保険のプロが教えてくれた「解約しないで保険料を安く下げる方法」3選

夫の保険が更新型で、来年また一万円も上がってしまいます。

解約しないで保険料を安くする1_01
解約しないで保険料を安くする1_02
解約しないで保険料を安くする1_03

「夫の保険料が更新型で、どんどん保険料が上がってしまう。」「来年更新を控えていて、保険料がまた1万円も上がってしまう。」「今まで払ってきたので、解約もしたくない」


解約しないで保険料を安く下げる方法はないのでしょうか?

保険のプロへ聞いた、保険を解約しないで保険料を下げる方法を3つ紹介します。

意外に多い「解約しないで保険料を安くしたい」という悩み

今まで支払ってきた保険を解約するのは、加入されている方には、すごくデメリットが大きいように思えますね。

実は新入社員になってすぐに掛けた生命保険は更新型のものが多く

「給料が上がると思って更新型に入ったけれど、思ったほど給料は上がらないし、子供達にお金はかかるし」と悩んでいる方は多くいらっしゃるようです。

解約しないで保険料を安く_01
解約しないで保険料を安く_02
解約しないで保険料を安く_03
「解約しないで保険を安くしたい」
という悩みは意外に多い

そんなとき「保険の内容をいくらか下げてもいいから、保険料をもう少し下げられないか」そのように思われるのは、当然の思いだと思います。

このページでは、保険のプロへ聞いた、「保険を解約しないで、保険料を安くする方法」について、3月つ紹介します。


このページの目次

【裏ワザ情報】保険相談をしてキャッシュバックの裏ワザ

2017年に保険無料相談をして、商品券の提供サービスは廃止になりました。


だけど、、、今でも、キャッシュバックを受ける裏ワザが実はあるんです。


保険料を下げる方法(その1):減額処理をする

もっともポピュラーなのは、「減額処理」

『減額処理』とは、保険金の一部を減額して、その分保険料を安くする方法です。(一部分だけを解約するというイメージです)

また中途減額を利用することによって、減額の割合に応じて解約返戻金の一部を受取ることができます。

減額処理をするときの注意点

例えばあなたが、3000万円の死亡保障に加入していて、半額の1500万円のの死亡保障に減額した場合、必ずしも保険料が半額になるわけではありません。

解約しないで保険料を下げる方法2_01
解約しないで保険料を下げる方法2_02
解約しないで保険料を下げる方法2_03
必ずしも半額になりません。

これは、加入している3000万円の内訳が、例えば終身保険1,000万円、定期保険特約2,000万円だった場合

終身保険の保険料のほうが、高くなっている場合があるからです。

減額処理をする場合、保険の内容をよく確認しないと、「減額処理をしたのに、思ったほど保険料が下がらなかった」ということもあります。

一度減額処理をしてしまうと、そのあと復活はできませんので、詳しくは保険のプロへ無料相談をすることを、おすすめします。

【関連記事】減額処理をするときは、保険の無料相談がおすすめ

減額処理をするときは、加入している保険会社より、保険ショップなど、保険の無料相談を利用して、相談するのがおすすめです。

なぜなら、加入している会社の営業担当によっては、自社に得になるような減額や、場合によっては解約を薦めてくるようなことがあるからです。

実際に私が、そのような不適切な解約を薦められた体験を紹介していますので、よろしければご覧ください。

私が某大手生命保険会社の営業担当に、不適切な解約を薦められた体験談

また、特約がついている場合には、減額の割合に応じて、入院給付金なども減額される場合がありますので注意が必要です。

減額処理をすると解約返戻金がない場合も

死亡保障大きくするために、掛け捨て保険に加入していた場合、減額処理をすると、解約返戻金(解約したときに戻ってくるお金ですね。)が無い場合もあります。

掛け捨て保険の場合、積立型の保険と異なり、万が一のときに備えて、解約返戻金の額を少なくして、万が一のときの保障を大きくしています。

従って、掛け捨て型の保険の場合、減額処理をすると、戻ってくるお金は微々たるものだと思っておくことが必要です。

保険料を下げる方法(その2):払済保険にする

保険料を安くする、払済保険とは

『払済保険』とは、保険料の支払いをストップして、その時点の解約返戻金をその後の保険料にあてる方法です。

解約しないで保険料を下げる方法3_01
解約しないで保険料を下げる方法3_02
解約しないで保険料を下げる方法3_03
保険料の支払いはストップします。

簡単に言えば、払い済み時点の解約金で、残りの保障を一括で購入するという仕組みです。

したがって対象になるのは、「加入してから期間が短い」場合や「掛け捨て型の保険で、解約しても返戻金がない場合」は、払済保険にすることはできません。

払済保険に一般的にする保険は、「終身保険」「養老保険」「個人年金保険」などです。

払済保険にすることのメリット

払済保険はその時点、残りの保障を買い取るということになります。保険を解約するわけではありませんので、次のようのメリットがあります。

払済にした時点で、保険料の支払いはしなくてよくなる。

解約して返戻金をあて残りの期間の保障を、一括して買い取るという形になりますので、その時点で保険料の支払いはなくなります。

主契約の保障は一生続く

パット見ると解約したように見えますが、返戻金で保障を買い取っていますので、保障は一生続きます。ただし、保障の買取に充てた解約返戻金の額に応じて、当然保障の額は下がります。

