HomeRanking保険相談口コミ学資保険女性保険がん保険持病保険加入保険相談して商品券

学資保険はどこに相談するのが一番いいのでしょう

学資保険ってどんな内容で、
どんな会社があるか説明できますか?

学資保険加入については、よく理解しないで加入すると、あとで後悔することになりかねません。


ではどこに相談すれば良いのでしょう。まずは物知りそうな知人や友人でしょうか。それとも親でしょうか。いずれにしてもまずは身内や身近な人に相談すると思います。


ですがその相談した相手も学資保険のことをよく知らないとなるとどうしますか?ただ、学資保険のことを隅から隅まで知っている友人や知人はあまりいないと思います。


そこで役立つのが保険市場はほけんの窓口のようないろいろな保険会社の保険を一斉に取り扱っている、いわゆる保険のプロのような存在がありますので、そちらに連絡していろいろ学資保険についてきいても良いと思います。



いきなり資料を何十社もとらないように

ただ、資料一括請求サイトというところはいろいろな保険会社の資料を集めることができるのでとても便利なのですが、それは生命保険を検討するときに必要ないことで、学資保険の場合は受け取り金額が同じであればどの保険会社も大差ないのです。


ただし保証内容が変わればもちろん保険金額も高くなりますので保証内容を全く同じにして保険料金を計算してもらうようにしなくてはなりません。


あと基本的に受け取り金額程度の払い込み料金が必要ですので毎月の保険料もどの会社でもさほど変わりません。ですので学資保険に加入するときになにが基準かとなると具体的には返戻率と万が一の時の特約がついているかなどだとは思います。


ここをクリアできていれば後は金額だけの問題となるのですが、ただ、もっと具体的に保証内容を知りたいとなると資料請求をするかどこかに相談することになると思います。



1社づつ資料請求するのは大変ですね?

ソニーやアフラック、日本生命など大手保険会社にはライフプランナーがいますので相談すればすぐにわかることですが、1社ずつ電話して確認するのはとても大変なことです。


今はインターネットの時代ですのでネットで検索すればわかるのかもしれませんが、それも1社ずつ調べるのは大変です。変にいろんな会社に連絡しすぎると強い勧誘にあったりするということも出てきます。


そんな時に頼りになるのがほけんの窓口や保険市場などのいろいろな保険会社の保険を知っているライフプランナーがいるところに問い合わせると簡単です。


そこだけに連絡をすれば全てと言えるほどの保険会社を比較検討することができるのですから保険のことで相談したいという場合は一括の窓口になっているような会社がおススメです。
&br:

実際に相談してみるとわかりやすい

資料請求をして資料を見ているとわかる部分もありますが専門用語で書いていてわかりにくい場合もあります。そんな時は連絡して聞いてみるのが一番早いです。


もちろんさきほどお話したように、それぞれの保険会社に連絡をするのは大変ですので一括で聞けるところに連絡することをおススメします。そして、この保険会社にしようと決めたときに、その保険会社に連絡をしてさらに詳しい内容を確認するという方法が一番効率がよくて分かりやすいのではないでしょうか。


学資保険は絶対に入らなくてはいけない保険ではありません。自分で毎月きちんと積み立てることができる人、利率のよい積み立て方を自分で探して積み立てていくことができる人はそちらで積み立てても良いかもしれません。しかし、万が一の時は保証は一切ありませんから、そういったところでも学資保険を利用する人が多いのだと思います。



学資保険の相談をしたからといって、加入する必要はない

学資保険のことを一括で聞ける窓口のようなところに相談したからと言って必ずそこで加入しなければいけないということはありません。


保険会社はプランナーの人格などで加入しないという人もいますから、プランナーの対応が良いところに加入するということも大切なことです。ですから加入する保険会社を2社ほどに絞り、あとは直接相談してみてプランナーの感じが良いところに加入すると後々の相談もラクになると思いますよ。