22歳 女性 保険

22歳の女性が保険加入を検討するのは、大学を卒業して新社会人として働き始めたばかりで、職場に勧誘にきた営業員に勧められることもありますし、結婚が決まったので、将来子どもが生まれることも考えて検討したいというケースもあります。


同じ22歳の女性でも独身か既婚か、仕事をしているなら家族を支えているか、自分のみの生計か、保障は何を重視しているかで加入する保険のタイプが違います。



22歳の女性の保険を選ぶときに注意すること

22歳の女性であれば、初めての加入ということが多く、まず、保険料が安いかどうかで判断し、保障内容をよく理解しないまま、更新や見直しもしないまま継続する方が多いです。


現在は金融商品に関して説明責任があり、22歳の相手が理解できない内容の商品を販売することはできなくなっています。


今は保険相談を無料でできる窓口が増えていますし、知識が十分でない22歳で加入を検討するなら、一度相談してみると良いでしょう。



女性は終身保障の医療保険やガン保障を検討がおすすめ

独身、既婚を問わず、女性は終身保障の医療保険やガン保障を検討することをお勧めします。22歳女性なら終身保障の保険料が、もっとも安い時に加入することができます。


終身保障でも保険料の払い込みが60歳、65歳、70歳までと終身がありますので、毎月の負担額以外にも注意して下さい。22歳女性なら死亡保障はあまり必要ありませんが、貯蓄が少ない時でもあるので、100万円程度で良いと思います。




医療保障は入院日額5千円で、特定疾病には入院日額が加算される女性向け医療保障もあります。
できれば先進医療の保障も付いていると良いです。
後は解約返戻金があるタイプとないタイプがあり、毎月の支払いは高くなりますが、掛け捨てでなく、貯蓄にも活用したい方には向いています。

関連ページ