独身女性におすすめする保険の選び方

自分で生計を立てている独身女性は、病気やケガで収入が無くなってしまったときの備えとして保険が必要になります。同じ独身女性でも将来、結婚を想定しているのか、または独身を通すことを前提にしているのか、ライフスタイルは様々で、独身女性の年代によっても必要となる保障内容が違ってきます。

終身型がおすすめ?定期型がおすすめ?

保険は大きく分けると、保障が一生涯続く終身型と保障期間が決まっている定期型の2つに分けられます。


終身型は定期型と比較して保険料が割高になりますが、一生涯の保障があることで定期型より安心感があり、60歳までに支払いが完了することが多く、独身の年金生活者には負担がなくなりメリットがあります。


定期型は終身型より保険料が割安ですが、更新時にかなり保険料が上がることがあります。


独身女性の場合は死亡保障より医療保障を手厚くすることがオススメで、70歳を目安に将来の年金生活を見越して保障期間や保障内容、保険料の負担を考えて検討するのがよいかと思います。

女性の「がん保険」について

実際に女性が多く加入している人気のある商品にガン保険があります。


日本人の死因第1位の疾患であり、高額医療費制度が利用できない先進医療や放射線治療など、治療費の負担が大きく入院が長引くなど、治療期間も長くなりがちなので保障で備える方が多いです。


女性疾患特約のあるタイプも人気で、最近子宮筋腫や子宮頸ガンなど女性特有の疾患の発症率が高くなっていることから、加入者が増えています。一定期間、ケガや病気による保険の使用がなかった場合に、一定額のキャッシュバックが受けられるタイプもあります。


臨時ボーナスのように旅行やショッピングに使用できるので、特に独身者には好評のようです。後遺症特約は病気が完治しても、後遺症が残った場合の保障で、万一の備えになります。

女性保険ランキングはこちら

関連ページ