FPが教える女性保険の選び方

FPの皆さんに、生命保険の役立て方や注意点、お子様のいらっしゃる家庭、老夫婦のケース等、ライフステージに合わせたほけんの選び方について解説して頂きました。

女性保険FP

高徳のり子さんの記事

保険料が支払いできなくなったとき

保険料が支払いできない


契約当初は余裕もあり、十分払っていける保険料だと思っていても、状況が変わり保険料の支払いが重荷になることもあるかと思います。そのような時、保険を解約すると保障がなくなってしまいます。しかし解約する以外にも、保険料が支払えなくなった場合の対処方法はあります。

>>保険料の支払い不能時には

生命保険で相続税対策

生命保険の相続税対策方法


せっかく家族のためを思って用意した資産を相続税で目減りさせたくないですよね。相続には相続税という税金がかかります。これは平成27年1月1日付で法改正があり、相続税を支払う人が増えるとが予想されています。実は、生命保険は相続対策にもなるのです。

>>生命保険の相続税対策方法

持病があっても入れる医療保険のアドバイスを下さい

持病があっても入れる医療保険


現在初妊娠六週目です。バセドウ病を長年患っていますが、経過は落ち着いてきています。もともとからだが強い方ではなく、帝王切開や妊娠高血圧などが不安で、保険に入りたいのですが、今の状態でも入れる保険はありますか?

>>持病があっても入れる医療保険の解説を見る

がん保険が必要な理由

がん保険が必要な理由


日本の健康保険制度には高額医療費制度と言うものがあり、一ヶ月にかかる治療費が軽減される措置があります。しかし、保険料が負担であっても医療保険よりも何よりも先にがん保険に加入していただきたいと思うのには理由があります。

>>がん保険が必要な理由

介護保険制度は希望者が加入するのではないのですか?

介護保険制度


介護保険と一口で言いましても、その中身は国の介護保険制度と、民間の介護保険の二つがあります。どちらも介護保険と同じ名称で非常に混同しやすいですが、内容は大きく異なりますので、違いをお伝えします。

>>介護保険制度は希望者が加入するのでは?

外資系の保険は安心か?

外資系の保険は安心か

大手国内生命保険と、外資系生命保険の違いはあるのでしょうか。大手国内生命保険会社は主に外交員と呼ばれる営業担当者が自社の保険を設計し販売しています。外交員は保険会社に所属していますので、他の会社の生命保険商品を販売しません。外資系生命保険会社は…

>>外資系の保険は安心か?

保険を見直す時に注意すること

保険の見直し


生命保険は、加入当時とは必要な保障が変わってしまうことや、保障が足りなくなり見直すことがあると思います。他には、今の保障が過剰となり、保障を減らす見直しをすることもあるでしょう。保険を見直す場合はどの様な点に注意すればいいでしょうか。

>>保険を見直す時に注意すること

老後の保険の選び方

老後の保険


60歳で定年退職し、65歳まで再雇用で働いても日本人の平均寿命が80歳を超えた今、定年後の老後は20年以上もあることになります。60歳と言う節目を迎えて、今後の保険はどうしていけばいいでしょうか。

>>老後の保険の選び方

子供が独立した後の保険の選び方

子育て後の保険


子どもが生まれると、万一のことがあった場合に生活費教育費に困らないように大きな保障をつけた方が多いと思います。子どもの誕生日も保険見直しの大きなポイントですが、実は子どもが独立した後の保険の見直しもかなり大切なポイントなのです。

>>子供が独立した後の保険の選び方

共働き夫婦の保険の選び方

DINKS


共働きをして子どもを持つ予定のない夫婦のことをDINKSと言いますが、今回は子どもを望んでいる家庭ではなく、将来に渡って子どもを望んでいない家庭の保険についてお話しします。

>>共働き夫婦の保険の選び方

相続税の改定により、以前ならば相続対策が必要がなかった相続額の人たちにも相続税対策が必要に。

相続税法改定


相続税の改定により、以前ならば相続対策が必要がなかった相続額の人たちにも対策が必要となってきます。ここ最近、相続税の節税対策の記事や特集を見かけるようになったと思いませんか。実は、相続税の基礎控除額に変更があったのです。

>>相続税改定で税金対策が必要に

契約者は母ですが、引き落とし口座は主人名義にしていますが保険料受け取りの税金は・・・?

