解約しないで保険料を下げる方法

Q:保険を解約しないで保険料を下げる方法はないでしょうか?

夫の保険料が更新型で、どんどん保険料が上がってしまいます。来年更新を控えていて、また1万円も上がってしまうようです。今まで払ってきたので、解約もしたくないのですが、解約しないで保険料を下げる方法はないでしょうか?

A:保険を解約しないで保険料を下げる方法はいくつかあります

今まで支払ってきた保険を解約するのは、加入されている方には、すごくデメリットが大きいように思えますね。実は新入社員になってすぐに掛けた生命保険は更新型のものが多く、「給料が上がると思って更新型に入ったけれど、思ったほど給料は上がらないし、子供達にお金はかかるし」と悩んでいる方は多くいらっしゃるようです。


そんなとき「保険の内容をいくらか下げてもいいから、保険料をもう少し下げられないか」そのように思われるのは、当然の思いだと思います。

保険料を下げる方法(その1):減額処理をする

『減額』保険金の一部を減額してその分保険料を安くする方法です。(一部分だけを解約するというイメージです)また中途減額を利用することによって、減額の割合に応じて解約返戻金の一部を受取ることができます。この減額は生命保険会社によって違いがありますので、加入している保険会社への相談をおすすめします。特約がついている場合には、減額の割合に応じて、入院給付金なども減額される場合がありますので注意が必要です。



保険料を下げる方法(その2):払済保険にする

『払済保険』保険料の支払いをストップしてその時点の解約返戻金をその後の保険料にあてます。保険期間は変わりませんが、保険金額は小さくなります。付加していた特約は消滅します。返戻金を支払いにあてるので、満期時点の返戻金は殆ど当てにできません。

払い済み保険



保険料を下げる方法(その3):『延長保険にする』

延長保険とは、保険料の支払いをストップしてその時点の解約返戻金を定期保険の保険料にあてます。保険金額は変わりませんが、保険期間は多くの場合短くなります。

ご存知でしたか?このように保険料の支払いをやめて保障を残すこともできるのです。特約が消滅してまったり、加入している保険の種類によっては利用できない場合もありますが、必要な保険を解約してしまう前に一度、保険会社に問い合わせるなど検討してみる価値はあると思います。

いくらかの保障が残るのであれば、その保障分は新しく見直した保険から、保障料を下げてもいいわけですからね。


保険無料相談おすすめランキング
ランキングへ

失敗しない保険選びをするために

失敗しない保険選びをするためには、保険の無料相談を利用して、保険について詳しくなることです。

そうすれば私の「パスポート21」のような失敗をしなくても済みます。

私が体験した中で、おすすめできる保険無料相談の情報です。

ベテランのFPに安心して相談できたサービス

保険ビュッフェ150

「保険相談をして商品券」で評判の保険のビュッフェの無料相談です。ただし保険相談の目的は、保険料を安くするための、良いアドバイスをもらうことです。保険のビュッフェは、ベテランのFPに相談して、保険料を下げるために、しっかりとしたアドバイスをくれて、しかも商品券までくれたサービスの体験談です。

最近評判のほけん百花

メットライフを進めたほけん百花

オリコンで「店舗部門保険相談ナンバー1」に輝いたほけん百花。オリコンでナンバーワンをとる実力は?私がほけん百花で面談する様子をレポートにまとめてみました。

保険無料相談のランキング

http://www.css-kyu.co.jp/hoken-faq/index.php?go=U9dTYZ]],ランキング

保険料を安くするために、私は全部で14社の保険見直し相談をしました。保険を安くしようと思えば、保険相談をいろいろ利用して、信頼できるFPへ出会うことが大切です。私が体験した無料相談の中でおすすめの保険相談ランキングは?

第一生命の口コミ
ランキングへ

保険相談をしてキャッシュバックの裏ワザ【裏ワザ情報】

保険無料相談をして、商品券の提供サービスが廃止になった2017年でも、キャッシュバックを受ける裏ワザが実はあるんです。

2017年秋キャッシュバックキャンペーン2
キャッシュバック方法

関連ページ






保険会社の人がなかなか教えてくれない、これらの制度

これらの制度は、保険会社の人はなかなか教えてくれないものです。こちらかた聞けば教えてくれるのですがね。


保険のFPであれば、このような制度も熟知してますので既存の保険を活用した見直しにも対応できます。保険料を下げる知恵はここで紹介したものよりもほかにいくつもあるかもしれません。実際に私はこの方法をFPから教えていただいたのです。保険のFPは無料で保険の疑問点などなんでも相談にのってくれますので、どんどん利用したほうがいいです。


私が相談をして、しつこい勧誘もなく、役立つ情報を教えてくれた保険の見直し相談をランキングで紹介しています。

保険無料相談おすすめランキング
ランキングへ