学資保険ランキング

保険のFPが教えてくれた学資保険ランキング

学資保険はユーザーにとってメリットの多い商品です。そして学資保険をもっともオトクに加入するのは、お子様ができるだけ小さいときです。

この学資保険のおすすめランキングを、保険のビュッフェのFPさんが教えてくれたので紹介します。

返戻率が高い学資保険ランキング

コイン1第1位:学資保険スクエア

保険会社名:ソニー生命

返戻率:110.0% (18歳払い済みの場合)

学資保険スクエア」の特徴

  • 貯蓄性の高さに加えて多彩にアレンジできる
  • オーダーメイドできるので魅力が高い。
  • ユーザーにも一番人気

画像の説明

高いカスタム性と貯蓄性を実現

学資保険スクエアは貯蓄性が高い学資保険です。また高い貯蓄性に加えて、受け取りのタイミングや満期年齢、払い込み方法、希望プランを組み合わせてオーダーメイドできるのが特徴で、学資保険の定番的商品です。


コイン2第2位:夢見るこどもの学資保険

保険会社名:アフラック

返戻率:117.0%(10歳払い済みの場合),105.2%(18歳払い済みの場合)

「夢見るこどもの学資保険」の特徴

  • 元本率も高く魅力的
  • 子供が10歳までに保険料を払い終えることができる。

画像の説明

高いカスタム性と貯蓄性を実現

貯蓄性が高いのに加えて、10歳までに保険料をすべて払い終えることができるのが大きな特徴です。(好みに合わせて選択が可能です。)


コイン3第3位:みらいのつばさ

保険会社名:フコク生命

返戻率:108.4%

「フコク生命」の特徴

  • 兄弟姉妹の保険料が割引になる兄弟割引制度
  • 兄弟の多い家庭にとっては独特の魅力

画像の説明

高いカスタム性と貯蓄性を実現

兄弟姉妹の保険料が割引になる兄弟割引制度は、兄弟の多い家庭にとっては独特の魅力あり。



かんぽの学資保険はおすすめではないのか?

学資保険

学資保険で有名なのはやっぱり「かんぽの学資保険」ですが、このかんぽの学資保険はおすすめではないのでしょうか?


学資保険の目的は、あくまで子供の学費をあらかじめ積み立てておこうという考え方ですから、当然元本率が高い商品がおすすめということになります。


それでは「かんぽの学資保険」の元本率はどのくらいなのでしょうか?実はかんぽの学資保険の場合、元本率は100%程度なのです。

かんぽの学資保険は元本率100%程度

従来よりかんぽの学資保険学資保険の中の定番と思われがちですが、払った保険料と満額で受け取る保険料はほぼ同じなのです。


保険としての保証を外して、単純に金利だけの比較であれば、何年もかけて払い込んで金利も付かないのであれば、銀行の定期預金などに預けたほうがまだましと言えるのです。



失敗しない学資保険の選び方

ご存じですか?保険会社は本当は学資保険は薦めたくないんです。


ではなぜ、学資保険の商品があるのか?


保険のFPが教えてくれました。


「学資保険は釣り餌のようなものです。」

保険のFPが教えてくれたおすすめの学資保険

画像の説明

学資保険は実は保険会社にとっては、魅力がある商品ではありません。なぜなら元本率が非常に高く、保険会社にとって利益は殆ど無いからです。


逆を返せば、ユーザーにとっては、それだけ美味しい商品が学資保険です。人気のある学資保険は、銀行などに預金するよりも、はるかに高い金利を得ることができるのです。


私がおすすめするのは、ソニー生命の「学資保険スクエア」という学資保険ですが、この学資保険だと元本率は111.8%という驚異的な数字なんです。


このような高い元本率では、保険会社は赤字になってしまいます。それでも学資保険を販売する理由は、ユーザーにとって利益の高い学資保険を紹介することで、ユーザーの信頼を得て、他の保険商品を紹介しようとするからです。


いわば学資保険は、保険会社がユーザーを引き付けるための、撒き餌のようなものなんですね。


つまりそれだけユーザーにとってメリットの多い商品が学資保険だということです。


ただこのようにメリットの高い学資保険ですが、特約の付け方によっては、元本割れをしてしまうような商品もあるので、注意が必要です。


学資保険は各会社によって、随分と元本率や特約が異なる商品ですから、我々のような保険のプロである「保険FP」へ相談されたほうが、間違いが少ないと思いますよ。



このように教えてくれたのは、最近ネットで広告を見ることが多い保険ビュッフェのFPさんです。保険ビュッフェでは、学資保険の失敗しない選び方について、無料で相談にのってくれます。

画像の説明

私はいろいろな保険の無料相談を利用し、最終的に14社の保険の無料相談をしましたが、その中でも保険のビュッフェさんはおすすめの保険無料相談でした。

学資保険の選び方

前述のかんぽの学資保険のように、ネームバリューはありながら、実はあまりおすすめでない学資保険もあります。


同じ理由で、大手の学資保険も元本率はだいたい100%ということで、おすすめはできない商品が多いです。特約を付けると元本割れをする商品もあります。


それでは学資保険の失敗しない選び方は、どのようにすればいいでしょう。

学資保険の口コミ

学資保険はたくさんの保険会社が取り扱っています。ほとんどの保険会社が取り扱っていると言っても過言ではありません。ですが知っていますか?

どの会社も本当は学資保険
扱いたくないのです。


この学資保険について、利用者はどのように思っているのでしょう。それらの学資保険の口コミをまとめてみました。

つづきはこちら⇒学資保険 口コミ

学資保険 相談

保険のパンフレットをとりよせてみても、いろいろと条件が違っていて、結局のところ何が一番お得なのか、わからない場合が多くないですか?


学資保険についても同様ですよね。結局学資保険加入については、よく理解しないで加入すると、あとで後悔することになりかねません。


ではどこに相談すれば良いのでしょう。こちらのページでは、学資保険をどこに相談するのが一番失敗が少ないか紹介しています。

つづきはこちら⇒学資保険はここへ相談

郵便局の学資保険の口コミ

学生服の女の子

郵便局が民営化されたことにより、郵便局の学資保険の返戻率が100%を切るようになってしまいました。


それを期に、郵便局の学資保険から他の学資保険に変えたと言う人も少なくないのではないでしょうか。


ただ学資保険を途中で見直すというのは、必ずしも得策ではありません。

つづきはこちら⇒郵便局の学資保険の口コミ

学資保険は必要か?

画像の説明

学資保険は毎月コツコツ子供のために貯めて行きます。子供が0歳の時に加入できれば、一番保険料が安くて受け取り金額も高く設定することができます。


子供が小学生になってから加入するのと0歳児の赤ちゃんの時に加入する保険料は、ほぼ倍違うと考えておいてください。

つづきはこちら⇒学資保険はだから必要

教育ローンについて

一説には、一人の子供が大学を卒業するまでにかかるお金を試算すると、約2000万円になると言われています。これは驚くべき数字ではないでしょうか。


ローンの問題は「簡単に借り入れができてしまう」という点です。ローンはできるだけ少なく、子供ができたら早い段階で学資保険に加入し、貯蓄することが必要です。

つづきはこちら⇒教育ローンの借り方は

学資保険のメリット

学資保険のデメリット