保険FPに聞いた女性におすすめ保険の選び方

新着おすすめ記事

女性必見!妊活の前に女性保険に入りましょう

女性保険に払込み免除はいらない

高額療養費制度

保険料払込免除の規定とは、ある所定の状態になったとき以後の保険料は払い込みが免除されて、保険料を支払わなくても保障が続くという規定です。とても魅力的な規定ですが、もちろんその分の保険料が上乗せになってしまいます。この保険料払込免除の規定、あったほうがよいのでしょうか。なくても大丈夫??

>>この記事を詳しく見る⇒女性保険に払込み免除はいらない


人工乳房再建術は保険適用に

乳房再建術は保険適用

まだまだ認知度が低いこのニュース。厚生労働省は2013年6月に、乳がんの全摘手術後の乳房再建に使用する人工乳房を保険適用とすることを承認しました。2013年7月にシリコンジェルのラウンド型人工乳房(インプラント)が、2014年1月に自然な形のバストを再建できるしずく型人工乳房(アナトミカル型)が保険適用となっています。

>>この記事を詳しく見る⇒人工乳房再建術は保険適用に


女性におすすめ チューリッヒのがん保険

老後の医療保険の選び方について


女性保険ランキングはこちら

年代別の女性保険の選び方

20代の女性保険の選び方

家計に婦人科系の疾患が多い方は早めの加入がおすすめ

画像の説明

家系に婦人科系の疾患が多い方は、20代独身のうちに女性保険を検討するのがおすすめです。もし何かの拍子に妊娠したあとでは、女性保険の保険料が高くなるからです。
【20代の女性保険】
メディフィットA女性専用パック/オリックス生命 キュアレディー/ひまわり生命 家族のお守り

30代の女性保険の選び方

30代の女性保険の選び方は、定期+収入保障で死亡保障を手厚く

画像の説明

30歳女性が死亡保障を検討するなら、保障期間が限られる定期型か、保障が一生涯続く終身型にするかで保険料負担が大きく違います。
【30代の女性保険】
メディフィットA女性専用パック/オリックス生命 キュアレディー/ひまわり生命 家族のお守り

40代の女性保険の選び方

死亡保険は超短期で大丈夫。安心の女性パックがおすすめ。

画像の説明

40代に入ると女性ホルモンの変化も始まり、身体の不調が現れやすくなります。もし、まだ未加入であれば、まず医療保険の備えをすることをおすすめします。

【40代の女性保険】
1年組立保険/キュアレディー/がん治療支援保険

FPが教える『こんな時の女性保険の選び方』

保険料って更新のたびに高くなるの?

画像の説明

「保険は若い時に入ると保険料が安いですが、30代、40代、50代になっても安い保険料のままなんですか?」ご質問のように、一度保険に加入した後、年齢を重ねるごとに保険料が上がってしまうのではないかと、不安に思う方も少なくないことでしょう。実は保険には・・・>>つづきを読む

妊娠前の女性におすすめの保険

不妊治療

30代と40代では入院する原因が異なります。入院理由にあわせて年代ごとに医療保険を選ぶことで、保険料の無駄を省きましょう。30代のうちは妊娠や出産をする方が多く、入院理由はほぼ妊娠・出産時のトラブル。自営業者等の国民健康保険の被保険者の場合、頼れる制度はこのくらいしかありません。民間の医療保険でしっかり備えて・・・>>つづきを読む

女性におすすめの保険の選び方「その保険は本当に必要?」

その女性保険は本当に必要ですか?

画像の説明
女性保険は、女性に特化した商品であることを謳っていて、時々ボーナスもついたりする商品もあったりと、最近人気の保険商品です。

ですが女性におすすめの保険を選ぶには、本当に宣伝されている内容や、保険の営業担当が言っていることが、本来必要な内容なのかどうかは、一度自分で調べて、もう一度考えてみることが必要です。

女性特約のついた医療保険について考えてみれば、保険料を毎月支払うよりも、毎月貯金しておいて、ある程度の貯蓄があれば必要ないのではないかという考え方もあります。日頃から相応の貯蓄をしておけば、何かあった時にはその貯金で補えばいいという考え方です。

また、女性保険という名前がついているものの「女性向け」を謳っていながら、実際には「女性疾病特約」が付いているだけで普通の医療保険という商品もあります。

「女性疾病特約」とは文字どおり、女性に特有の病気(生殖器や乳房関係)に上乗せして保険料を支払う代わりに、保険料もその分上がっている商品なのです。他にがん保険も入るのなら、「女性疾病特約」でカバーされるのは、子宮筋腫などの限られた疾病しかありません。
女性保険を選ぶには選び方として、保険商品をよく調べて入ることとともに、その保険が本当に自分にあったもので、その保険に入る価値があるかどうかを検討することがより重要です。

