20代の女性保険の選び方

画像の説明

20代の独身女性が保険に加入する時は、職場に保険会社の担当の「保険レディーという営業の方が来て勧められるか、勤務先が代理店になっているので加入するとか、あるいは親戚に保険の営業をしているとか、そのようなケースで保険に加入した経験が多いのではないでしょうか。


20代独身であれば必要なのは医療保障で、死亡保障は殆ど必要ないと思います。


生保営業の担当者が20代独身者に勧めることが多いのは、「定期保険特約付き終身保険」又は「自由設計型の保険」で、死亡保障より医療保障を充実させ、さまざまな特約をセットにしたものを進めてくることが多いと思います。


それでも死亡保障を3千万円位に設定しているので、社会人になったばかりの20代独身には保障が大きすぎます。医療保障は単独の医療保険(入院保険)がありますし、女性特有の疾病に保障を手厚くした女性保険もあります。


女性保険は保険料は一般的な医療保険より、女性保険の方が割高になりますが入院給付金日額が上乗せされますし、手術給付金が加算されます。

家計に婦人科系の疾患が多い方は早めの加入がおすすめ

家系に婦人科系の疾患が多い方は、20代独身のうちに女性保険を検討するのがおすすめです。あるいは一般的な医療保険で基本の入院保障を確保して、女性疾病特約を付加すれば、女性保険と同様の保障を担保できます。


独身のうちに女性保険の加入をおすすめするのは、もし何かの拍子に妊娠したあとでは、女性保険の保険料が高くなるからです。最近ではかなりの確率で帝王切開で出産されることがおおいため、妊娠したこと自体が保険会社にとっては保険料支払いのリスクになるからです。

20代の入院日額の考え方

入院費用は1日平均2万円の自己負担額という調査結果があり、入院日額2万円が理想ですが、現実的な金額は年収÷365日で、入院費用と収入補てんも考えます。20代独身女性なら医療保険でも女性保険でも、日額5千円から1万円で十分だと思います。


死亡時の葬儀費用ですが、全国平均が約231万円なので、万が一に備えるなら200~300万円の生命保険と、医療保険又は女性保険を別契約で加入すると良いでしょう。同じ20代独身女性でも今後、結婚・出産の予定があるなら、結婚しても継続できる終身保険、または終身タイプの女性保険も選択肢です。

保険選びに迷ったら保険の無料相談を上手に活用

ご存じですか?最近の保険の無料相談は、
しつこく勧誘することはないんですよ。


『保険の無料相談?!』と聞くと、『しつこい勧誘があるんでしょ!!』という声が聞こえてきそうですが、最近の保険相談はそのようなことは、ほとんどありません。ひとりひとりにあった保険を選ぶためには、保険の無料相談をいくつも利用して、保険の勉強をすることが、失敗しない保険の選び方ができます。

女性保険ランキングはこちら

関連ページ