パナホーム 太陽光発電 価格

パナホームではこれまでに太陽光発電システムを販売してきているのですが近年、太陽光発電システムを導入したスマートハウスを開発し、このようなスマートハウスを建築することによって、10キロワット以上もの電力を作り出すことが可能になったと言われています。

10キロワット以上の太陽光発電システムを設置している場合にはすべての電力を買い取ってもらうことができる制度がありますので、この制度を利用することでパナホームでは20年間で1000万円前後の収入も可能になると言っています。


本来太陽光発電パネルというのは屋根の上に設置するというのが元々のイメージになっていますが、パナホームでは屋根そのものを太陽光発電のパネルにしてしまうという方法でスマートホームを作っています。


こういった屋根の場合、雨水などはどのように処理をするのかといった心配が出てきてしまいますが、雨水が流れやすいデザインとなっていますのでさほど心配することはないようです。

一般的な住宅の2倍以上もの電力を作り出せるスマートハウス

画像の説明
一般的な住宅の場合には屋根の一部にパネルを設置するということになり、全面的にパネル設置するのは非常に難しいことになりますが、パナホームのスマートハウスであれば、全てが太陽光発電のパネルになるため、その分たくさんの電気を作り出すことが可能になっています。


データとしては一般的な住宅の2倍以上もの電力を作り出すことが可能だと言われており、すべての電力を買い取ってもらうことで上記のように20年間で1000万円の収入を超えると言われていますので、建築の際に必要な費用をほぼ取り戻すことができるのではないでしょうか。


もちろん建築の際には費用も高く必要になりますが、太陽光パネルの価格そのものはとてもリーズナブルですので基本的にはスマートハウスを建築する為の費用がメインで必要になるようです。

アパート経営などを行っている人にも良い情報

一般的に考えると10キロワット以上もの太陽光パネルを設置する場合の価格というのは到底リースナブルとは言えないものになっていますが、パナホームではこれまでの経験や開発により培ってきたすべてのアイデアを詰め込んだスマートハウスを開発しました。


またこのように価格が安いスマートハウスを建築することが可能なだけではなく、パナホームでは大容量の太陽光発電をすることが可能な賃貸住宅も準備しているため、アパート経営などを行っている人にも非常に良い情報だと思います。


一般的にアパートを建築するにはとても沢山の費用が必要になりますが、パナホームで太陽光発電を導入した賃貸住宅を建設すれば、短期間で導入に必要な費用を取り戻すことができるので良いと言われています。


ただ、一定以上の売電を行い、一定の所得を超えてしまう場合には雑所得として確定申告をしなければいけませんし、買い取り価格の上限なども検討されたりしているようなので今後の制度の変更などについては注意し、この部分については忘れないようにしましょう。

太陽光発電を調べるならネットの一括見積りが便利です。

太陽光発電を比較するには、
ネットの一括見積りが便利です。


なぜなら、見積りを出す業者も、自分たちにライバル会社がいることを知っていて、シビアな見積りと丁寧な対応をしなければ、勝ち残れないことを知っているからです。


太陽光発電の一括見積りについて、私が体験したことや、ネットで調べた口コミをあわせて、安心して一括見積りができるとこをランキングで紹介します。

太陽光発電一括見積りランキング