現在の位置:トップFPに聞いた保険の選び方→医療保険が心配な方

HomeRanking保険相談口コミ学資保険女性保険がん保険持病保険加入

大丈夫ですか?その医療保険の選び方

私たちは十分な説明も受けず、万が一の時には「使えません」と言われかねない医療保険に加入させられていたということです。

このページの目次:


保険相談をしてキャッシュバックの裏ワザ【裏ワザ情報】

保険無料相談をして、商品券の提供サービスが廃止になった2017年でも、キャッシュバックを受ける裏ワザが実はあるんです。

2017年秋キャッシュバックキャンペーン2
キャッシュバック方法

医療保険とは

画像の説明

医療保険とは、医療保険に加入している場合に、医療保険に加入している間に、病気や怪我で入院したり手術をしたりした際に、加入時に決められた額にしたがって、入院給付金や手術給付金を、保険会社から受け取ることができる保険の種類です。


私たちが入社したころは、主に死亡保険ばかりがクローズアップされていて、医療保険は特約でつけるおまけみたいなものでしたが、平均寿命が高くなるに従って、生命保険各社は今までの主流であった死亡保障よりも、この医療保険に力をおきはじめているそうです。


これは、死亡するリスクよりも、長生きしてその間にかかる医療費に関するリスクを重要視しはじめた結果そのようになっているといえるそうです。


都市化・核家族化が進み高齢者だけの世帯が急激に増える傾向があります。高齢化家庭においては、死亡に対するリスクよりも、長生きをすることによる医療や介護のリスク、家計にあたえるリスクのほうがより大きな問題となってくるというわけです。

画像の説明

今までの医療保険の選び方の問題点

画像の説明

現在のように外資系の保険が日本に入ってくる前、私たちは日本の大手の保険会社のいいなりに、様々な保険に加入されてきました。それしか方法が無かったからです。


その中で医療保険の選び方には随分と問題点が多かったような気がします。というのも、その当時に加入した医療保険は本契約ではなく、本契約の特約として、おまけみたいにくっつていただけなんです。


ということは、本契約が満了になってしまうと、当然その医療保険も使えなくなってしまうということなんです。保険料の支払いを終えた60歳頃になって、医療保険はもうつかえませんなんて随分とひどい話だと思いませんか?


私たちは十分な説明も受けず、そのような医療保険に加入させられていたということです。

医療保険の選び方で気をつけること

画像の説明①一回の入院で何日まで保障されているのか
画像の説明②何日めの入院から保険料が支払われるのか
画像の説明③入院1日に対していくら保険料が支払われるのか
画像の説明④通算で何日の入金期間が保障されているか
画像の説明⑤手術給付金や、診断一時金の金額と回数はいくらなのか

以上の5点についてチェックする必要があります。
保険無料相談は今では殆どしつこい勧誘はありません。私が14社相談をした中で、しつこく電話をしてきたのは2社だけです。そのほかのところは、全く勧誘の電話もしてきません。

無料で相談にのってくれて、しつこい勧誘も無いなんて
利用しない手はないと思いませんか?


医療保険の選び方に必要なライフプランニング

家族

近年増えている保険の見直し相談でも、メインは生命保険ですが医療保険も含めてライフプランニングをしながら、どんな保障の保険が必要かを見極めます。


生命保険も死亡保障だけではなく、病気になったときやケガをしたときに保障されますが、医療保険はさらに厚い保障が受けられるものがあります。たとえば、病気やケガで入院したとき、何日の入院から保障が受けられるかは、加入する医療保険によって変わってきます。また、通院したときでも給付金が受け取れる医療保険と、給付金は出ない医療保険があります。このあたりのことも医療保険の選び方としては大切でしょう。


医療保険は、基本的に治療を目的とした病気やケガで入院した場合の費用を保障するものですが、最近は保険会社によって、保障範囲がさまざまに広がっている医療保険が増えています。