生命保険の相続税や贈与税

終身医療保険に加入しています。家計が厳しく保険に加入していなかった母の為に、加入しました。当初の契約者は私でしたが、結婚を機に契約者を母に、引き落とし口座を主人名義に変更しました。保険金受取時に税金がかかると聞きました。このようなケースはどのようになるのかお教え下さい。

>>生命保険の相続税や贈与税について教えて

生命保険を相続税対策に使うときの注意点を紹介します。

相続税対策の注意点

とてもお得な生命保険ですが、注意点はあるのでしょうか。生命保険には、「契約者」、「被保険者」、「保険金受取人」がいます。死亡保険ならば、被保険者と保険金受取人は同一人物にはできませんが、契約者と被保険者は同一人物することもバラバラにすることもできます。

>>生命保険を相続税対策に使うときの注意点

生命保険で相続税を節約する方法

生命保険で相続税を節約

苦労して育てたお子さんも皆立派に大人になり巣立ち、定年退職も近くなってきた方には、もう高額の生命保険は必要ありません。お子様の教育費は払い終わりましたので、奥様またはご主人の生活費程度の額で十分です。しかし、だからと言って生命保険を解約してしまうのはおすすめできません。

>>生命保険で相続税を節約する方法

生命保険を上手に使って相続を失敗しないようにしましょう。

生命保険を上手に使う

生命保険の死亡保険金は、相続のときに考慮されて相続税が安くなる仕組みがあります。相続税の節税という視点で見たときに、ほかの資産と比較してみましょう。保険金『以外』の資産とは、代表的なものは現金(預金)、投資信託・株券、不動産が考えられます。まず、現金について考えてみましょう。

>>生命保険を上手に使って相続を失敗しないようにする

学資保険の代わりになる低解約返戻金型保険って?

低解約返戻金型


学資保険は、子どもの教育費を貯める方法の一つである貯蓄性の高い生命保険であり、契約者死亡の際はその後の保険料支払いが免除され満期返戻金がもらえます。しかし、最近は学資保険として販売されていない保険を学資保険として利用する人が増えています。

>>学資保険の代わりになる保険って?

学資保険っていつ加入するのがいいの?

学資保険にはいつ加入するべきか


学資保険は、子どもの教育費を用意するために貯金の方法の一つとして加入している人が多いですね。生まれる前から検討している人もいますが、保険商品としては子どもが5歳や10歳で加入することも可能です。学資保険に加入するベストなタイミングとはいつでしょうか。

>>学資保険の加入時期


画像の説明



やすだともこさんの記事

専業主婦の保険の選び方

専業主婦の保険の選び方

専業主婦の皆様は「主人の保険を見直さなけれは」ということで、ご主人の保険の見直しには熱心ですが、ご自分の保険の見直しはされていますか?専業主婦の方の保険も見直すことは、家計を考えたときに大切なことです。どうしてか専業主婦の方の保険の見直しが大切なのか?

>>専業主婦の保険の選び方

貧困老人にならないために老後にいくら必要か?

貧困老人にならないために


老後の生活には1億円必要ですが、60歳の時点で必ず1億円を準備しておかなければならないわけではありません。ただ90歳まで生きることを念頭に、資産維持していかなければ後期高齢者になった際に「貧困老人」になりかねないことは認識が必要です。

>>老後にいくら必要か?

老後に必要な生活費「1億円」の中身を分析!

