女性保険FP

保険FPが教える女性保険の選び方

女性保険とは、従来の医療保険に
女性特有の病気の保障を手厚くする特約がついた商品です。

特約は一般的に女性疾病特約と呼ばれ、
女性疾病特約が自動付帯された医療保険が
女性保険と言う呼称で販売されていることが多いです。

女性疾病特約の内容を確認してみましょう

この特約は、付帯されていると婦人科系の保障が厚くなります。

例えば、乳がんで手術給付金が通常10万円だったものが、
倍の20万円支払われるなど保険金の受取額が多くなります。

しかし、女性疾病特約が付帯されていない保険に加入していて、
婦人科系の病気になっても保険金が支払われない訳ではありませんので
ご安心下さい。

あくまで、この特約がついていることで
保険金が上乗せになるものです。

特にがんであれば、加入していればがん保険からも保障対象となりますので、
通常でも医療保険とがん保険の両方から
保障を受けることができます。

女性特有の病気のみが、
他の病気に比べて明らかに医療費が多くかかるわけではありません。

女性疾病特約は、付帯すると特約の追加保険料が発生します。

特約自動付帯の女性保険であれば、
他の同じタイプの医療保険と比べて保険料が高くなります。

ではなぜ、女性保険が存在するのでしょうか。

医療保険に通常プランより
保障を手厚くして加入したいと思ったとします。

しかし、全ての病気の保障を手厚くすると
保険料が高くなってしまいます。

そこで活躍するのが女性疾病特約です。

女性疾病特約の対象となるものは、
一般的には子宮・卵巣・乳房などの
がん子宮筋腫などの婦人科系の病気の他に、
切迫流産・帝王切開など出産に関わる異常が挙げられます。

「2014がん統計予測」によりますと、
日本人女性のがん患者のうち1番患者数が多いがんは「乳がん」
5番目に患者数が多いがんは「子宮がん」となっています。注1

出産における帝王切開手術も、
約5人に1人が該当し
年々帝王切開で出産する人は増えています。注2

子宮筋腫は、婦人科の病気の中で患者数が多く、
女性の20〜30%は子宮筋腫を発症していると言われています。

年齢も20〜50歳と広い年代で発症しています。

普通、病気の発生率は40〜50歳頃から上がりますが、
子宮筋腫は若い女性でも発症している病気です。

以上のように、女性疾病特約の対象となる病気は、
かかってしまう確率が高いのです。

そこで、病気になる確率が高い婦人科系の保障だけを手厚くすることで、
効率的に保険料を抑えることができます。

逆に、スタンダードな保障で問題ないと思っている場合は、
女性保険は不要かと思いますので、
女性疾病特約を外した医療保険に加入すると保険料の節約になります。

女性が保険に加入する場合は、
女性専用という言葉に惑わされずに、
どんな保障が必要なのかよく考えることが大切です。

自分自身にぴったり合った保険に加入して下さいね。

参考資料
注1 独立行政法人がん研究センター「2014がん統計予測」(http://ganjoho.jp/public/statistics/pub/short_pred.html)

注2 厚生労働省 「平成22年我が国の保健統計 2.医療施設の動向 
2-11医療機関における分娩件数と帝王切開娩出術割合の年次推移」

この記事を書いたFPさん

女性7

NANA
・保険のコンサルティング
・AFP資格保有者
・保険と家計とを絡めてのわかりやすい記事をお伝えしたいと思います。
・幼児一名を保育園に預けて、日々いろいろと忙しく活動しているワーキングマザーです。

女性保険、とは女性特有の病気になった時に保障を「手厚く」するためのものですが、それに入っていないと乳がんなどになったときには一般のがん保険では保障が受けられないのでしょうか?そんな心配を見つめつつ無駄のない適切な保険選びについてご紹介したいと思います。

このページを見た方へのおすすめ記事

女性保険相談口コミランキング

ランキング

保険のプロが無料で相談にのってくれる保険無料相談。保険の見直しにはプロのFPの意見を聞く方が素早く良い保険を選ぶことができます。保険はなるべく若いうちに加入したほうがお安く加入できるからです。インターネットでアンケートを行い、女性保険の無料相談について口コミがよかったものをランキングで紹介しています。
つづきはこちらをクリック⇒女性保険相談口コミランキング

保険FPがおすすめする女性保険の選び方

fp女性保険

女性保険や生命保険がそれぞれの独自性を出している最近の保険に加入する際は、プロによるライフプランニングがかかせません。国家資格であるファイナンシャルプランニング技能士(通称FP)さんへ女性保険の選び方について解説して頂いています。
つづきはこちらをクリック⇒保険FPおすすめ女性保険の選び方

年代別女性保険の選び方

年代別女性保険選び方

保険はなるべく若いうちに加入したほうがお安く加入できるからです。年代別女性保険の選び方について解説しています。
つづきはこちらをクリック⇒年代別女性保険の選び方

女性保険ランキングはこちら