女性保険を比較するポイント

画像の説明

女性保険の保障を比較する場合、保障何にするかで比較する内容は違ってきます。女性特有の疾病を手厚くする保障にしても、専用タイプか、総合医療保障の特約タイプにするのかという選択肢があります。


独身者と既婚者では選ぶポイントが違いますし、仕事を持っている女性は収入保障も考える必要があるでしょう。既婚者であれば、いざというときのために自分用の貯蓄の必要性を考えるかも知れません。


女性保険というのは医療保障に特化した専用保険で、人によっては通常の医療保障にがん保険をプラスすれば良いとする場合もあります。自分に合った保障をムダなく負担すれば良いですが、女性保険が気になる方はランキングを参考に、女性保険の比較をしてみるのも一つの方法でしょう。


色々なランキングサイトで上位にランキングしている女性保険は、オリックス生命の新CURE Lady「キュア・レディ」、アフラックの「レディース新EVER」、NKSJひまわり生命の「フェミニーヌ」、メットライフアリコの「やさしくそなえる医療保険<女性専用>」などが人気が高いようです。

女性保険知っていますか

それぞれの女性保険の比較

キュアレディー

キュアレディー

オリックス生命の「キュア・レディ」もアフラックの新EVERも更新がなく、一生涯保険料が上がりません。「キュア・レディ」はすべてのがん保障も手厚く保障し、リーズナブルな負担が支持されており、ランキングの常連です。


女性保険と言うだけあって女性特有の病気に対する保障が手厚いのはもちろんなんですが、その他にもすべてのガンに対して手厚い保障がある点が「キュア・レディ」の大きなポイントになっています。


保険料は他の女性保険と同程度でありながら、ガンに対しても女性特有の病気と同じように保障されるというのはかなり嬉しいですよね。他の女性保険ではこのようなプランはなかなかないので「キュア・レディ」独自のメリットと言えるでしょう。


レディース新EVER

新エバー

アフラックのレディース新EVERもランキング常連で、人気の総合医療保障EVERの女性対象の保障タイプです。ちなみにもっとやさしいEVERは、持病があっても加入しやすい医療保障ランキングでトップです。


「レディース新EVER」は一生涯、保障を受ける事が出来る人気の女性保険です。この一生涯の保障と言うのが「レディース新EVER」の1番の特徴と言えるでしょう。


病気やケガで入院した場合に1日から保険金を受け取る事が出来るので、一生涯の安心を備えると言う意味でも人気があるようです。入院給付は最高60日となっていますが、その保障内容は幅広く、女性特有の病気による入院に対して手厚い保障を受ける事が出来ます。


フェミニーヌ

フェミニーヌ

NKSJひまわり生命のフェミニーヌは、3年ごとに受け取れる15万円のボーナスが最大の特長ですが、還付金があるタイプは保険料が高めでランキング順位は波があります。


この「フェミニーヌ」最大の特徴は生存給付金です。なんと3年ごとに15万円が受け取れます。しかも、この生存給付金は入院の有無や回数に関係なく支給されます。入院や手術で保障を受けた方でも3年ごとに必ず15万円を受け取れるんですから、人気があるのも納得です。


また、「フェミニーヌ」は女性保険ではありますが、女性特有の病気以外の通常の病気になった場合でも入院保障・手術保障を受ける事が出来ます。日額保障も15,000円と高額なのでもしもの時の備えとしてはとっても安心できますよね。この女性特有の病気以外にも充実した保障を受けれる点が「フェミニーヌ」人気のポイントと言えるのではないでしょうか。


メットライフアリコ

アリコ

メットライフアリコにも積立一時金として生存給付金があるタイプがあります。


メットライフアリコのやさしくそなえる医療保険【女性専用】。CMでもよく見かけるこの保険、女性専用の終身保険として今話題になっているようです。


やさしくそなえる医療保険【女性専用】は終身タイプの医療保険で契約年齢は満18歳から75歳までとなっています。女性専用の医療保険ではありますが、その保障内容は多岐に渡り、女性特有の病気以外に通常の医療保険としての保障を受ける事が出来る点も魅力のひとつです。


女性特有の病気で入院や手術をした時はもちろん、一般的な病気で入院や手術をした時にも給付金を受け取れるのは嬉しいですよね。

女性保険を選ぶには無料相談の利用が早道

女性保険1

女性保険の加入する時期は、妊娠前に加入することをおすすめします。


結婚し妊娠したとき、妊娠出産には帝王切開や子宮外妊娠等のリスクがあります。女性保険は妊娠中や出産した後では加入条件が厳しくなることがあります。最近では帝王切開により出産する人の割合は15~20%です。つまり妊婦の5~6人に一人は帝王切開手術を受けています。一方で、近年では出産年齢が上がってきていることから、帝王切開で出産する妊婦の割合は年々増加しています。

妊娠が分かってから女性保険に加入した場合、帝王切開手術や子宮外妊娠手術を受けても入院給付金・手術給付金はもらえない場合があります。


女性保険も一般の保険もいろいろな種類があります。自分にあった保険を選ぶには、保険の無料相談を利用して、保険のプロである「保険のFP」に相談するのが一番の早道です。


ここで紹介するのは、私が相談した中で、しつこい勧誘もなく、じっくりと相談にのってくれた保険の無料相談です。

女性保険ランキングはこちら