33歳の女性保険の選び方について考えてみましょう。

33歳独身女性の場合、医療保険をどのようい考えればいいでしょう。考え方としてよくあるケースは次の二つの選択肢があります。


一つは終身保険で医療保障が付いたタイプ、もう一つはは女性特有の疾病に手厚く保障するタイプです。


33歳の独身女性であれば、保険の選び方の優先順位としては次のような順番になるだろうと思います。(あくまで独身の方を対象に考えています。


【1】自分のための医療保障、
【2】自分のための葬儀代など死亡保障、
【3】最後に家族のための死亡保障


以上のような順番になるだろうと思います。それではどのような保険を具体的に選べばよいのでしょうか。

33歳の女性のための医療保障の考え方

33歳女性のための医療保障についてですが、特に女性保険でなくても一般的な医療保障で、女性疾病に対応しています。また、治療費負担が大きいのは子宮がんや乳がんであり、これらに女性保険や一般的な保険で対応しようとすれば、通院治療も多く入院給付金だけでは保障が十分とは言えません。


したがって、33歳という年齢であれば、30代から罹患率が増加する子宮頸がんや乳がんに備えた保障を手厚く保障する保険を選ぶのが、安心できるであろうと思います。

年金生活になる前に、払い込みが完了するタイプがおすすめ

33歳女性がこれから医療保険に加入する場合、60歳か65歳で払込み完了できるタイプが良いでしょう。定年後から年金受給年齢までの空白期間、その後の年金生活で毎月の負担はなるべく抑えたいことと、老後は確実に病気のリスクが高くなるためです。


33歳で加入を検討するなら、入院日額はとりあえず5千円であらゆる疾病に対応してくれるタイプであれば良いと思います。


もし入院や治療費が高額になった場合、社会保険で高額療養費制度も使用できるので、医療費が月8万円を超えれば還付請求できます。したがって、一般的な健康保険が摘要できる病気については、普段から貯金などで準備しておくというのも、一つの考え方だと思います。

備えたい「がん治療」

がん治療はどうしても治療費が高額になり、放射線治療、抗がん剤治療によらず、健保の適用外となる先進医療も進んで来ています。


自分に最適ながん治療を受けようと思えば、がん診断給付金が出るがん保険が必要で、最低100万円給付金はあった方が良いでしょう。


診断給付金は複数回プラス先進医療の保障のある医療保険、またはがん保険に加入することができれば、がん治療の場合も安心して治療に専念できると思います。


死亡保障については死亡保険を充当しないで、貯蓄で葬儀代を貯めておくというのも選択肢の一つだと思います。

女性に人気の保険相談ランキング


王冠1無料相談をしてプレゼントを獲得したい方は保険マンモスがおすすめ

保険マンモスお肉のキャンペーン

なんといっても保険無料相談の老舗の安心感

しつこい勧誘がある場合はイエローカード制度があるので即座に撃退

なんといっても無料相談をしてA5ランクの高級和牛がもらえるのは嬉しい。


王冠1関東・関西の都市圏にお住まいならほけん百花がダントツおすすめ


ほけん百花

ほけん百花はオリコンの「保険相談ショップ部門」でランキング1位になった無料相談です。

私が保険を決めたのも、このほけん百花のFPさんのアドバイスが的確でわかりやすかったからです。

無料相談を何度利用してもしつこい勧誘などありませんので、関東関西の都市圏にお住まいの方は、是非利用されることをおすすめします。

>私のほけん百花の体験はこちらをクリック
>ほけん百花のショップ情報はこちらをクリック

王冠2優秀なFPが全国対応してくれる保険ビュッフェ


保険ビュッフェおすすめ250

今や無料で保険の相談は当たり前ですが、保険ビュッフェはスキルの高いFPさんが揃っていることで評判。

深く話を聞いてくれて時に目からウロコのアドバイスをしてくれます。

お住まいの近くのファミレスや場合によってはご自宅までアドバイスに来てくれますので、お子様が小さくて外出できない場合などにもおすすめです。

>私の妻の保険ビュッフェの体験はこちらをクリック
>保険ビュッフェの公式サイトはこちらをクリック

王冠3店舗数第一位のほけんの窓口はシミュレーションがおすすめ

ほけんの窓口

ほけんの窓口はテレビCMを広く行っていて、「速水もこみち」さんや「吉田桂子」さんなどの俳優さんが出演していることでもご存じの方も多いでしょう。

ですがほけんの窓口が人気なのはCMだけではありません。

ほけんの窓口の説明は、パソコンのシミュレーションを併用しながら説明をしてくれます。

このシミュレーションが大変わかりやすいので、自分でも気付いていないライフ設計を具体的な形にして提案してくれるのです。

>ほけんの窓口の聞き取りテクニックの体験はこちらをクリック
>ほけんの窓口のショップ情報はこちらをクリック

関連ページ