ソーラーフロンティアの170wとは


ソーラーフロンティアが170w発電を発表


ソーラーフロンティアが満を持して発表した新製品「SF170-S」の特徴は、何と言っても170Wという最大出力の高さ。CIS太陽電池が特徴としている、照度や温度の特性、光照射効果、部分的な影への耐性などの発電性能を、従来の製品からさらにパワーアップ。ソーラーフロンティアの製品では過去最高出力となる「170W」を実現しました。


170Wというの出力は、例えば「SF170-S」と大きさの近い、シャープの最新の高効率単結晶モジュール「NQ-198AC」(1,165×990×46mm)の公称最大出力が198Wです。


CIS太陽電池の特性を考えれば、170Wという数字は、これと全く遜色ないと言えます。さらに「SF170-S」の場合は、170Wという出力だけでなく、結晶シリコン型にないメリットを多数持っています。

メリットを克服したソーラーフロンティア

ソーラーフロンティアのデメリットは出力の弱さ

ソーラーフロンティアのデメリットは出力の弱さとされてきました。ただこの出力の弱さは、結晶シリコンと比較した場合の理論値の比較です。


実際の発電量はソーラーフロンティアが採用しているCIS太陽電地の特性である、温度上昇で発電能力が落ちにくい、影でも安定して発電するなどの特性をあわせた実発電量は見劣りしないという状況でした。

ソーラーフロンティアが採用している「CIS太陽電池」は、発電効率が良い一方、いわゆる最大出力は結晶シリコン型のものに劣るとされていました。ですがソーラーフロンティアは、2013年7月、公称最大出力170Wを達成したCIS薄膜太陽電池モジュール「高出力モジュール SF170-S」を発表したわけです。

ソーラーフロンティアのデメリットは
克服されたわけです。

ソーラーフロンティア170Wについて詳しくは一括見積りへ

ソーラーフロンティア170Wの詳細は
まだ発表になっていないようです。

ソーラーフロンティア170Wの詳細はまだ発表になっていないようです。ですが、詳細が発表になったと同時に大人気で在庫切れになるのは、目に見えています。そのようなことの無い様に、早い段階から一括見積りの業者へ連絡をし、予約をしておいたほうが良いと思います。

発表されてからではきっと、
『在庫切れです』と言われかねません。

詳しいことは太陽光発電のプロへ聞いてみましょう。

太陽光発電について、詳しいことはプロへ聞いてみるのが一番です。私もいろいろとカタログを取り寄せたり、電気屋さんでヒアリングをしたりしましたが、結局は次から次と疑問が出てきてよくわからないので、結局一括見積りサイトを利用しました。


一括見積りのサイトは、業者によっては悪徳業者がいるところもあるという噂を聞いたことがありますが、ネットで口コミのタイナビであれば安心して相談することができました。

画像の説明

ネット一括見積りの裏話

次世代型太陽光パネルは今後も注目

ソーラーフロンティアは昭和シェル石油グループの一社で、太陽光発電市場への参入は、どちらかというと他社より遅めでした。ですがソーラーフロンティアは、従来の太陽光パネルの主流であった「結晶シリコン型」ではなく「CIS太陽電池」を採用。


これは主成分に銅(Copper)、インジウム(Indium)、セレン(Selenium)を用いた太陽電池で、薄膜系太陽電池の中で最も変換効率が高いという特長を持っています。このCIS太陽電池を強みとして、ソーラーフロンティアは、市場での存在感を高めてきています。


最近は少し落ち着いた感のある太陽光発電ブーム。ですが、大手のシャープや京セラをはじめ、各メーカーがしのぎを削る市場はまだまだ好況のようです。そんな中、人気の高いのがソーラーフロンティアの太陽光パネルです。

ソーラーフロンティア 170とは

今やすっかりライフスタイルとして定着した太陽光発電。これから家を建てようという人はもちろん、今お住まいの家にも、「そろそろ太陽光を…」とお考えの方は少なくないと思います。
その太陽光発電システムのメーカーはたくさんありますが、皆さんが今、太陽光発電の導入を検討しているとして、メーカー選びには、どんなことを優先しますか?やっぱりパネルの価格?発電効率?それともデザイン?人によっていろいろあるでしょうが、やっぱり一番多いのは「発電能力」ではないでしょうか。

発電能力の比較はやっぱり大切

発電能力が高ければ、それだけ自家発電によって節約できる電気代も大きくなりますし、余った電力を売電して収入とすることもできます。イニシャルコストは多少高くても、長い目で見ると、やっぱりお得です。そこで今、人気の太陽光発電メーカーがソーラーフロンティアです。ソーラーフロンティアの太陽光パネルが売りにしているのは、その発電効率。ソーラーフロンティア以外のメーカーの製品の大部分が「結晶シリコン型」の太陽電池モジュールを採用している中、ソーラーフロンティアでは「CIS太陽電池」という、発電効率のとても高いモジュールを使っているのです。


そんなソーラーフロンティアは、2013年7月、新製品として、CIS薄膜太陽電池モジュール「高出力モジュール SF170-S」を発表しました。この「SF170-S」の特徴は、最大出力の高さにあります。実はCIS太陽電池は、結晶シリコン型と比べて最大出力が小さいというデメリットを持っていましたが、このSF170-Sは、公称最大出力が170W。

ソーラーフロンティアの170Wは過去最大出力

これは、ほぼ同じ大きさを持つシャープの高効率単結晶モジュールにも引けをとらない数値です。これはCIS太陽電池の特性を生かして、ソーラーフロンティアが技術開発を重ねた結果の賜物で、ソーラーフロンティアの製品としても170Wというのは過去最高出力だそうです。


「SF170-S」は最新製品ということもあり、ソーラーフロンティアの公式サイトを含め、まだ詳しい製品情報はあまり公開されていないようですが、これから太陽光発電の導入を考えている方は、発電能力の優れた「SF170-S」も検討の一つに加えられることをおすすめします。