生命保険で相続税対策

自分の持っている財産を相続する時、ある程度のまとまった資産になると相続税が課せられてしまいますが、ただそのまま財産を相続するのではなく生命保険も活用する事で有効な相続税対策になる場合があります。

相続税には基本的に基礎控除というものがあり、以前までは5000万円と法定相続人ごとに1000万円を足した額が基礎控除される額となっていて、相続税の申告をしなくてはならない人の割合も全体の4%程でした。

しかし、平成27年1月1日からは基礎控除の額が引き下げられて3000万と法定相続人ごとに600万円を足した額までになりました。

このことから以前よりも相続税を申告しなければならない人の割合は大幅に増え、よりどのような形で財産を相続するかが重要になったと言えます。

生命保険を相続税対策とするメリット

生命保険を相続税対策に利用する時のメリットとしては、条件により法定相続人の分だけ500万円が控除されるという事です。

これを上手く活用すれば相続税の控除額が引き下げられる前の基準にもっていく事も可能で、相続税を回避するのに大きな助けとなるでしょう。

また一旦生命保険という形で現金を預けておけば、銀行口座に預けている場合と違い、口座を差し押さえられて現金を引き出せなくなるというリスクが無いのも大きなポイントになります。

ただそのように生命保険を利用する場合、自分が生きている内に生命保険の契約が終わってしまうようでは相続の方法として利用する事が出来ませんから、相続に生命保険を利用したい場合は基本的に終身保険を利用するようにしましょう。

生命保険を相続税対策とするときの注意事項

注意しておきたのが、生命保険は普通何時でも好きな時に自由に入ることが出来ないという事です。

生命保険に加入する時には通常、現在の健康状態をチェックされて加入の可否を判断されますから、身体の具合が悪くなってから慌てて生命保険に加入しようと思っても間に合わない場合があります。

そうなる事を防ぐためにも、相続税対策も視野に入れて生命保険を活用するなら出来るだけ早い内から生命保険に加入しておく必要があります。

一般的には一時払い終身保険だと健康状態の審査が甘い傾向にあるので、健康に不安のある方はそちらを利用することも検討すると良いと思います。