50代 女性保険 選び方

50代ー1_250

50代女性はこれまで健康だった方も、身体のどこかに不調が出てきたり、体力が落ちてきたりするようになり、多くの50代女性は更年期を迎えます。


人によってはこの時期の病気が持病となり、一生治療を続けることになる場合もあります。




医療費の負担が増える年代であり、老後のことを意識する年代でもあります。ただ、病気やケガをしてもそれが致命的になるという年代ではないので、必要以上に悲観せず、前向きに捉えて治療に積極的に取り組むべきです。


そのための金銭的な備えが女性向け医療保障の女性保険です。病気の入院治療が長引いてお金が無くなり、人生設計に大きな狂いが生じてしまうことがないようにしたいものです。



50代の独身女性の医療保険は?

50代の独身女性の場合、治療費の他に生活費も必要で、収入が途絶えることにも備えないといけません。医療保障に限れば、終身タイプで女性特有の疾病の他、三大疾病や生活習慣病に備えられる商品、また、終身タイプのガン保障で先進医療も受けられる商品の組み合わせであれば、病気のリスクに最大限備えられると思います。


50代となれば、すでに持病を抱えている方もいますが、持病や既往症があり、現在通院中の方でも、簡易告知によって一生涯の終身保障が受けられる商品があります。



50代は老後の資金の備えを考えて

積立利率変動型終身保険では、急な資金が必要な時に契約者貸付制度が利用できて、死亡・高度障害保障は一生涯続きます。50代は多くの方の場合、リタイア前の最後の稼ぎ時であり、老後資金の備え、医療保険やガン保険の見直し、新たに女性保険に加入するなど保険の見直し時期です。


更新時期を迎える生命保険もあると思いますので、保険料が大幅に上昇する前に、保険料の無料相談などを利用して最適な女性保険を検討して下さい。



保険の無料相談を上手に利用しましょう。

女性保険も一般の保険もいろいろな種類があります。自分にあった保険を選ぶには、保険の無料相談を利用して、保険のプロである「保険のFP」に相談するのが一番の早道です。


ここで紹介するのは、私が相談した中で、しつこい勧誘もなく、じっくりと相談にのってくれた保険の無料相談です。

女性保険ランキングはこちら


シンプルライフ ブログランキングへ