狭心症でも入れる保険を保険のプロへ聞いてみた

狭心症でも入れる保険_01
狭心症でも入れる保険_02
狭心症でも入れる保険_03

前回の記事では、「持病があるときの保険の選び方」について、「一日の給付額はいくらにすればよいのか」「通院保障はつけたほうがいいのか」など、持病があるときの保険の選び方について、保険のプロへ聞いてきた内容について紹介しました。

今回は、私のような「狭心症だけど、症状は安定しているもんね~」といった持病がある人でも、加入できる保険について、聞いてきたので紹介したいと思います。


そもそも狭心症とは

このページへ「狭心症でも加入できる保険を知りたい」と、検索してこられた方は、狭心症についてはご存じだと思いますので、この項目は読み飛ばして下さいマセ。

「狭心症ってどんな症状をいうの?」と、いう方のために、私が長年付き合っている狭心症について、簡単に説明しておこうかと思います。

(私の場合の症状ということなので、「それは違うよ!!」などと突っ込まないで下さいね。)

狭心症は心臓の血管が狭くなる病気

狭心症とは、心臓の周りの血管「冠動脈」が狭くなる病気です。

原因は、動脈硬化ということで、コレステロールなどが冠動脈の中で固まって、血管を狭くして、血液の流れを妨げる状態になります。

この血液を妨げる状態が進行して、血管を完全にふさいでしまうと、塞がったところから先の血管は壊死して、血液が届かなくなった心臓も部分的に壊死します。

これが心筋梗塞です。

私の場合はステントを留置

私は狭くなった血管を広げるためにステンレスの管(ステント)を入れています。

この手術の方法を、正確には「ステント留置術」というそうです。

私の場合は、30代前半の頃、頃はバブル、仕事も沢山したけど、遊びもたくさんしたということで、暴飲暴食がたたって「狭心症です。」と先生に診断されました。

その結果、「ステント」というステンレスの管が、心臓の血管に入っています。

その後、15年以上経過していますが、スポーツなどに心がけて、狭心症は安定している状態です。


狭心症でも入れそうな保険をピックアップ

上で紹介しましたように、私は狭心症の手術をしてから、15年以上経過し、安定した状態を保っています。

治療も「投薬による経過観察」ということで、毎月一度通院はしていますが、特に狭心症が進行することはなく、安定している状態です。

このような状態であれば、最近の保険は加入することができるようです。

ということで、次回の保険のプロの面談の前に、自分なりに狭心症でも加入できる保険について調べてみました。

保険のプロへ相談する場合は、いくら相手が保険のプロだといっても、お任せではなくて、自分で調べていったほうがいいですよ。

そうでないと、相手がどのくらいの知識を持っているのか、本当に正しいことを言っているのかどうか、判断できないですからね。

ということで、まずは私なりにネットの情報を調べて、狭心症でも入れそうな保険についてピックアップ※です。

※この記事を作成している、2018年7月時点ということで、ご了解下さいませ。


オリックス生命「新キュア・サポート」

オリックスの「新キュア・サポート」の謳い文句は、

「持病や入院・手術の経験がある方がご加入いただきやすい医療保険!持病や入院・手術の経験がある方を一生涯サポートする医療保険。七大生活習慣病は特に手厚く保障します。」

ということです。しかも

ご加入前にかかっていた病気が悪化して入院された場合や、手術・先進医療を受けられた場合も保障します。

ということになっています。これは、狭心症をもっている私にとって、嬉しい保障ですね。

オリックスの「新キュア・サポート」の引き受け条件は、次の4項目となっています。

  • 1:最近3か月以内に、医師から入院・手術・検査のいずれかをすすめられたことがありますか。または、現在入院中ですか。
  • 2:最近3か月以内に、がんまたは上皮内新生物・慢性肝炎・肝硬変で、医師の診察・検査・治療・投薬のいずれかをうけたことがありますか。
  • 3:過去2年以内に、病気やケガで入院をしたこと、または手術をうけたことがありますか。
  • 4:過去5年以内に、がんまたは上皮内新生物で入院をしたこと、または手術をうけたことがありますか

この4つの項目が全て「いいえ」であれば、加入することができます。

ちなみに、オリックスの通常の医療保険「新キュア」には入れないのか?

ここでふと疑問になり、「オリックスの『新キュア』には加入できないのだろうかという疑問が持ち上がりました。

ということで、「新・キュア」の告知条件は次のとおりです。

オリックスキュア

そのほかにも、いろいろと細かな告知条項があります。

もう、最初の一項目目でアウトですね。やっぱり引き受け緩和型でないと、狭心症の私は、保険には加入できないようです。

「新・キュア」と「新キュア・サポート」保険料はどのくらい違う

ところで「新・キュア」と「新キュア・サポート」保険料はどのくらい違うのか。

これについても比べてみました。

新キュアサポート

新キュア

同じような内容で、比べてみて、だいたい1800円ほど、新キュア・サポートのほうが高いようですね。


【保険コネクト】は、2018年もっとも注目のキャンペーン付き保険無料相談です。

あの気になるサービス、一年間何度でも最大70%オフ

保険コネクト_360


【お得なキャンペーン実施中!保険無料相談ランキング】

管理人が体験したキャンペーン実施中のおすすめランキング


画像の説明 第1位:保険コネクト>>体験談・口コミはこちら

キャンペーン

相談内容のレベルは高く、キャンペーンも一番お得。


画像の説明 同率第1位:保険見直しラボ>>体験談・口コミはこちら

画像の説明

確実にキャンペーンが貰える。確実に面談できる【保険見直しラボ】


画像の説明 第3位:みんなの生命保険アドバイザー>>体験談・口コミはこちら

画像の説明

2019年、お肉のサービスは【みんなの生命保険アドバイザー】だけ!



辛口ランキング_01
辛口ランキング_02
辛口ランキング_03

関連記事

やっぱり高い「持病があっても入れる保険」

持病があっても保険の見直しができた体験談

持病でも入れる保険「引受基準緩和型保険」とは

持病があるときの保険の選び方

オリックスのキュアサポートの評判

関連ページ