女性の生命保険

女性のための医療保険は女性保険といわれるものですが、生命保険は特に女性専用のものというのはありません。

女性専用というのは、女性特有の疾病に対して入院給付や手術給付が受けられるもので、病気や怪我に対して以外に女性専用とする理由はありませんから、生命保険の死亡保障などは男女共通で考えられるものです。

保険を検討するときに気をつける内容

一般的に保険を検討するときには、必要な保障として次のようなものが考えられます。

  • 自分のための死亡保障
  • 家族のための死亡保障
  • 自分のための医療保障

一般的な保険と女性保険の違い

自分のための死亡保障とは、葬儀費用などに当てるものです。生命保険とは、この死亡保障と医療保障を備えた保険です。医療保険は医療保障だけを備えるものです。必要な保障を考えたときに、生命保険は、独身で生活している人と結婚して配偶者や子供などの家族がいる人とは、備える保障が違ってくることがわかります。


そのため、女性が生命保険の加入を考えるときは、独身か家族がいるかによって違ってきます。家族がいる場合は、ご主人を中心に奥様と家族の保障までを考えて加入することが勧められます。独身の女性の場合は、自分の死亡保障と医療保障を考えて加入することになります。


医療保障に関して、女性特有の病気などに特に手厚い保障を受けたいのであれば、生命保険によっては、特約などで保障することもできますので、よく確認するとよいでしょう。家族で加入している生命保険でも、奥様に対しての女性特有の病気などへの保障は、特約として付けることはできます。


ただし、女性特有の病気でも、治療費が他の病気より何倍もかかるわけではありませんので、通常の医療保険でも女性特有の病気に対して対応していますから、よく検討することが大切でしょう。

保険選びに迷ったら保険の無料相談を上手に活用

ご存じですか?最近の保険の無料相談は、
しつこく勧誘することはないんですよ。


『保険の無料相談?!』と聞くと、『しつこい勧誘があるんでしょ!!』という声が聞こえてきそうですが、最近の保険相談はそのようなことは、ほとんどありません。ひとりひとりにあった保険を選ぶためには、保険の無料相談をいくつも利用して、保険の勉強をすることが、失敗しない保険の選び方ができます。

女性保険ランキングはこちら