保険FPに聞いた「解約しないで保険料を下げる方法」3選

Q:保険を解約しないで保険料を下げる方法はないでしょうか?

夫の保険料が更新型で、どんどん保険料が上がってしまいます。

来年更新を控えていて、また1万円も上がってしまうようです。

今まで払ってきたので、解約もしたくないのですが、解約しないで保険料を下げる方法はないでしょうか?

このページの目次

A:保険のプロへ聞いた、保険を解約しないで保険料を下げる方法を3つ紹介します。

意外に多い「解約しないで保険料を安くしたい」という悩み

今まで支払ってきた保険を解約するのは、加入されている方には、すごくデメリットが大きいように思えますね。

実は新入社員になってすぐに掛けた生命保険は更新型のものが多く、「給料が上がると思って更新型に入ったけれど、思ったほど給料は上がらないし、子供達にお金はかかるし」と悩んでいる方は多くいらっしゃるようです。

解約しないで保険料を安く_01
解約しないで保険料を安く_02
解約しないで保険料を安く_03
「解約しないで保険を安くしたい」
という悩みは意外に多い

そんなとき「保険の内容をいくらか下げてもいいから、保険料をもう少し下げられないか」そのように思われるのは、当然の思いだと思います。

このページでは、保険のプロへ聞いた、「保険を解約しないで、保険料を安くする方法」について、3つ紹介します。


生命保険無料相談キャンペーンランキング

星野リゾート

保険の疑問はプロに聞くのが早道だし正確です。折角聞くのであれば、お得なキャンペーン付きで相談してみませんか?
クリック


保険料を下げる方法(その1):減額処理をする

もっともポピュラーなのは、「減額処理」

『減額処理』とは、保険金の一部を減額して、その分保険料を安くする方法です。(一部分だけを解約するというイメージです)

また中途減額を利用することによって、減額の割合に応じて解約返戻金の一部を受取ることができます。

この減額は生命保険会社によって違いがありますので、加入している保険会社への相談をおすすめします。

特約がついている場合には、減額の割合に応じて、入院給付金なども減額される場合がありますので注意が必要です。




保険料を下げる方法(その2):払済保険にする

保険料を安くする、払済保険とは

『払済保険』とは、保険料の支払いをストップして、その時点の解約返戻金をその後の保険料にあてる方法です。

保険期間は変わりませんが、保険金額は小さくなります。

『払済保険』にした時点で、付加していた特約は消滅します。

返戻金を支払いにあてるので、満期時点の返戻金は殆ど「あてにできない」という状態になります。

払い済み保険

【PR】保険業界の暴露話を聞けたので、正しい保険選びができた。

星野リゾート

保険の裏側の暴露話を教えてくれたので、正しい保険選びができました。しかもキャンペーンまで貰って、すごく得した気分です。
クリック




保険料を下げる方法(その3):『延長保険にする』

延長保険とは、保険料の支払いをストップして、その時点の解約返戻金を定期保険の保険料に充てる方法です。

保険金額は変わりませんが、保険期間は多くの場合短くなります。



保険のプロへ聞いた「解約しないで保険料を下げる方法」まとめ

聞かなければ教えてくれない「解約しないで保険料を下げる方法」

このように保険料の支払いをやめて保障を残すこともできるのです。

特約が消滅してまったり、加入している保険の種類によっては利用できない場合もありますが、必要な保険を解約してしまう前に一度、保険会社に問い合わせるなど検討してみる価値はあると思います。

いくらかの保障が残るのであれば、その保障分は新しく見直した保険から、保障料を下げるという方法も考えられます。

保険会社の人がなかなか教えてくれない、これらの制度

これらの制度は、保険会社の人はなかなか教えてくれないものです。こちらから聞けば、教えてくれるのですがね。

保険のFPであれば、このような制度も熟知してますので既存の保険を活用した見直しにも対応できます。

保険料を下げる知恵はここで紹介したものよりもほかにいくつもあるかもしれません。

実際に私はこの方法をFPから教えていただいたのです。保険のFPは無料で保険の疑問点などなんでも相談にのってくれますので、どんどん利用したほうがいいと思います。

2018年初夏 いま最も熱い生命保険無料相談キャンペーン

保険の疑問はプロに聞くのが早道だし正確です。

2018年初夏、一番お得なキャンペーン付きの保険無料相談は?




}}