HomeRanking保険相談口コミ学資保険女性保険がん保険持病保険加入保険相談して商品券

生命保険の選び方

保険辛口ランキング

私たちはどのような基準で生命保険を選べば良いでしょうか?生命保険の選びかたについて『生命保険の辛口ランキング』という雑誌から引用して紹介したいと思います。


そもそも生命保険は生命保険料の安さ以外に何を基準に選べばよいのかということです。


私たちは生命保険料の安さということを余りに重要視しすぎているのではないかというのが、この雑誌で紹介されている大きな点です。


『生命保険の辛口ランキング』によれば、『生命保険の選び方は、どのような家族構成で、どのようなライフ設計を持っているかによって変ってくるというのが前提になります。その保険は誰のための保障でいつまでその保障が必要になるのか、老後の経済フラン祖見据えて事前に払い済みとなるように設計するのか、人生設計とともに様々な条件を考慮して、生命保険を選ぶのが本当のありかたです。』そのように紹介されています。


更につづけて『保険の選び方に重要になってうるのは、どのようなくみあわせで保険商品を選ぶかということです。出産や子供の独立など、ライフステージによって必要な保障額も変わってきます。それにあわせて医療保険やがん保険といったいろいろな保障をどういうバランスで加入するのか、複合的総合的に判断することが大切です』このように雑誌では紹介されています。


続けて『例えば普通の家庭の生命保険選びでは、子供が小さいうちは死亡保障を重視したプランが一般的です。しかもその間は医療生命保険にも加入しているという状況が多く見られるわけですが、その死亡保障についていったいいくら必要なのか、医療生命保険の手術給付金は金額で考えるべきなのか対象手術の広さを優先して考えるべきなのかと考えた場合に、生命保険の選び方について、途端にわからなくなる人が殆どです。』というのです。


この『生命保険辛口ランキング』の中で、生命保険ジャーナリストの鬼塚さんは『自分で完璧な生命保険選びができるひとなんていない。思い込みも激しく、そもそもがん生命保険も、必ずしも入らなければならないというものではない。例えば医療生命保険の特約で最低限のがん生命保険はカバーしておいて、40才を過ぎたらがん生命保険に入るという選択もある。生命保険を選ぶにはまずは専門家の意見を聞き、ライフステージに合わせてモデルを提示してもらい、その内容にそって自分なりに検討をして加入するというのが一番安心して生命保険を選ぶことができるし、一番よい組み合わせを選択することができる。』そのように言っています。


生命保険の選び方で一番良い選び方は、やはり自分で全て選ぶよりは、専門家の意見を参考にしたほうが良いということですね。



保険無料相談を積極的に利用するのが失敗しないコツです。

保険無料相談を失敗しないためには、保険無料相談を何度も経験することです。

画像の説明

失敗しない保険見直しをするためには、コツがあるんです。失敗しない保険選びや保険の見直しをするために、そのコツを私の体験に基づいてまとめてみました。