女性保険の選び方サイトについて

画像の説明

このサイト「女性保険の選び方サイト」は、私の家内が自分の医療保険を選ぶときに、いろいろな女性保険について調べたときの情報に基づいて、女性保険の選び方についての失敗しない選び方を紹介するサイトです。

家内も40代になり、子育ても随分とひと段落してきたところで、ふと自分の健康のことが気になりだしたようです。あるとき「女性保険に入ろうと思うから調べてみて」と急に言い出し、私がネットでいろいろ資料集めや口コミを利用して、よさそうな女性保険を探しはじめたというわけです。

その時に「保険の無料相談」というものがあることを知り「無料で保険相談してくれるところがあるみたいだよ」家内に進めたところ、「そんなのしつこい勧誘があるんじゃないの」と最初は言っていた彼女でしたが、「商品券をくれるところもあるみたいだよ」というと急に眼の色が変わり、「勧誘がしつこくたって断ればいいんだもんね」と、俄然、保険の無料相談を受ける気になったようです。

その結果、家内は保険の無料相談をして、いろいろな保険のFPさんと出会い、保険について詳しくなっていき、「保険相談って絶対使ったほうがいいよ」などと言い出したのです。「だっていろんなことは教えてくれるし、全然しつこい勧誘もないし、電話もかけてこないし、本当に商品券をくれるところもあるんだよ」などと言い出したものですから、そのあたりの情報を絡めながら、女性保険の選び方について、家内の「良い体験」を紹介しようと思って立ち上げたのが、こちらの「女性保険の選び方サイト」です。

女性保険の選び方に悩んでいらっしゃる方がいれば、少しでも参考になればいいと思い、紹介していきたいと思います。



そもそも女性保険とはいったいどのようなもの

そもそも女性保険とは一体どのようなものでしょう。まずはそこからスタートです。

保険にはさまざまな種類のものがありますが、女性向けの女性保険といわれるものがあります。女性保険とは、女性特有の病気に備えて保障する女性のための保険です。

女性保険は、女性特有の疾病はもちろんですが、それ以外の病気や怪我に対しても、入院給付金や通院給付金が受け取れます。

しかし、女性特有の疾病の場合は、特に手厚い保障が受けられるのが、女性保険の特長です。

画像の説明

女性には、ほとんどの女性が経験する妊娠や出産、それに関わる子宮や卵巣などの病気の可能性もあり、これは女性特有のもので、女性ならではのリスクといえます。ですのでこれらは若い時期から病気が発症する可能性も高く、そのため、できるだけ早い時期から備えておくことが本来は望まれるものなのです。

家内が「保険の見直しをしよう」と言い出したのは、本当は少し遅いのです。保険は年をとるごとに高くなります。40代で女性保険を選ぶといっても、やはり相応のリスクが保険会社にはありますので、保険料は高くなります。でも家内にしてみてば、「やっぱり入っといたほうがいいでしょう」ということで、保険無料相談は継続されました。



女性保険の保障する内容

女性保険の代表的な保障内容としては、以下のようなものになります。

形成治療給付金

形成治療給付金は、通常の医療保険では保障されない顔面の植皮術や、乳腺切除術、乳腺腫瘍摘出術なども保障されます。

プレミアニーズ特約

プレミアニーズ特約とは聞きなれない特約ですが、これは保険の対象となる女性の配偶者が亡くなられたときに、それ以降の保険料が免除になるという特約のことです。これは、女性保険ならではの特約といえますね。

生存給付金

生存給付金・無事故給付金も女性保険に多いものです。女性保険だけではありませんが、あらかじめ決められた期間ごとに生存されている場合、生存給付金が支払われます。また、決められた期間ごとに入院給付金を受け取ることがなかった場合は、無事給付金というものが支払われます。

無事故給付金

無事給付金は、保険を使わなかったとしても、保険料が戻ってくるような感覚で受け取れますので、臨時ボーナスとして人気があるようです。臨時ボーナスという感覚も、女性保険ならではといえますね。

女性保険は、女性にとってはリスクの高い疾病や怪我に対して、普通の医療保険より手厚く保障される保険です。女性にはメリットの大きい保険でしょう。




保険選びに迷ったら保険の無料相談を上手に活用

ご存じですか?最近の保険の無料相談は、
しつこく勧誘することはないんですよ。


『保険の無料相談?!』と聞くと、『しつこい勧誘があるんでしょ!!』という声が聞こえてきそうです。家内も最初は「しつこい勧誘があるからいやだ」と言っていました。ですが、1,2回無料相談を受けた後、「最近の保険相談はそのようなことは、しつこい勧誘なんてほとんどないんだよ」と言い出したのです。つまりひとりひとりにあった保険を選ぶためには、保険の無料相談をいくつも利用して、保険の勉強をすることが、失敗しない保険の選び方ができるということなんです。

女性保険ランキングはこちら