フェミニーヌとフレキシー

女性に人気の医療保険として、『フレキシィ[女性専用タイプ]』といったもの、そして『女性保険フェミニーヌ』というものがあります。

こちらのどちらの保険がお得なのでしょうか。

女性保険フェミニーヌとは損保ジャパン日本興亜ひまわり生命が販売している女性専用の入院保険です。

子宮筋腫や子宮がん,乳がんなどの女性特有の病気はもちろん、その他のガン全てや、けがや一般的な病気による入院をすべて手厚く保障するので,心強い女性の味方の入院保険と言えるでしょう。

また海外での入院にも対応するので大変便利です。

手術の保障についても約1000種類の公的医療保険の対象となる手術も日帰り手術でもしっかりと手術給付金が保障されるのも大きなメリットです。

さらに一回の入院日数の限度も無制限なので長期の入院にも対応しています。

さらに入院の有無や回数にかかわらず、生存給付金として3年ごとに150,000円のお祝い給付金が支払われるのも大きな魅力になっています。

また、最近めざましい先進医療の治療費用にたいしても通算で2000万円までの保障が受けられるので、女性にはかなり保障内容が充実した頼もしい保険だと言えます。

フレキシィ[女性専用タイプ]とは、メットライフ生命が提案する女性のための終身医療保険です。

入院や手術の保障が一生涯続くのが特徴です。

1回の入院につき60日間、通算で最高1095日まで保障されるので安心です。

最近増えている日帰り手術にも幅広く対応しているのが嬉しいですね。

乳がん・子宮がんや子宮筋腫などの女性特有のガンや病気には、さらに手厚いサポートをしてくれると評判です。

普段なかなか考える事のない先進医療にも対応してくれるので、何があった時も安心していられます。

追加保障で退院後の通院や、糖尿病などの七疾患での入院保障が延長されます。

たとえ入院や手術をする事がなくても、10年間で合計50万円の積立一時金を生存給付金として受け取る事ができます。貯金にもなるので掛け捨てに抵抗がある人にもいいでしょう。

保険料がやや高めという声もありますが、終身タイプの医療保険なのでいつでもいつまでも保障が欲しいという人には最適です。

フェミニーヌは、女性に特有な病気やガンといった病に罹ってしまった際に入院した場合、入院して一回につき180日まで給付金額を上乗せして保障してくれるというメリットがあります。

さらに三代疾病による入院に際しては、支払い日数を無制限で保障をしてくれるので、入院がもしも長引いてしまっても安心です。

また入院のみならず外来でも、およそ1000種類も公的医療保険の手術があります。

さらには、先進医療の技術料が対象にならない公的医療保険ですが、フェミニーヌなら通算2000万円まで保障してくれます。

そしてフェミニーヌの最大の魅力は、生存給付金がある事です。これは3年ごとに給付金が支払われるシステムですが、プランによっては最大で150,000円がボーナスとして支払われるのです。

そして15年の保険期間の際に、全部で5回分受け取れるので、合計で750,000円は大きなメリットと言えるでしょう。またもしもの場合ですが、亡くなった際には死亡保険金も受け取れます。

30代の主婦の方で、医療保険の加入を考えている方も多いと思います。

まず、フェミニーヌですが、こちらは女性限定の医療保険となっています。

こちらのフェミニーヌという女性専用タイプの医療保険ですが、なんと、子宮筋腫などといった病気など、女性にとって心配な病気などにかかった場合、入院などを重点的に保障してもらえることができる、という保険になります。

また、なんと、3年ごとなどに15万円のボーナスなども受け取ることができ、なんと5回も受け取ることができるんです。

これに対し、フレキシィは、同じく、女性特有の病気などがあった場合、入院保障などがとても充実しているという保険になります。

こちらも、5年ごとという期間で、祝い金がもらえるといった保障があります。

また、こちらは終身タイプ型の医療保険となっていることが特徴です。

月ごとの保険料はフレキシィの方が安くなっていますので、月々の保険料をなるべく安くしたい、考える人には、フレキシィがおすすめです。

保険商品には、さまざまな種類のものがありますが、近年では女性を対象とした保険商品が目立っています。

保険加入を検討している女性は、それぞれの特徴をしっかりと理解して、適切なものを選ぶようにしなければなりません。

年齢や生活スタイルによって、加入するべき保険商品が違っていることに注意が必要です。女性向けの保険として注目度が高いものとしては、フレキシィ[女性専用タイプ]、女性保険フェミニーヌがあります。

フレキシィ[女性専用タイプ]は、基本保障がシンプルになっていて、入院・手術・先進医療などが対象です。

健康お祝い金の制度も用意されています。基本保障だけでは不十分だと考える場合は、オプションとして退院後の通院などを加えることも可能です。

女性保険フェミニーヌは、生存給付金のシステムが特徴で、3年ごとに150,000円を受け取ることができます。ボーナスのような性質なので、受け取るタイミングで旅行をしたり、子供のために使ったりすることが可能になります。

30代の主婦であれば、子育ての真っ最中であることも多く、女性保険フェミニーヌに加入するのが良いです。女性に多い病気を手厚く保障してくれるメリットもあり、安心感があります。

フェミニーヌとフレキシィは、比較してみると一見似たような内容に見えます。しかし、実際にはフレキシィの方が保障に関しての幅が広いのが大きな特徴です。

月々の支払金額も、フレキシィの方が各段に安くなっています。

フレキシィの最大の魅力は、何と言っても女性特有の病気になってしまい手術を受けた際、給付金が5万円から10万円という倍の金額を上乗せして貰えるのです。

そして入院と外来に関しての差が発生しないので、金額が一定という大きなメリットがあります。

一方のフェミニーヌは、生存給付金の金額が大きくアピールされていますが、月々の支払金額が少し高いという難点があります。

手術に対する給付金も、フェミニーヌにはありません。

また先進医療の保障金額が、フェミニーヌは1000万円までですが、フレキシィは2000万円までという大きな差があります。

フレキシィでは、先進医療を受けた場合には、一時金として5万円が受け取れるというありがたい特典もあるのが特典です。こうして比較すると、やはりフレキシィは月々の支払い金額がフェミニーヌに比べると明らかに安い上に、保障内容のグレードが断然高いので、フレキシィに加入する方がお得であると言えるでしょう。

関連ページ