専業主婦

厚生労働省の発表では、100歳以上の高齢者は44年連続で増加しており、30年前よりも約50倍に増えたとのことです。毎月必要な生活費は約30万円ほど。60歳で定年退職を迎えてから90歳まで30年間かかるとすると、それだけで1億800万円必要になります。生きるにはお金がかかるのです。

>>老後に必要な「1億円」の中身を分析

サラリーマン家庭の必要最低限の保険とは?(1)

サラリーマン家庭1


保険契約は、保険料をきちんと支払い、契約を継続しなければ意味がありません。毎月の保険料の支払いが生活費を圧迫し、辛い思いをしながら生活するのは本末転倒です。まずは保険料を無理なく払い続けられる「月々の保険料額の設定」を行いましょう。

>>FPの解説を見る

サラリーマン家庭の必要最低限の保険とは?(2)

ラリーマン家庭2


<月収の1割程度が目安>と謳われている保険料の負担ですが、同じ月収でも、世帯主の年齢や子供の数、現在の資産残高によって必要な保障と支払い可能な金額は異なります。

>>FPの解説を見る

こどもの保険は必要?

学資保険よりも勧められる


結果から述べると、実は子どもの医療保険は必要ないと言えます。子どもの医療費は各地方自治体で助成制度が充実しているため、民間の医療保険の保険料を支払うことと、保険の給付を受ける額を比較すると、保険料のほうが高くついてしまう可能性が高いからです。

>>こどもの保険は必要ない?!

女性必見!介護の準備していますか?要介護者は7割以上が女性

要介護者は7割以上が女性

現在の平均値でみると、要介護と認定されるのは80歳をすぎてから。そして全体の7割以上が女性です。介護費用の支払いが多いのも80歳以降の女性。男性よりも女性のほうが、平均寿命が長いこともあり、多くの女性が夫を看取ってから施設に入所するケースが多いようです。

>>女性必見!要介護者は7割以上が女性

介護にお金がいくら必要か?

生命保険


介護が必要になると介護状態が続く限り費用はかかり続けます。そして一番厄介なことが、一度介護状態になると終わりが見えないということ。突然介護が必要になったときに辛い思いをしないためには、いったいいくら備えておけばよいのでしょうか。

>>介護にお金がいくら必要か?

介護保険が年金を食いつぶす

要介護者は7割以上が女性

日本では2000年4月に施行された社会保障制度「介護保険」。今はまだ新しい制度で、自己負担額も少なくとても安心にみえます。しかし、2042年には高齢者人口が全体の36%となりピークを迎えるといわれているのに、保険料の値上げや認定基準が厳しくされることはないのでしょうか。

>>介護保険が年金を食いつぶす

30代女性必見!乳がんリスクに備える保険

乳がんリスクに備える

先日タレントの北斗晶さんが乳がんを患ったことを告知し世間に大きな衝撃を与えました。そして彼女の訴えによって乳がんのリスクは以前よりも増して重要視されつつあります。乳がんになったら治療期間はどのくらいになるのか、その時の心構えや万が一に備えるための保険加入について紹介します。

>>乳がんリスクに備える保険

下流老人にならないために!専業主婦も年金の準備を

下流老人にならないために


少子高齢化がますます進み、「貧困老人」が増加し続ける中、将来の年金には不安が募るばかりです。将来の年金、いくら受け取れるかご存知ですか?

>>専業主婦も年金の準備を

学資保険よりも低解約返戻型終身保険を勧められる理由

学資保険よりも勧められる


学資保険を検討し始めると「低解約返戻型終身保険」を勧められることが多々あります。「低解約返戻型終身保険」とはどんなものなのか。学資保険との違いをみてみましょう。

>>低解約返戻型終身保険を勧められる理由

学資保険を選ぶ際に気を付けたいポイント

学資保険を選ぶ際


子どもが生まれたら学資保険を検討したほうがいいのかと不安になってしまう方もいるかと思います。そもそも学資保険とは一体どんな保険で、どのようなメリットデメリットがあるのでしょうか。

>>学資保険を選ぶ際に気を付けたいポイント

専業主婦は年金をうけとれる?