ひとりひとりにあった女性保険を選ぶことは、大変に手間と時間がかかることです。自分のライフスタイルと考えあわせなければ、なかなか自分の保険を選ぶということは難しいです。そんなときに役に立つのが、保険の無料相談です。


保険選びに迷ったら保険の無料相談を上手に活用


ご存じですか?最近の保険の無料相談は、
しつこく勧誘することはないんですよ。


『保険の無料相談?!』と聞くと、『しつこい勧誘があるんでしょ!!』という声が聞こえてきそうですが、最近の保険相談はそのようなことは、ほとんどありません。

保険の相談でしつこい勧誘があったのは、大手の保険のセールスレディーといわれる方々です。保険の無料相談はこれらの大手の保険会社のセールスレディーとは違います。

インターネットでいろいろな保険の無料相談がありますが、これらの保険の無料相談をしてくれるのは、『保険のFP』といわれる、保険の相談について高い水準以上の能力をもつ保険相談のプロフェッショナるです。

『そのような人がなぜ無料で?』という声も聞こえてきそうですが、保険を無料相談するというのは、保険の先進国のアメリカで最もポピュラーな方法なんです。保険について高品質な情報を無料で紹介することが、保険の成約率が上がることを彼らは知っているのです。

インターネットで人気のある保険の無料相談について、100人にアンケート調査を行い、私の体験も合わせて、保険の無料相談のランキングにしています。あなたの保険選びにお役立に立つと思います。

どうして2


女性保険ランキングはこちら


女性におすすめな保険を選ぶための基礎知識

画像の説明

女性保険は、たくさんの保険会社から商品が提供されています。これらの保険の中で、どの商品が女性 おすすめ 保険でしょうか。

女性保険は女性特有の病気やケガに対して手厚く保障するものですが、保険期間や保障内容が各保険会社によって違っています。そのため、保障内容や保障される期間、保険料などをよく検討する必要があります。

女性保険は基本的に医療保険ですが、中には死亡保障もある生命保険のような女性保険もあります。高度障害保障などが付くこともあります。それではどのような保険が、女性におすすめの保険なのでしょうか?

女性保険について考える前に、まず女性保険の特徴について考えてみましょう。


女性保険ランキングはこちら

まずは女性保険の特徴について理解しましょう

おすすめの女性保険について考える前に、まずは女性保険の特徴について考えてみたいと思います。

女性保険とは、女性向けの医療保険のことです。一般的な医療保険と女性保険は違うものですので、特に女性の方は、医療保険の検討にあたり、女性保険の特徴をぜひ知っておいて頂かなければ、女性保険選びはできませんね。

一般的な医療保険は、通常の病気や怪我による入院や通院に対して、給付金が受け取れるものですが、女性保険の特徴は、それに加えて、女性特有の病気や怪我の場合に、特に手厚い保障が受けられるのです。

この保障内容ですが、女性保険ならではの特徴は「女性疾病入院給付金」と「女性疾病手術給付金」ということになります。

女性特有の病気で入院や手術を行った場合は、通常の医療保障である入院給付金・手術給付金だけでなく、さらに特別な給付金が支払われるというものです。この女性特有の疾病に対する保障というのが、女性保険を選ぶときに大切になってきます。

ここでいう「女性特有の病気」とは、よく知られているものでは乳がんや子宮内膜症、子宮筋腫などですが、あまり知られていない病気もあり、それは保険商品によって異なります。それが各商品の特徴ともなっていて、女性 おすすめ 保険を選ぶときのキーワードとなるのですが、ユーザーとしては、加入の検討に際してよく確認しておく必要があります。

さらに、女性保険によっては、死亡保険金や通院給付金、退院給付金など、幅広い保障が用意されているものもあります。

また、女性保険によく見られる特徴として、ある一定の期間中に契約者が生存している時に支払われる「生存給付金」、所定の期間中に保険金を受け取る事態が発生しなかった時に支払われる「無事故給付金」といった、ボーナス的な給付金もあります。ただし、これは女性保険に限った特徴ではありません。ですが、このボーナス的な給付金を全面的に押し出すことで、「おすすめの女性保険」として謳っている保険の商品も多くあるようです。

