最近は結婚前に妊娠したり、子どもが生まれたりといった「できちゃった婚」「デキ婚」「授かり婚」などが多くなっていますので、女性は結婚、妊娠前に医療保険に入れるようにすることが最適だと思います。


妊娠のリスクの一つに難産があり、そのうち吸引分娩があります。吸引分娩とはお産が始まっても、赤ちゃんがなかなか子宮口から出られない時に、金属やシリコン製カップを胎児の頭に吸着させて、引き出す分娩法のことで、1400人以上のお母さんへのアンケートによると、吸引分娩を経験した人が1割以上もいました。

女性は妊娠前に医療保険に入れるようにすることが最適

女性は将来、結婚、妊娠、出産を控えている可能性があり、医療保険が妊娠や出産のリスクに備える心強いお守りになります。
しかし、いざ妊娠してから医療保険に入れるかというと多くの制約が発生します。

女性特有の病気に厚い保証のアフラック

正常分娩でなく帝王切開や子宮外妊娠手術は、医療保険の手術給付金の対象です。


子宮外妊娠は子宮以外の部位に受精卵が着床することで、全妊娠の1%の確率ですが、必ず手術する必要があり、帝王切開と同様に確率が増加しています。


アフラックの女性向け一生涯医療保障、新EVERは女性特有の病気入院を手厚く保障しています。


アフラックの女性向けの保険加入で、病気やケガの一生涯保障、乳がんや子宮筋腫など女性特有の病気入院保障、通院治療、日帰り手術保障、先進医療の一時金支払いがあります。


アフラックの女性向けの保険加入で、帝王切開、子宮外妊娠、妊娠中毒症など妊娠出産のリスクに備えられます。


またアフラックの新EVERは、保険加入でがんを含んだ病気やケガの一生涯保障に先進医療特約2千万円まで付けられる医療保険で、アフラックのレディース新EVERは女性向けに充実させた保障プランです。


レディース新EVERの保険加入で帝王切開や子宮外妊娠などの場合、入院日額が5千円上乗せされます。

【関連記事】 その保険の悩み、女性FPに相談しませんか?

女性FP5

あなたの保険やお金の悩み、女性FPに相談してみませんか?
無料の保険相談サービスで女性FPを選べるサービスを三選ご紹介
クリック

妊娠後は妊娠前に比べて加入条件が不利になる。

一般に妊娠後や妊娠前に比べて加入条件が不利になり、多くは特定部位の不担保条件付きになります。


アフラックなど保険会社が指定した部位に生じた病気(子宮外妊娠など)の入院手術に給付金が支払われないことを指します。


また、出産経験がある女性がアフラックなどの医療保険に加入する際、過去5年以内に子宮外妊娠などの手術歴があれば、特定部位の不担保条件付きになることがあります。


したがって女性向けの医療保険加入を検討しているなら、妊娠前に保険加入することをおすすめします。

保険無料相談を上手に利用して、保険選びを失敗しないようにしましょう。

保険は素人の私たちにはわかりにくく、えらびにくく出来ています。

あるFPさんに聞いたところでは、保険は、わざとわかりにくくしているという情報も得ています。

そのような保険を、素人の私たちが「口コミ」などを調べて選ぶのは、なかなか難しいです。

保険選びには、「口コミ」を信じてはいけないという、私の実体験

保険を選ぶときに、「口コミ」などで検索する人もいると思いますが、ネット通販で商品の口コミを探して購入するのと、保険を選ぶのとではわけが違います。

なぜなら保険の口コミでは、将来のライフプランを見据えた口コミなどは皆無だからです。

口コミを信じて保険選びをすると失敗する事例として、

3年ごとに15万円のお祝い金が出る、フェミニーヌという女性に大人気の保険商品を題材に、私の実体験を紹介した記事があるので、よろしければご覧ください。

このような例もあるので、保険を選ぶときには、まずは気軽に近くの保険ショップや、無料の保険相談を利用して、ご自身で確認することをおすすめします。


現在の位置:トップFPに聞いた保険の選び方→結婚する時の保険選び

結婚するときの保険の選び方

ライフプランを考えて保険選びが大切

結婚したときの保険見直しでは、これまで独身向けの保険プランに加入していた場合、結婚生活を始めるに当たって、食費、光熱費、住宅資金などお金の管理について、夫婦がどのように考えているのか確認することが必要です。

stockfoto_16098074_S (1)

