子宮外妊娠を経験しても保険って入れる?子宮外妊娠を経験した人が保険に加入する際の注意点は?

管理人K008

こんにちは、管理人Kです。
このページでは、「子宮外妊娠を体験したあとでも、保険に加入できるのか」という点について、紹介したいと思います。

子宮外妊娠保険入れる1_01
子宮外妊娠保険入れる1_02
子宮外妊娠保険入れる1_03

このページの目次

1.子宮外妊娠を経験しても完治していれば、きちんと告知して保険には入れる。

子宮外妊娠を体験した人でも保険に加入できるかどうか、心配されている方はたくさんいらっしゃると思います。

結論から言えば、子宮外妊娠を体験した方でも、問題なく保険に加入することはできます。

ただ、いろいろと条件もありますので、いくつかのパターンについて紹介していきたいと思います。

1-1.子宮外妊娠完治後5年経過していれば、なんの問題もなく保険に加入できる。

まずは、子宮外妊娠を完治して5年経過していれば、なんの問題なく殆どの保険に加入できます。

例えは女性に人気の、オリックスのキュアレディという女性保険で見てみます。

下の画像が、オリックスのキュアレディの告知欄の画像です。

子宮外妊娠でも保険に入れる2_01
子宮外妊娠でも保険に入れる2_02
子宮外妊娠でも保険に入れる2_03

5年以内の病気の状態について告知する欄があります。

つまり子宮外妊娠が完治していて、5年以内に入院したり手術したりしていなければ、なんの告知の必要もなく保険に加入できるということになります。

1-2.子宮外妊娠完治後5年経過していなくても、特定部位不担保などの条件付きで保険の加入できる。

上で紹介した保険は、通常の条件で入ることができる保険の一例です。

この保険に対して、この記事を作成している2018年においては、持病があっても加入できる保険というものが充実しています。

ほんの数年前までは、このような病気を持っていても加入できる保険というのは、ほとんどありませんでした。

ここでは、子宮外妊娠完治後5年経過していなくても加入でいる保険について紹介します。

上と同様にオリックスの保険で、「新キュアサポート」という、持病があっても入れる保険があります。

この新キュアサポートの例を見てみましょう。

新キュアサポートの告知項目は以下のようになっています。

子宮外妊娠でも入れる保険3_01
子宮外妊娠でも入れる保険3_02
子宮外妊娠でも入れる保険3_03

こちらで告知を求められるのは、2年以内の入院や手術に関する告知です。

つまり例え子宮外妊娠を体験したひとでも、直近の2年以内に入院や手術をしていなければ、告知は必要なく、保険には加入できるということです。

ただしこれらの条件については、それぞれの保険会社で独自なものです。

気になる保険があれば、保険の無料相談などで、保険のFPという保険のプロへ相談することをおすすめします。

【管理人Kからひと言】

管理人K001

子宮外妊娠したのちの保険の加入については、女性FPの無料相談を利用してみると良いかもしれませんね。女性同士のほうが、いろいろと相談しやすかもですからね。無料の保険相談サービスで女性FPを選べるサービスを三選ご紹介していますので、よろしければご覧ください。

1-3.特定部位不担保という条件付きで保険に加入する方法もある。

2年も待てないという方にとっては、特定部位不担保という条件付きで保険に加入する方法もあります。

特定部位不担保については、次の項で詳しく紹介したいと思います。

子宮外妊娠でも入れる保険5_01
子宮外妊娠でも入れる保険5_02
特定部位の不担保で加入ができます。


2.子宮外妊娠の特定部位不担保とは

2-1.特定部位の不担保とは

特定部位の不担保とは、医療保険の場合によく見られるケースです。

特定部位の不担保とは、

「告知をしている部位(部分)については、手術や入院をしても、保険料は出ない」

ということです。

例えば特定部位の不担保について一部紹介すると

  • 胃炎、胃潰瘍:胃・十二指腸に不担保
  • 乳腺のう胞:乳房に不担保
  • アレルギー性鼻炎、ぜんそく、肺気胸:気管・気管支・胸膜に不担保
  • 子宮筋腫、子宮内膜症:子宮・卵巣に不担保
  • 帝王切開:子宮・卵巣に不担保

などなど、様々な部位で特定部位の不担保に該当するものがあることがわかります。


2-2子宮外妊娠の場合の特定部位の不担保

それでは子宮外妊娠の場合の特定部位の不担保についてですが、流産や帝王切開、妊娠中毒症などと並んで、子宮外妊娠手術も特定部位の不担保となる場合が多い症状の一つです。

ですので、子宮外妊娠を体験してしまって、その後の保険のことが心配という方は、とりあえずは通常の保険に特定部位不担保で加入をしておいて、

2年経過したのちの引受緩和型の保険に加入しなおすか、5年経過するのをまって一般の保険に加入しなおすという方法が取れます。

特定部位不担保の条件についても、各保険会社で異なりますので、詳しくは保険の無料相談などを利用して確認することをおすすめします。

【管理人Kからひと言】

管理人K001

最近の無料相談では、キャンペーンが充実している保険の無料相談もあります。管理人体験した、キャンペーン付きのおすすめ保険無料相談をランキングで紹介していますので、よろしければご覧ください。


3.告知をしたら子宮外妊娠ときの保険金はどうなる

子宮外妊娠であることを告知して、医療保険に加入した場合、保険金はどうなるかという点ですが

もし次の妊娠した際に、再度子宮外妊娠が見つかり手術した場合、子宮外妊娠に関する手術や入院などには、保険金はおりません。

それでは「保険に入る意味はない」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ですが考えてみて下さい。

