローンを組んだ方が良いのかもしれません。

ただ利息や支払い方法等に関しては、メーカーによってそれぞれで違っているので、事前の確認が必要となります。

ローンの支払いが増えてしまうと、経済的に負担がかかるというご家庭もあるようですが、太陽光発電を設置すれば自宅で作り出して電気を必要な分だけ使用し、残りの分は買い取ってもらうことができるので買い取ってもらったお金でローンの支払いをしていると言うケースがほとんどです。

長く見積もっても10年前後でローンの支払いが終わると言われていますし、その間にどれだけの場合ができるのかといった部分についてそれぞれのメーカーで良い商品の開発に取り組んでいるようです。

沢山の売電をすればするだけローンの支払いも楽になり、ローンの支払いが終了した後は全て家計の助けになっていきますので、売電価格が高いうちに太陽光発電を設置してしまうことが良いとされています。

今後、売電価格はどのように変化していくのかはっきりとした決まりはありませんし、毎年変動するということしかわかっていません。

例えば今後急速に太陽光発電が普及するようなことになれば当然売電価格も低くなってしまう可能性がありますので、そうなると、ローン支払いや家計も確かにキツくなってくるかもしれませんよね。

ですからなるべく早い段階で太陽光発電を設置し、売電したお金でローンの支払いができるように家計を回していくと良いのではないでしょうか。

どのタイミングで太陽光発電設置すれば良いのか、見極めが肝心です。

近年は家庭用の太陽光発電を設置する際に変換モジュールがコンパクトになっているタイプや蓄電池がセットになっているタイプなどが人気を集めているようです。

また様々な屋根に対応しているパネルが販売されているので、上図にパネルを組み合わせてより多くの電力を作り出すことができるようにメーカー側と相談すると良いですね。

関連ページ