専業主婦


主婦に個人年金保険は必要なのでしょうか?
将来の年金額が心配です。
働いていない専業主婦でも年金は受け取れるのでしょうか。

>>専業主婦は年金をうけとれる?


画像の説明



A.Kさんの記事

医療保険について分かりやすく教えてください

医療保険についてわかりやすく

医療保険とは、病気や怪我により入院や手術をした場合に保険金がもらえる保険です。医療保険に未加入の人が新しく加入しようとする場合、どのように保険を選べばよいでしょうか。まず皆さんが気になるのは、どのような保障内容にすればいいのかだと思います。どんな人にも言えますが…

>>医療保険についての解説を見る

生命保険のおばさんはなぜしつこいの?

生命保険


生命保険屋のおばさんがしつこくて迷惑しています。そのおばさんは、今度は家の火災保険の証券を見せろと言ってきました。 その火災保険会社は生命保険と関係ないのに、なぜしつこくしてくるのでしょうか?迷惑なんで、生命保険を解約してやろうかと思っています。

>>生命保険のおばさんはなぜしつこいの

生命保険の名義変更と税金について教えて

生命保険の相続税


契約者 祖父 被保険者 私(孫) 受取人 祖父の形態で一時払い終身保険に加入しております。先日、祖父が亡くなり、名義を契約者 私(孫)被保険者 私(孫)受取人 妻に変更すると、税金がかかるのか、かかるのであれば、税金の種類と計算の方法をお聞かせください。

>>生命保険の名義変更と税金

相続放棄と、生命保険の受け取りって同時にできますか?

相続放棄と生命保険


相続放棄と、生命保険の受け取りって同時にできますか?
私が亡くなった場合、とある理由で相続人には相続放棄してもらいたいのですが、その場合 相続人は生命保険の受け取りは可能でしょうか?

>>相続放棄と、生命保険の受け取りは同時にできますか?


画像の説明



Y.Tさんの記事

がん保険って必要ですか?

画像名


がん保険は必要でしょうか?必要でないでしょうか?教えてくれませんか?アメリカではがん保険は存在しないと聞いたことがありますが、本当でしょうか?

>>がん保険って必要ですか

死亡保険の申請漏れがないようにするには?

遺言状


生命保険は何に加入しているか事前に家族に伝えておかないと、
申請忘れなどでもらえなかったりしますか?
そのための対策など皆さんどうしてますか?

>>死亡保険の申請漏れがないようにするには

生命保険の告知漏れをしてしまったのですが・・・

告知漏れ


保険の申込みをしましたが、1年ほど前の肉離れでの約2カ月ほどの通院を告知するのを忘れていました。
どうしたらよいでしょう。

>>生命保険の告知漏れ

生命保険の契約者貸付ってなんですか?

契約者貸付


長い人生の間には、一時的に現金が必要になる事態も生じるかもしれません。生命保険の解約をせずに、貸付をすることが出来るとお聞きになったことがあるでしょうか。契約者貸付とは・・・

>>生命保険の契約者貸付とは


画像の説明



晶子さんの記事

保険料を下げる方法

保険料を下げる


月々支払う保険料が負担になっていませんか?今、来店型保険ショップなどで保険の見直しが流行っていますよね。少しでも保険料を下げるには、まずどうしたらいいでしょうか。このページでは効果的に保険料を下げる方法を紹介したいと思います。

>>保険料 下げる 方法

結婚する女性の保険選び方

結婚する女性


結婚は、自分一人だけでなく、旦那様のことや、将来出産をお考えの場合はお子さんなど、新しい家族が増える大きなライフイベントの一つです。ここでは、女性の結婚後のライフプランについていくつか考えながら適切な保険の選び方について説明していきたいと思います。

