HomeRanking保険相談口コミ学資保険女性保険がん保険持病保険加入

高額療養費制度について

Q:狭心症と診断され手術を受けなくてはならないのですが・・・

50代の男性です。先日検査をした結果「狭心症」と診断されました。ステントという金属の管を心臓の血管にいれる手術が必要だそうで、30万円くらいの手術費用がかかるそうです。うわさで聞いたのですが、高額療養費制度というのがあって、後から手術費用が戻ってくると聞いたのですが、詳しく教えていただけますか?


A:高額療養費制度は高額医療のときに還付される制度です

高額療養費とは、同じ病院や診療所で支払った1ケ月の医療費が、80,100円(平成18年9月までは72,300円)を越える場合には、その額が、手続きをすれば戻ってくるという制度です。

高額療養費制度とは、公的医療保険の制度の1つです。高額の医療費がかかる病気やケガなどを経験した人なら、知っている人もいらっしゃるかと思います。


高額療養費制度とは、医療機関や薬局の窓口で支払った医療費が一定額を超えたときに、その超えた金額を支給するという制度です。


しかし、高額療養費制度は概要や手続きについて、知らない、わからないという人が多い制度でもあります。最近では、わかりやすく伝えようと資料などが作られたりしているようですが、大きな病気やケガなどをしなければ、なかなか知る必要に迫られることもないので難しいところがあります。


高額療養費制度は年齢や所得に応じて、支払う医療費の上限が定められています。さらに、いくつかの条件を満たすことで、負担を軽減する仕組みもあります。


高額療養費制度にはいろいろな細かい規定や条件があり、その人が加入している医療保険の種類によって、利用できる条件が異なります。とはいっても、高額療養費制度は制度ですから利用するのに遠慮する必要はありません。


高額療養費制度は一般的には治療前に手続きをして、治療後に払い戻しをします。この手続きですが、70歳以上の場合は医療費からすでに差し引かれていますので、手続きは必要ありません。70歳未満の場合はあらかじめ治療を受ける前に、「限度額適用認定証交付申請」の手続きをしておきます。


負担額を安く抑える「限度額適用認定証」

高額医療認定書

高額療養費制度は、手術費用が高額になったとき、自己負担額の上限金を超えた額は還付してくれる制度ですが、一般的には「一時的には高額な医療費を負担しなければいけないんでしょ」と思われていますが、そのようなことはありません。


あらかじめ手術を受ける日程が分かっている場合は、数週間前に「限度額適用認定証交付申請」をすることによって一次負担額を自己負担限度額で抑えて、あとは役所と病院が手続きを勝手にやってくれます。


この制度は以前は社会保険でしか対応していなかったようですが最近では国民健康保険もこの制度が適用されるようになったようです。



高額療養費制度について教えてくれたのは保険マンモスでした

保険マンモスの評判を見ると公式サイトが充実しているという評判が多いです。殆どの保険に関する疑問点は保険マンモスの公式サイトを見ると、解決できます。高額療養費制度について教えてくれたのは保険マンモスでした

保険マンモス公式