病気は、子宮外妊娠だけというわけではありません。このページをご覧になっているあなたは、おそらく

「子宮外妊娠をしてしまったけど、今後のほかの病気も心配だから保険に入れるかどうか調べたい」

そのように思ってこちらのページへいらっしゃってくれていると思います。

今回は子宮外妊娠をしてしまったけど、今後の長い人生を安心し暮らしていくためには、たとえ子宮外妊娠では保険金はおりないかもしれなくても、やっぱり保険に入っておいたほうが安心できると思うのです。

子宮外妊娠でも入れる保険7_01
子宮外妊娠でも入れる保険7_02
子宮外妊娠でも入れる保険7_03
今後の長い人生に
保険があったほうが安心

【管理人Kからひと言】

管理人K001

告知している以外の部分の病気については、保険は降りますので安心して下さいね。

子宮外妊娠を体験しているにも関わらず「特定部位の不担保になるのはイヤ!」ということで、告知を避けるということはやめましょう。

そのようなことをすると、「告知義務違反」ということになり、最悪解約されてしまう場合がありますからね。

次の項で、告知義務違反がどのように怖いか説明したいと思います。


4.子宮外妊娠を告知しないで保険に加入するとどうなる。

4-1.告知違反をすると保険金は支払われない。

子宮外妊娠を告知しないで保険に加入し、その後また子宮外妊娠で手術をして、保険金の請求をし、告知違反をしたことがばれた場合、保険金が支払われないだけではすまない場合があります。

また、告知義務違反の内容によっても、重大と判断された場合は2年などの期日は関係なく、詐欺による契約の取り消しとされ、それまでに払い込んだ保険料も返金されることはありません。

4-2.告知違反は2年すぎれば大丈夫という「都市伝説」

保険の告知に関係する「都市伝説」的な話題に、加入してから2年たてば告知義務を違反して問題ないなどと言われることがありました。

ですが、これは保険の「約款」に記載されている、

「保険会会社は契約後2年の間は、正当な理由があれば、保険会社から契約者へ保険の解約を申し入れることができる」

という文章によるものだと思われます。しかしこれはまっ赤なデマです。

くれぐれも勘違いしないでほしいのが、「2年経てば、ばれても問題ない」というわけではありません。

2年を経過していても、保険金はもらえないものはもらえないですし、契約が解除される可能性はなくなりません。

ただ、持病があることを記入しなかっただけ、と思う人もいるかも知れませんが、告知義務違反は、法律的には詐欺と同じなのです。詐欺ということは、「詐欺罪」で訴えられると逮捕もありえるのです。

子宮外妊娠保険入れる8_01
子宮外妊娠保険入れる8_02
子宮外妊娠保険入れる8_03
悪質な場合は逮捕もあり得るので注意


5.「子宮外妊娠したあとでも、保険に入れる?」まとめ

以上、「子宮外妊娠したときに保険に入れる?」ということで紹介してきましたが、お分かり頂けたでしょうか。以下、まとめてみたいと思います。

  • 子宮外妊娠をしていても、保険には加入できます。
    子宮外妊娠していても、保険には入れます。ただし加入する時期や、加入の方法によって、一般の保険に入るか、引受緩和型の保険に入るか、特定部位の不担保の保険に加入するか、加入の形態を選ぶ必要があります。

    いずれにしても保険には加入できます。
  • 子宮外妊娠をした経験を、正直に告知して加入しましましょう。
    子宮外妊娠をした経験は、正直に告知をして保険に加入をしましょう。

    告知をしたからといって、保険に加入できないわけではありません。「特定部位不担保」にしたり、緩和型保険に加入するなどして、保険に加入する方法はいくつもあります。

    告知義務違反だけは、行わないようにしましょう。

女性保険の引き受け条件については、いろいろな条件があるので、私たち素人にはわかりにくいものです。

そんなときは保険の無料相談を上手に利用しましょう。

保険無料相談もいろいろなとサービスがありますが、女性FPを担当として指名できる保険無料相談が人気です。

女性保険に関しては、繊細な問題が多いでしょうから、男性のFPではなく女性のFPが相談にのってくれるほうが、相談をしやすいと思います。

【管理人Kからひと言】

管理人K001

吸引分娩したのちの保険の加入については、女性FPの無料相談を利用してみませんか?無料の保険相談サービスで女性FPを選べるサービスを三選ご紹介していますので、よろしければご覧ください。


「子宮外妊娠でも保険に入れる」関連記事

子宮外妊娠の場合、保険には入れるの?

画像の説明

まず、帝王切開で出産を経験してしまうと、その後の出産に関する保障について対象外となる可能性が高くなるなど、妊娠、出産後に医療保険に入れることはあっても、条件としては不利になってしまうケースが多いです。
つづきはこちら⇒クリック


吸引分娩でも保険金が出る場合
つづきはこちら⇒クリック


女性に人気のフェミニーヌに加入するときの注意点
つづきはこちら⇒クリック


管理人Kからひとこと

管理人K005

必ず保険無料相談は3社利用しましょう。「3社も面倒だよ」という声も聞こえて来そうですが、管理人Kは1社だけに相談して失敗した経験をしたからです。管理人Kの失敗もランキングページで紹介しているので、反面教師として、見てみて下さいね。⇒管理人Kの「辛口保険無料相談ランキング」


【関連タグ】