>>結婚する女性の保険選び方

新社会人の女性の保険選び

新社会人の女性

社会人として自分で収入を得ることができるようになれば、立派な独り立ちの時です。万が一自分が病気になったり不慮の事故などで亡くなってしまった時などのことも含め、自分ですべて責任を持つことを考えはじめてきたころではないでしょうか。新社会人のあなたにお給料の負担にならない保険の選び方のポイントについて説明したいと思います。

>>新社会人の女性の保険選び

女性保険に加入するのはいつがいいか

女性保険に入るのはいつ


女性保険に加入するならば、20代のうちからから加入することをおすすめします。保険は、結婚してから検討する人が多いですが、女性特有の病気は20代からリスクがあることを踏まえて備えたほうが安心です。

>>女性保険に加入するのはいつがいいか

結婚相手の彼氏にすすめる保険の選び方

持病がある場合

結婚で専業主婦に入る方はここ最近では珍しく、共働きのケースが多くなってきましたが、やはり一家の大黒柱となるのはご主人様となることがほとんどでしょう。そんなご主人様に万が一のことがあっては家庭は大変です。人生上り坂、下り坂、まさか。これから結婚する彼氏さんにおすすめの保険を紹介したいと思います。

>>結婚相手の彼氏にすすめる保険の選び方

持病がある場合の保険の選び方

持病がある場合

持病があると、生命保険に加入できないとよく聞きます。でも、最近では持病があっても入れる保険が出てきました。生命保険は「選択」と言って決められた保険料で保険金が払えず赤字にならないように、保険会社のほうで保険金支払いの確率が高い人をお断りします。そんな中、持病がある人が生命保険に加入する際に気をつけることは何でしょうか。

>>持病がある場合の保険の選び方

シングルマザーの保険の選び方

シングルマザーの保険の選び

3組に1組が離婚するといわれている今の日本。あえて結婚せずに出産をする、など様々な理由でシングルマザーとなりお子さんを育てている方がいらっしゃることでしょう。ご自分が倒れてしまえばそれをカバーしてくれる人はいなくて生活に困ってしまう、そんな状況もでてくるかもしれません。そういったもしもの時のための準備はできていますか?

>>シングルマザーの保険の選び方

主婦の為の医療保険の選び方

主婦の為の医療保険の選び方


何かあって入院などすれば家計の負担になることは、家族の誰にでも起きる可能性があります。主婦になると、どうしても自分のことよりも旦那様やお子様のことが優先になりがちと思います。もちろんそれも大切ですが、自分のための保険も見直してみませんか?

>>主婦の為の医療保険の選び方

女性保険選びもライフプランを考えて

女性保険選びもライフプランを考えて

自分が独身の時、結婚した時、子どもが生まれたとき、進学した時、家族の誰かが病気になったとき、事故にあったとき、また亡くなったとき、人生を重ねれば重ねるほど、心配の種も増えてきますね。今の自分のライフステージを見つめながら備えておくべき保険について考えてみませんか。

>>女性保険選びもライフプランを考えて

保険の選び方がわからないという人へ

保険の選び方がわからない


保険は難しい言葉が出てきたり、自分では予想がつかない未来に備えるためのものでもありますし、よく分からないことが多いと感じないでしょうか。そんな時にはプロのFPに頼るのもよい保険選びの秘訣です。FPさんからいただいたアドバイスを紹介させていただきます。

>>保険の選び方がわからないという人へ

女性の為のがん保険の選び方

女性がん保険


実は通院治療は、一般的な医療保険ではカバーされないのです。医療保険は入院、手術に対しての保障であり、通院保障を別途つけたとしても、入院して引き続き通院治療を行う場合のみ保障対象となります。

>>女性のがん保険の選び方

最近の人気の女性保険

最近の人気の女性保険


周りに迷惑をかけないためには、自分のことは自分でできるように、というのはとても基本的なことですが、「保険」のことも押さえておきたいものですね。最近人気の女性保険にはどのようなものがあるのでしょうか。メリットやデメリット含めてご紹介したいと思います。

