HomeRanking保険相談口コミ学資保険女性保険がん保険持病保険加入保険相談して商品券

Q3:この保険料は高すぎでしょうか?

この保険料、私には多すぎるんでしょうか??

私が入っている生命保険は第一生命の「堂堂人生」で、月々の支払いは¥11484です。

しかし、最近になってコレは払い過ぎなのでは……と考えるようになりました。元々、これは私の親が月々かけてくれていたものです。しかし、私もいい大人です。その支払い口座を私のものに移して、自分で支払っているんですが……

実家暮らし、結婚の予定は一切ナシ。子供も持つ気はありません。持病もなく、健康状態は問題ありません。

この保険料、私には多すぎるんでしょうか??
もしそうなのなら、分相応なのものを自分で選びたいと思っています。
クレジットカード(VISA)で支払いができて、女性特有の病気(乳がんや子宮がんなど)のサポートが充実していて、今の支払いより安いものがあればありがたいと考えているんですが……

20代女性の方、あなたは何の保険に入っていますか?また、月々の保険料はいくら払っていますか??

当サイトからのアドバイス

端的に申し上げて、「堂堂人生」に一生入っておくのは、一般的に言ってあまりよくないと思います。

堂々人生は、若い人が安く大きな保障を持つには悪ないかもしれませんが、更新時に保険料がおどろくほど跳ね上がります

私が加入していたのは、第一生命のリード21という商品でしたが、当初払っていたのが1万5千円くらいだったのが、更新の時に2万6千円くらいになり、その次の更新では3万8千円くらいになると聞き解約しました。そしてFPさんのアドバイスを聞きながら、別な保険に入ることで、同程度の内容で保険料を半額にすることができました。

以前は日本国内の保険しかありませんでしたが、1996年に約半世紀ぶりに全面改正された保険業法が施行されたことにより、外資系の保険の参入が相次ぎ、はるかに安い保険に加入できるようになったわけです。

外資系の保険を検討して、第一生命に入る分の差額を貯金した方が私は良策だと思います。

一時金や、終身・定期はそのときの資料を集めて、考え直します。組み合わせも自分でできますからね。

従来の日本の大手保険会社の勧誘方法には、問題が多かったですね。営業の方々が名誉欲や金欲の亡者になってしまうような給料システムの会社が、契約者のためにいい仕事をしてくれるかどうかは、わかりません。実際に保険金の支払いについての問題なども、大きくクローズアップされましたね。

相談については絶対に直接担当が所属する「支部」にいったら、だめです。たぶん囲まれて納得させられて、そのまま更新させられてしまいます。

当サイトでは具体的な商品についてのアドバイスはできませんが(保険業法上)、私が無料相談をして、ここならば間違いのない相談ができるという、保険無料相談サービスを紹介します。

  • 保険マンモス:総合的に安心して相談できます。FPは特に接客にすぐれたと認定された資格を持っています。
  • 生命保険ドットコム:少なくとも静岡にお住みの方は、こちらのFPさんにご相談をすることをお勧めします。最高の保険と保険業界の知識で、あなたに的確なアドバイスをくれます。
  • ライフマネー私がはじめて保険相談をしたところです。このFPさんの対応に安心、ほかのFPにも相談して知識を得ることにしました。

積極的に保険無料相談を利用しましょう。

年間で20万円弱ほどの保険料を節約できました。

保険の見直しを検討しているのであれば、保険 相談 無料のサービスを何度も利用するのがおすすめです。保険 相談 無料のサービスを利用すれば、保険のFPが無料であなたにあった保険についてアドバイスをくれますし、そのFPと契約する必要は全くありません。またしつこい勧誘もほとんどありません。

画像の説明

そんな保険無料相談サービスですが、相談の仕方を間違えると、逆に不要な保険を紹介されることもあります。


保険FPに中には、公平中立だといいながらも、自分に利益が多い保険商品を提案しようとするところもあります。実際に私が相談をしたFPの中には、私の話をろくろく聞かないで、いきなり保険を売り込もうとするところもあったのです。

保険見直し相談を安全に成功するコツは
3社以上の相談を受けること


このような、自分の利益だけを考えて保険の提案をするFPを見分ける方法は、保険見直し相談をたくさん経験するしかありません。中途半端に「無料だから」といって、一人のFPだけに話を聞いて、すすめられた保険を鵜呑みにして加入してしまうと、後から「もっとこっちの保険がよさそうだったのに~」ということになりかねません。

保険見直しランキング