払い済み保険

払い済み保険にするデメリット

保障額は当然小さくなる

それまで払い込んだお金で残りの保障を買いますから、保障額は当然払い続けているときの保障よりも、保障額は小さくなります。

保険に加入したばかりで、まだあまり保険料の支払いを行っていない状態では、場合によっては、払済にできない場合もあります。

契約は主契約のみになり、特約や配当は消滅してしまう。

払い済み保険にした場合、主契約のみが残り、特約や配当が消滅してしまいます。

特に気を付けたいのが、特約に「医療保険」を付けていた場合です。この医療保険も消滅してしまいます。

「保険を解約しないで、保険料を下げたい」と考える方は、おそらくある一定の年齢になっていると考えられますので、生活習慣病などの病気にも掛かってしまっているかもしれません。

そうすると、新しく医療保険に加入する場合は、「持病があっても入れる保険」なども、考慮することが必要になると思います。

この、この「特約が消滅する」ということは、払い済み保険の、かなり大きなデメリットとも言えそうです。

狭心症でも入れる保険_01
狭心症でも入れる保険_02
狭心症でも入れる保険_03
持病があっても加入できる保険を
選ぶ必要も出てきます。

【関連記事】持病があっても入れる保険について、狭心症の私が保険のプロへ聞いてみた

最近の医療保険は「持病があっても入れる保険」が充実しています。

ほんの数年前は、持病があっても入れる保険は少なく、あっても加入条件がすごく厳しかったです。

それが最近では、たった4つの項目だけクリアーすれば、持病があっても保険に入れるようになっています。

狭心症を持っている私が、加入できる医療保険について、保険のプロに相談していますので、よろしければご覧ください。

狭心症の私が加入できる医療保険の選び方

一度払い済みにしてしまうと、元には戻せない

払済保険は、契約の変更であり、一度払済保険にしてしまうと、もう二度と戻には戻せません。

上でも説明したように、特約に医療保険などが付いていた場合は、仮に「持病があっても加入できる保険」を選んで加入するとしても、

当然、もとの特約でついていた「医療保険の特約」の金額よりは高くなってしまいますので、保険のプロなどに無料で相談して、確認したほうがいいと思います。




保険料を下げる方法(その3):『延長保険にする』

延長保険も考え方は払い済み保険と同じです。

保険料の支払いをストップして、その時点の解約返戻金を、定期保険の保険料に充てる方法です。

払済保険が、保障期間はもとの契約期間と同じで、保障を下げるのに対して、延長保険は保障を同じにして、保障期間を短くするという考え方です。

延長保険

期間が短くなるのに、なぜ「延長保険」?

上の図をご覧いただくとわかるように、延長保険では保障金額は同じですが、保障期間は短くなります。

ところで、なぜ期間が短くなるのに、「延長保険」というのでしょう?

これは、「本来であれば解約した時点で保障は終わりなんだけど、解約返戻金で行けるところまで延長するよ~」ということで、延長保険ということのようです。

保険の言葉って難しいですね。

延長保険のメリットとデメリット

延長保険のメリットとデメリットは、払済保険に準じます。

保険のプロへ聞いた「解約しないで保険料を下げる方法」まとめ

聞かなければ教えてくれない「解約しないで保険料を下げる方法」

このように保険料の支払いをやめて、保障を残すこともできるのです。

特約が消滅してまったり、加入している保険の種類によっては利用できない場合もありますが、必要な保険を解約してしまう前に一度、保険会社に問い合わせるなど検討してみる価値はあると思います。

保険会社の人がなかなか教えてくれない、これらの制度

これらの制度は、保険会社の人はなかなか教えてくれないものです。

保険無料相談のFPであれば、このような制度も熟知してますので、既存の保険を活用した見直しにも対応できます。

保険料を安くする方法は、ここで紹介したものよりも、ほかにいくつもあるかもしれません。

保険のFPは無料で保険の疑問点などなんでも相談にのってくれますので、どんどん利用したほうがいいと思います。




【裏ワザ情報】キャッシュバック付き保険無料相談情報

2017年に保険無料相談をして、商品券の提供サービスは廃止になりました。


だけど、、、今でも、キャッシュバックを受ける裏ワザが実はあるんです。

関連ページ