学資保険

学資保険とは

学資保険とは子供の教育費などにかかるお金を援助してくれることを目的とし、契約した保険料を定期的に支払いをすることによって、教育資金が必要になった時に、設定していた時期に合わせて給付金としてまとまったお金を受けることができる保険です。

契約時に決めた子供の年齢にあわせて給付金を受けることができ、生命保険と同じように、子供や親に万が一のことがあった場合に、それ以降の保険金が免除されるシステムもあるのです。

学資保険といわれていますが、教育費だけの積み立てではなく、子供が病気や怪我をした場合には一定の給付金がおりるといった特徴もあるのです。

教育費として備えるだけでなく、子供に万が一のことがあったときのための備えになるのです。

学資保険の選び方

学資保険を選ぶときには、保障型と貯蓄型というものがあります。

医療保障や死亡保障などの保険はほかの保険で備えれば良いといった考えの人が多く、保障型よりも貯蓄型を選ぶ人が圧倒的に多いのです。

しかし、教育費以外にも、万一の備えに保障型を選択する人もいるのです。

子供にどのようにしてお金を残すかが、学資保険を選ぶポイントになるのです。

学資保険の支払い期間中に、契約者である親が死亡したり、高度の障害にあった場合、保険料の支払いが免除され、満期金がもらえる払い込み免除特約というものがあります。

しかし、戻ってくる満期金は少し下がるのです。

それでも、微妙な額ならと免除特約をつける人も少なくはありません。

免除特約をつけるかどうかといったところも学資保険を選ぶためのポイントになります。

最近人気の学資保険

積み立て率に重点を置いた貯蓄型と、貯蓄性は劣るものの、医療保険も兼ね備えた保険型との2つに大別することができる学資保険ですが、保険会社にもいろいろな会社があり、決めるのにすごく苦労することでしょう。

それぞれの保険会社の特徴から絞っていくと、決めやすくなっていきます。

最近では、フコク生命「みらいのつばさ」が人気を集めています。

兄弟揃って加入すると、返戻率がアップする兄弟割引があったり、110%超えの業界トップクラスの高返戻率や、入学準備でも祝い金の支払いが間に合うといった特徴があります。

子供が2人以上いるご家庭ならこの保険はすごくお勧めなのです。

高い返戻率で言うなら、ソニー生命も人気の理由になります。

子供が0歳の時に、30歳の男性が22歳満期の10歳支払いにすると、120%の返戻率も可能になるのです。