転職 保険見直し

現在の位置:トップFPに聞いた保険の選び方転職 保険見直し

保険見直しのタイミング

80%,画像の説明

転職による保険見直しをする必要があるのは、会社員から自営・自由業に転職したり、別会社に転職して収入が下がったりした場合です。

会社員と自営・自由業では加入している社会保険が違い、会社員の公的保障の方が良く、一般的に生命保険で準備する保障は、社会保険の保障で不足する分を補うことが原則ですから、会社員と自営・自由業では準備している保障額が違います。

会社員から自営・自由業に転職する場合は、それに伴い保険見直しをする必要がある訳です。


【裏ワザ情報】保険相談をしてキャッシュバックの裏ワザ

2017年に保険無料相談をして、商品券の提供サービスは廃止になりました。


だけど、、、今でも、キャッシュバックを受ける裏ワザが実はあるんです。

保険期間も念頭に

具体的な保険見直しとして死亡保障は遺族厚生年金が無くなる分を補うので1千~2千万円増やし、保障期間は末子が独立するまで、保険期間が短ければ、追加で定期保険に加入する方法で増やします。

保険期間が20年以上なら、収入保障に保険見直しをするか、追加で加入する方法があります。


立場が変われば保険の内容も変わる

医療保障は自営・自由業に転職することで傷病手当金が無くなりますので、入院給付金日額を5千~1万円上乗せします。

現役時代をカバーするためなので、定期型又は掛金一律の医療共済の保険見直しで良いと思います。

自営・自由業から会社員に転職するケースは少ないですが、社会保険の保障がよくなりますので、逆に保障を減らす保険見直しになります。


転職をきっかけに

80%,画像の説明

別会社に転職して収入減となり、保険見直しが必要になるケースは少なくないと思います。

家族のことを考えれば、保障内容はあまり変更したくないが、支払う保険料はなるべく安くし、病気やケガに対する保障は一生涯続くようにしたいと思う方が多いのではないでしょうか。


総支払い保険料を下げることはできる?

80%,画像の説明

加入している保険のタイプにもよりますが、毎月の支払い保険料を下げるために終身払いにする、死亡・傷害保障額が減少する逓減定期保険にするなどで総支払い保険料を下げることができます




このサイトの人気記事BEST3

安心して相談できた生命保険無料相談ランキング

生命保険無料相談ランキング

保険の見直し相談はどんどん利用して、自分にあったFPを見つけのが安全に見直しをするコツです。保険無料相談のFPは、殆どの人たちが私たちの利益になるようなアドバイスをくれます。『このFPは公平じゃないな~』と私が感じたのは、私が体験した14社の中では4人ほどでした

失敗しない保険の選び方

女性保険の選び方

保険見直しFPの中には、自分の利益の大きい保険商品を売り込もうとするFPがいることも事実です。保険見直しの会社は保険会社や保険代理店からの莫大な広告費などで運営していますが、保険FPはそれらの保険見直しの会社と契約をとりかわして、無料相談を行っている人たちが殆どです。

保険のココ教えて

保険 選び方

保険のよくある質問にお答えします。
わたしはFPへ保険の無料相談をしたときに、保険のわからないことについて、いろいろとヒアリングしました。保険の素人の私が質問した内容は、おそらく読者の皆様も疑問を持っていることだと思いますので、質問の内容と回答をシェアしたいと思います。

保険選び方ランキング

関連ページ