病気やケガによる入院に対してという医療保険ですから、検査入院や正常分娩、美容整形などは治療を目的とするものではないため、保障の対象にはなりません。


保険マンモスの評判で聞いたところによれば医療保険は各保険会社によって保障内容が違っていますが、入院給付金は基本的に支払い限度日数が決まっています。1回の入院につき、給付金が支払われる日数は決まっているということです。また、同じ病気で再度入院したときは、1入院とカウントされることが多いようです。


医療保険は病気やケガによって入院したときに保障してもらうために加入しますが、支払われない場合もあります。これは、保険会社が決めた契約内容によりますので、保障内容をしっかりと確認して加入することが大切です。また、契約するときに免責事項を確認することも必要です。

保険無料相談おすすめランキング
ランキングへ

失敗しない保険選びをするために

失敗しない保険選びをするためには、保険の無料相談を利用して、保険について詳しくなることです。

そうすれば私の「パスポート21」のような失敗をしなくても済みます。

私が体験した中で、おすすめできる保険無料相談の情報です。

ベテランのFPに安心して相談できたサービス

保険ビュッフェ150

「保険相談をして商品券」で評判の保険のビュッフェの無料相談です。ただし保険相談の目的は、保険料を安くするための、良いアドバイスをもらうことです。保険のビュッフェは、ベテランのFPに相談して、保険料を下げるために、しっかりとしたアドバイスをくれて、しかも商品券までくれたサービスの体験談です。

最近評判のほけん百花

メットライフを進めたほけん百花

オリコンで「店舗部門保険相談ナンバー1」に輝いたほけん百花。オリコンでナンバーワンをとる実力は?私がほけん百花で面談する様子をレポートにまとめてみました。

保険無料相談のランキング

http://info-var.com/hoken/index.php?go=U9dTYZ]],ランキング

保険料を安くするために、私は全部で14社の保険見直し相談をしました。保険を安くしようと思えば、保険相談をいろいろ利用して、信頼できるFPへ出会うことが大切です。私が体験した無料相談の中でおすすめの保険相談ランキングは?

保険相談をしてキャッシュバックの裏ワザ【裏ワザ情報】

保険無料相談をして、商品券の提供サービスが廃止になった2017年でも、キャッシュバックを受ける裏ワザが実はあるんです。

関連ページ




保険無料相談を積極的に利用しましょう

失敗しない保険選びをするためには、保険無料相談を上手に活用しましょう。

画像の説明

保険無料相談にはいろいろなウワサがあります。「保険を見直して安くできた」「公平に保険の提案をしてもらってよかった」「わかりやすく保険を教えてもらった」などの良い評判がある反面で、「特定の保険会社だけを紹介された」「不要と思われるものも提案された」という悪いうわさもあります。


実は失敗しない保険見直しをするためには、コツがあるんです。失敗しない保険選びや保険の見直しをするために、そのコツを私の体験に基づいてまとめてみました。きっとお役に立つと思います。

失敗しない保険選びのコツ.

保険は素人の私たちにはわかりにくく、えらびにくく出来ています。あるFPさんに聞いたところでは、あえて保険はわかりにくくしているという情報も得ています。そのような保険を素人の私たちが選ぶのは無理です。

だからこそ保険無料相談を利用して、保険の勉強しましょう

思い返してみて下さい。入社してからあなたがこれまでに支払ってきた保険料を。例えば30年間支払ってきたとして、毎月3万円支払ってきたとしたら、今までいくら支払ってきたのでしょう?3万円×12ヶ月×30年=1080万円。それに応じた保障をあなたは受けることができましたか?いつまで保険会社のいいなりで搾取をされますか?


保険無料相談は今では殆どしつこい勧誘はありません。私が14社相談をした中で、しつこく電話をしてきたのは2社だけです。そのほかのところは、全く勧誘の電話もしてきません。

無料で相談にのってくれて、しつこい勧誘も無いなんて
利用しない手はないと思いませんか?