保険見直しと言えば、生命保険、損害保険、自動車保険など、内容について保険見直しをすれば良いと思われがちですが、本来の保険見直しは、本人や家族が現在、どのような生活をしているのか経済的な視点から確認し、将来どのように生活設計をしていくのか、再確認する機会になります。

結婚するときは、自分たち夫婦のライフスタイルを考えて、保険見直しをするようにします。夫婦共働きをこれからも続けるのか、子供を授かる予定があるか、マイホーム資金は必要かなどにより、どれだけの保障が必要になるのか違ってきます。


また、結婚したことにより、万一のリスクに備える必要性が大きくなります。結婚後、自分が病気やケガで収入が途絶えた場合、独身時代は本人にしか影響はありませんが、パートナーのために保障を考えなければなりません。

保険見直しで、医療保険・入院保険は終身タイプの保険に加入することも検討する必要があります。また結婚後は、保険料が家計を圧迫しないようにする必要性も出てきます。死亡保障を掛け捨てタイプにして、毎月の保険料の支出を抑え、万一のリスクに備えることも可能です。



ライフプランを一緒に考えてくれる保険のFP

結婚するということは、家庭の人生を考えるようになるタイミングですから、保険見直しの対象範囲が広くなると思います。女性に特有な病気を対象に保障する女性保険や、老後に備えて、個人年金保険を検討することもあるでしょう。


結婚して子供ができて家族が増えたという人なら、自分の保険だけでなく家族の保障についても考えなければなりません。保険は万が一のときのために加入しておきたいとは思っていても、保険料が負担になるため、なんとなく足が遠のく・・という人は多いのが現状ではないでしょうか?
特に小さい子供がいる人は、これから育てていく過程でいろいろな費用がかかることになりますので、保険料は抑えたいというのが多くの人の気持ちでしょう。


そこで必要なことは、保険料を下げる工夫です。そんなことできるの?と思われる人がいるかもしれませんが、それができるのが無料保険相談です。保険料を負担に感じている人にこそ、無料保険相談を利用して、保険を下げる方法について学んでいただきたいものです。保険相談を利用することが、保険料を下げる工夫になります。

画像の説明

保険の見直しでは、保険のプロフェッショナルであるファイナンシャルプランナーが、相談を担当します。専門家であるFPが、数多くの保険商品の中から、相談者に最適な保険をアドバイスしています。

担当するFPはどこかの保険会社に所属しているのではありませんので、数ある保険会社の保険についての知識を持っています。そのため、相談者の希望や状況、家族などのことも聞いたうえで、保障を手厚く、保険料を抑えられる保険を提案しています。


だからこそ、無料保険相談では納得できる保険を提案してもらえるのです。無料保険相談保険料を下げる工夫であることがわかっていただけるでしょう。無料保険相談は多くの会社で行われています。



ライフプランを親身になって一緒に考えてくれたFP

私が出会ったFPさんの中で、親身になって一緒に相談にのってくれたところをランキングで紹介しておきます。私の体験も紹介していますので、面談の様子がおわかりいただけると思います。「私の体験」をクリックすると、私が無料相談をしている様子を写真つきでご覧いただけます。どうか結婚のときの保険選びにお役立て下さい。

第1位保険マンモス
相談しやすく、知識も豊富。。総合評価おすすめNO.1は【保険マンモス】⇒私の体験

ほけんの窓口
保険見直し本舗よりも絶対おすすめ!【ほけんの窓口】シミュレーションは体験すべき

第二生命保険どっとこむ
保険の講義を二時間!!先生のようなFP【生命保険どっとコム】⇒私の体験

ビュッフェ
しっかりした相談もでき経験豊富なFPが魅力の【保険のビュッフェ】⇒私の体験