保険相談して商品券

収入保障保険とは

収入保障保険は近年話題になっている保険です。お金に関する本などでも取り上げられ、保険は収入保障保険だけでよいともいわれる人気の保険でもあります。

画像の説明

収入保障保険は、大きな死亡保障を低コストで得られる保険として、使い勝手の良い保険といわれています。収入保障保険とは、保障は死亡・高度障害のみで、病気やケガで入院したり通院したりなどの保障はない保険です。


収入保障保険とはその名称の通り、被保険者が保険期間中に死亡したとき、または高度障害状態になったときに、収入保障年金、高度障害年金を保険期間が満了するまで毎月支払われます。これによって、毎月一定の収入を確保することができます。


収入保障保険は保険会社によって保険の名称も異なり、保障のタイプも違っています。保険料の払込期間や最低支払い保証期間などを、契約時に決めて加入します。


収入保障保険就業不能保険

ところで、就業不能保険と似たような名前で「収入保障保険」というものが存在するのをご存知でしょうか。こちらは万一被保険者が亡くなった場合、残された家族に指定の給付金が支払われるというもの。死亡時の保障には対応しておらず、あくまで被保険者が生きていることが前提となります。

また損害保険会社には就業不能保険と近い内容のものに「所得補償保険」と呼ばれる商品がありますが、基本的に契約期間が原則1年と短く、保障期間も1年、2年など年単位のものが多いのが特徴です。

これと比較すると就業不能保険は更新の必要なく保険期間が満了するまで、例えばライフネット生命であれば最高70歳まで、アフラックでも65歳まで給付が保障されているので長期にわたる安心を得られるのが嬉しいポイント。

収入保障保険のメリット

収入保障保険のメリットとしては、保険料が安いことです。収入保障保険は単純に死亡・後遺障害を保障する保険であるため、保険に加入して間もない頃に被保険者が亡くなったときにも、保険期間の満了まで保険金を受け取ることができます。

収入保障保険のデメリット

ただし、保険期間の満了が近い頃になって亡くなったときには、保険金を受け取る期間が短くなります。収入保障保険は時間の経過とともに、保障が減っていく保険なのです。


保障が減っていくということは、高齢になってリスクが高くなり保険料がアップしていく時期の保障を抑えるということです。そのために、保険料が安くなっています。


収入保障保険には各保険会社によって、さまざまな特約が付帯できたりしますので、その保険商品によって条件は変わってきます。契約する際には、しっかりと保障内容を確認することが大切です。

収入保障保険のタイプについて

画像の説明

収入保障保険にはさまざまな種類があります。単純に死亡時に保険金が支払われるイメージがある収入保障保険ですが、それだけではありません。収入保障保険は基本的に死亡と高度障害時に保険金が支払われる保険ですが、死亡時だけではなくがんなどの病気になった場合にも、収入保障が支払われるものがあります。このような収入保障保険は、闘病中の費用としてだけでなく・・・

収入保障保険のおすすめ

画像の説明

収入保障保険は、近年お金の関連本などでも話題になっている注目の保険です。ファイナンシャルプランナーによっては、保険はこの収入保障保険だけでよいといわれる人もいる収入保障保険は、どんな人に合っているのでしょうか?


収入保障保険の特徴は、高額な死亡保障が欲しいという人に保険料が安いこと、保険金をまとめて受け取らないため使い込んでしまうことがないことがあります。