>>最近の人気の女性保険

簡単にできる保険料の節約方法

保険料節約


保険の商品選択もポイントです。一般的に、貯蓄型保険である終身保険や養老保険は保険料が高くなります。掛け捨ての保険では保険期間が終了すると何も残らず、勿体無いと思う人もいるでしょう。ですが・・・

>>簡単に保険料を節約する方法


画像の説明



NANAさんの記事

女性保険の選び方を教えて

女性保険の選び方

なぜ女性保険が存在するのでしょう。例えば、医療保険に通常プランより保障を手厚くして加入したいと思ったとします。しかし、全ての病気の保障を手厚くすると保険料が高くなってしまいます。そこで活躍するのが女性疾病特約です。
続き⇒保険FPへ聞いた女性保険の選び方

保険は見直したほうがいい?

保険は見直したほうがいい

保険会社は医療の現状を日々研究していて、商品をリニューアルしています。例えば、今、病気で入院期間はどんどん短くなっています。入院して3日経たないと保険金がでないため、日帰りや一泊二日の入院の場合は保障されません。入院が短くなった代わりに、その後の通院期間が延びています。通院を保障するには、通院の特約がある保険料に加入して、特約をつける必要がありますね。
続き⇒保険は見直したほうがいい?


画像の説明



AKIさんの記事

30代の女性保険のおすすめ

30代女性保険の選び方

近年、出産年齢も上がってきたこともあってか、帝王切開の割合も厚生労働省の統計によると、平成23年9月調査で19.2%です。治療が必要になる子宮筋腫ができるのも30代から急に増えてきています。また、女性のガンによる罹患(病気にかかること)の第一位は、厚生労働省によると、乳ガンで、30代から急に多くなり、ガン全体で乳がん占める割合も23%ととても高くなっています。
続き⇒FPへ聞いた30代女性保険の選び方

20代女性の保険選び

20代女性の保険選び

保険会社は医療の現状を日々研究していて、商品をリニューアルしています。例えば、今、病気で入院期間はどんどん短くなっています。入院して3日経たないと保険金がでないため、日帰りや一泊二日の入院の場合は保障されません。入院が短くなった代わりに、その後の通院期間が延びています。通院を保障するには、通院の特約がある保険料に加入して、特約をつける必要がありますね。
続き⇒20代女性の保険選び

40代女性の保険選び(その2)

40代女性の保険選び(その2)

今回は40代女性は、既婚で主婦子育てもひと段落された方を例にあげて、どのような保険に入ったらよいか、考えていきましょう。40代女性の死亡保障については、あまり多くは必要ないかと思われます。もし、お仕事をされていて、ご夫婦一緒に住宅ローンを返している場合や、家計の支えとなっている場合は別ですが、もし必要であればお葬式の費用(200万程度)あれば充分かと思います。
続き⇒40代女性の保険選び(その2)

50代女性の保険選び

50代女性の保険選び

今回は40代女性は、既婚で主婦子育てもひと段落された方を例にあげて、どのような保険に入ったらよいか、考えていきましょう。40代女性の死亡保障についてこちらについては、あまり多くは必要ないかと思われます。もし、お仕事をされていて、ご夫婦一緒に住宅ローンを返している場合や、家計の支えとなっている場合は別ですが、もし必要であればお葬式の費用(200万程度)あれば充分かと思います。
続き⇒50代女性の保険選び


画像の説明



yokoさんの記事

40代主婦の保険選び

40代主婦の保険選び

保険会社は医療の現状を日々研究していて、商品をリニューアルしています。例えば、今、病気で入院期間はどんどん短くなっています。入院して3日経たないと保険金がでないため、日帰りや一泊二日の入院の場合は保障されません。入院が短くなった代わりに、その後の通院期間が延びています。通院を保障するには、通院の特約がある保険料に加入して、特約をつける必要がありますね。
続き⇒40代主婦の保険選び


画像の説明