なお、通常の医療保険の中には、特約によって女性保険と同様の保証を受けられる商品もあります。保険加入時には、それぞれの保険商品の特徴をよく見極めて、比較検討することが女性 おすすめ 保険を選ぶときには大切です。


 

女性におすすめの保険の選び方

さて女性のための医療保険である「女性保険」。女性特有の病気や怪我に対して、より手厚い保障が受けられる医療保険で、その人気が高まっています。

保険会社からはたくさんの商品が出ています。女性保険への加入を検討している方もあると思いますが、では何を基準に、女性 おすすめ 保険を選んだらよいか、その選び方となると分からない方も多いでしょう。ここれは、効率的な女性 おすすめ 保険の選び方をご紹介します。

(1)保障内容

女性 おすすめ 保険の選び方として最もポピュラーなのは、その保障内容(給付金の種類、給付金額)を吟味することです。保障内容は、保険にとって一番重要なもの。一般的な入院給付金をはじめ、手術給付金や通院給付金、ガンや先進医療への保障など、保険商品によって実に様々です。その種類や金額を、まずはよく調べてください。

(2)保障の範囲

女性 おすすめ 保険の対象となる「女性特有の疾病」に該当する疾病は、実は保険会社によって異なります。ご自身が特に心配な疾病が、もしかしたら対象に含まれないということもありえます。その病気を確認しておくことも、女性保険の選び方として大切なポイントです。また、通常の病気や怪我に対する保障も要チェックです。

(3)保険料と支払い期間

毎月の保険料の支払いは、生活に直接影響してきます。生活費への負担とならないよう、この保険料を比較検討することも、女性 おすすめ 保険の選び方として必須です。また、保険料の大小だけでなく、その保険料をいつまで支払うのかという支払い期間を確認することも、保険の選び方として大切な点です。

(4)妊娠・出産について

女性特有のものとして、多くの女性が経験する妊娠・出産。喜ばしいことであると共に、身体的には非常に負担のかかるものであり、保険会社にとっても、妊娠や分娩の異常は大きなリスクと考えられています。保険商品によっては分娩異常後に契約を断られたり、別の条件が加わることもあります。女性 おすすめ 保険の選び方として、この点を十分確認しておくとより安心です。

(5)給付金の支払い開始日

もう一つ、女性保険の選び方としておさえておくべきは、給付金の支払い開始日です。入院給付金の場合は、1日目から支払う保険もあれば、2日以上の入院から支払う保険もあります。見落としがちな比較項目ですが、これも実際に給付金を請求する時には重要ですので、必ずチェックしておきましょう。




画像の説明


人気のある女性保険

それでは今、女性 おすすめ 保険として人気のある女性保険はどのようなものでしょう。当さいとの管理者が、保険のFPにヒアリングをして女性 おすすめ 保険として教えてもらった、女性 おすすめ 保険を紹介します。


アフラックの「レディース新EVER」

アフラックは個人保険としてNo.1の加入件数を誇っていますので、女性保険としても安定した良い保険といえるでしょう。会社の経営の健全さから見ても、信頼できる保険会社といえます。

つづきはこちら⇒レディース新EVER

オリックス生命の「キュア・レディ」

女性保険の中でも終身タイプの医療保険で、女性疾病とガンに対して保険金が上乗せされます。入院保障が充実していて、日帰りの入院から保障してもらえます。充実した保障の割には、保険料の安さが評判です。

つづきはこちら⇒キュア・レディー


メットライフアリコの「やさしくそなえる医療保険(女性専用)」

メットライフアリコは、日本の生命保険業界に新しい保険を導入してきた会社ですが、「やさしくそなえる医療保険」は医療保険としても高く支持されている保険です。「やさしくそなえる医療保険(女性専用)は、女性保険として女性特有の病気に備えた医療保険で、保障も充実しています。

つづきはこちら⇒メットライフアリコ

NKSJひまわり生命の「フェミニーヌ

フェミニーヌは女性保険の中でも人気の高い商品です。死亡保障や高度障害までカバーされる保障は、大変充実しています。3年ごとにもらえる生存給付金も、女性保険ならではの楽しみとして人気です。

つづきはこちら⇒フェミニーヌ

三井住友海上あいおい生命の「メディカルレディース」

最近はネットから申し込める保険も増えていますが、メディカルレディースは通信販売の保険です。ネットなどの通信販売の保険の特長は、人件費を大幅にカットできることから、より保険料を低額にすることができることです。自動車保険が特に多いですが、生命保険や損害保険などにも通信販売のものは増えています。

つづきはこちや⇒メディカルレディース