女性の医療保険

女性のための医療保険を女性保険といっています。女性保険は、女性特有の病気に対して、手厚く保障される医療保険です。では、これから医療保険に加入しようかと考えている女性は、普通の医療保険ではダメなのでしょうか?


生命保険会社は、普通の医療保険のほかに、女性のための医療保険である女性保険を用意しています。女性が医療保険に加入する場合、男性が加入する一般的な医療保険に加入することも可能です。しかし、女性用の保険が特に作られていることには理由があります。


どうして女性用の医療保険が用意されているかを考えてみましょう。

女性保険が必要とされる理由

男性と女性では体の作りが違っていますので、かかる病気にも違いがあります。出産や妊娠は、女性にしかないもので、そのための女性の体の機能があります。


ほとんどの女性が経験する出産や妊娠に関わることで、帝王切開や吸引分娩などは医療保険の対象となるものです。通常の医療保険でも保障されますが、女性保険なら女性特有の病気や怪我に対して、特に手厚い保障が受けられます。


出産や妊娠時のさまざまな病気やトラブルは、年々増加傾向にあります。そのため、特に女性は早い時期に医療保険に加入しておくと安心といえます。


女性のための保険である女性保険は、入院給付金や手術給付金が手厚くなっています。女性特有の乳がんや帝王切開などに対して、手厚く保障されているのです。

女性保険の保証は通常の医療保険の倍の場合もある

女性保険の補償額は通常の医療保険で補償される保証額の倍も違う場合もあります。


たとえば、一般的な医療保険の場合の入院給付金日額が10,000円であれば、女性特有の病気での入院給付金日額は15,000円や20,000円となっています。保障額は、一般的な医療保険で支払われる保険金の2倍となっていることが多くなっています。


女性は、出産や妊娠に関わる子宮や卵巣などの病気やトラブルに、若い時期からかかる恐れがありますので、女性保険は女性にとって大変メリットのある保険です。

保険選びに迷ったら保険の無料相談を上手に活用

ご存じですか?最近の保険の無料相談は、
しつこく勧誘することはないんですよ。


『保険の無料相談?!』と聞くと、『しつこい勧誘があるんでしょ!!』という声が聞こえてきそうですが、最近の保険相談はそのようなことは、ほとんどありません。ひとりひとりにあった保険を選ぶためには、保険の無料相談をいくつも利用して、保険の勉強をすることが、失敗しない保険の選び方ができます。

女性保険ランキングはこちら