Q:生命保険や自動車保険は消費税があがるとどうなる?

生命保険や損害保険には、保険料に消費税がかからないと知恵袋で教えて頂いたのですがなぜ消費税がかからないのでしょうか?

本当に消費税があがっても、生命保険や自動車保険に影響はないのでしょうか?疑問に思いました。宜しくお願いします。

このページの目次:


保険相談をしてキャッシュバックの裏ワザ【裏ワザ情報】

保険無料相談をして、商品券の提供サービスが廃止になった2017年でも、キャッシュバックを受ける裏ワザが実はあるんです。

2017年秋キャッシュバックキャンペーン2
キャッシュバック方法

A1:保険比較サイトからの証言

「消費税があがると保険料は上がる可能性が大です。」

消費税と生命保険や自動車保険の関係について、参考になる記事がありましたので引用して紹介します。

(ここから引用)

消費税の増税が保険料の値上げを引き起こすとすれば、その理由は「消費税が保険会社の経営を圧迫する」ためです。

画像の説明

保険会社の売上は、非課税である保険料が大部分を占めています。そのため、代理店手数料や店舗物件にかかる経費、広告費などに課税される消費税の大半が仕入税額控除の対象外となります。つまり、増税により増えたコストが、他業種よりもダイレクトに経営に響いてしまうのです。


一般社団法人 日本損害保険協会(以下、日本損害保険協会)は、消費税が10%になった場合(2015年10月予定)、自動車の修理費用や代理店手数料などの値上がりによって、業界全体で約1,800億円の負担増が発生すると試算。「一定程度は保険料に転嫁する可能性が高い」としています。


日本損害保険協会が取りまとめている、「平成25年度 税制改正に関する要望」「平成26年度 税制改正に関する要望」では、2年連続で消費税率の引き上げに際して、一定の経過措置を求めており、増税による負担増に対しての危機感は非常に強いといえるでしょう。現制度のまま増税が行われるのであれば、保険料は値上がりすると考えるのが、現実的かもしれません。


ただし、保険料の値上げのタイミングは、保険会社によってまちまちになるでしょう。体力がない保険会社は早めの値上げに踏み切ると予想されますし、経営に余裕のある保険会社は値上げを行わないかもしれません。また、代理店や保険証券を利用しないダイレクト保険は、代理店型よりも消費税増税の影響を抑えられるという見方もできます。


つまり、保険会社による保険料の差はますます広がっていく可能性があるのです。十分な補償を維持しつつ、保険料を抑えたいと考えるのであれば、一括見積もりサービスを利用し、できるだけ多くの保険会社の保険料の比較をすることをおすすめします。
(引用ここまで)

引用元:ズバッと自動車保険比較

公式サイト_red

A.2:保険のFPさんからの証言

「消費税が上がると生命保険も上がる可能性大 」

生命保険については値上げを公表している会社は多くありませんが、消費税の増税に備える必要があるのではないかと思い、懇意にしている保険のFPさんへ聞いてみました。

(ここから保険FPの話)

画像の説明

消費税で保険料が上がらないかという件ですが、現時点では保険料が消費税によってあがるということを明快に言っている保険会社はありません。


ですがきっとじわじわと上げていくのだろうなというのが、私たちFPの間での常識です。


保険会社にしてみれば、「消費税が上がって苦しいから保険料をあげます」とは大ぴらに言えないと思います。

なんといっても大手の保険会社と金融庁は裏で綿密に連絡をとりあっているんですから。

ただでさ消費税がアップすることで風当りが強い政府が、さらに都合が悪くなるようなことを言うはずはないですよね。



将来、消費税が8%から10%に上がることも考えられますので、これから家計負担が増え、さらに保険料も上がるることを考え、今のうちからなるべく、消費税増税による家計負担を増やさない知恵と工夫をしておくことが大切だと思います。


消費税増税による年間の支出増は約94,908円となり、かなりの負担増ですよね。


消費税の負担を減らすためには、貯蓄を取り崩すか、節約をするか、収入を増やす方法を考えるかになりますが、この意味でも毎月の固定費で比重を占める生命保険を見直すことは有効だと思います。


私のお客さんで保険の見直しをして、5000円くらい下がったという方が一番多いんです。


(FPの話はここまで)



保険は見直すだけで、大きく家計の支出を削減することができます。外食を我慢したり欲しいものを購入するのを我慢したりする必要がないものです。

その保険を見直さないなんて
「もったいない」と思いませんか?

保険無料相談ランキング

保険を見直して年間で10万円以上の節約が可能

消費税の負担、思ったより大きくないですか!?

画像の説明


生命保険文化センターが平成24年度に行った「生命保険に関する全国実態調査」によれば、1世帯あたりの年間払い込み保険料は平均で41.6万円だそうです。


またライフネット生命の調査によると、保険を見直して保険料が削減できた場合、契約者の保険料削減額は、1ヶ月平均9014円(年間で10万8168円)になるそうです。


そこで「保険の見直しをすることによって、年間10万8168円節約できる場合があることを知っていますか?」と質問すると、「知らない」が81.2%で圧倒的多数だったとのこと。


「保険を見直すことによって保険料の節約ができるのであれば、保険を見直したいと思いますか?」と聞くと、「見直したいと思う」60.4%「見直したいと思わない」23.3%を大きく上回ったそうです。


保険は見直すだけで、大きく家計の支出を削減することができます。外食を我慢したり欲しいものを購入するのを我慢したりする必要がないものです。



その保険を見直さないなんて
「もったいない」と思いませんか?




保険無料相談ランキング

失敗しない保険選びをするために

失敗しない保険選びをするためには、保険の無料相談を利用して、保険について詳しくなることです。

そうすれば私の「パスポート21」のような失敗をしなくても済みます。

私が体験した中で、おすすめできる保険無料相談の情報です。

ベテランのFPに安心して相談できたサービス

保険ビュッフェ150

「保険相談をして商品券」で評判の保険のビュッフェの無料相談です。ただし保険相談の目的は、保険料を安くするための、良いアドバイスをもらうことです。保険のビュッフェは、ベテランのFPに相談して、保険料を下げるために、しっかりとしたアドバイスをくれて、しかも商品券までくれたサービスの体験談です。

最近評判のほけん百花

メットライフを進めたほけん百花

オリコンで「店舗部門保険相談ナンバー1」に輝いたほけん百花。オリコンでナンバーワンをとる実力は?私がほけん百花で面談する様子をレポートにまとめてみました。

保険無料相談のランキング

http://info-var.com/hoken/index.php?go=U9dTYZ]],ランキング

保険料を安くするために、私は全部で14社の保険見直し相談をしました。保険を安くしようと思えば、保険相談をいろいろ利用して、信頼できるFPへ出会うことが大切です。私が体験した無料相談の中でおすすめの保険相談ランキングは?

保険相談をしてキャッシュバックの裏ワザ【裏ワザ情報】

保険無料相談をして、商品券の提供サービスが廃止になった2017年でも、キャッシュバックを受ける裏ワザが実はあるんです。

関連ページ