入院保険いくらもらえる

現在の位置:トップFPに聞いた保険の選び方入院保険いくらもらえる

いざと言うときどうしますか?

80%,画像の説明

入院して手術を受けることになりました。
いくらくらいもらえるのか事前にわかりますか?

いざ手術を受けるとなると、手術給付金や入院給付金のことは気になるものですね。


【裏ワザ情報】保険相談をしてキャッシュバックの裏ワザ

2017年に保険無料相談をして、商品券の提供サービスは廃止になりました。


だけど、、、今でも、キャッシュバックを受ける裏ワザが実はあるんです。


手術給付金

80%,画像の説明

手術給付金の対象となる手術は、治療を目的とする手術で、ご契約のしおり・約款をご確認いただくのが一番分かりやすいです。

88種類の項目に分かれているものと、公的医療保険制度連動型があります。

契約のしおりには、給付金をお支払いできない場合についても記載されていますので、この機会に一度ご覧になってはいかがでしょうか。

分かりにくい場合には、コールセンターなどへ問い合わせると良いでしょう。
その際には、正式な術名やKコードなどを伝えるとスムーズな回答を得られます。

従来は、約款で定められた88種類の手術をしたときに手術給付金を受け取れるタイプが殆どでした。

88種類とは、「乳房の手術」「筋骨の手術」「呼吸器・胸部の手術」など、身体の部位別に分けて更に手術の種類を分類しています。

生命保険を申し込むときに受け取った約款に、対象となる手術および給付倍率表が記載されています。


公的医療保険連動

公的医療保険連動タイプは、病院の会計時に受け取る「請求書 兼 領収書」にて手術の項目に点数が入っている場合には、支払いの対象となる可能性があります。

ただし、傷の処置や皮膚や鼓膜の切開、骨・関節の非観血的征服術および非観血的授動術、外耳・鼻腔の異物除去、魚の目、タコ手術後縫合などについては支払い対象外となる契約もあります。

同じ公的医療保険連動タイプの保険で、同じ手術を請求するのに、A社では支払い対象となり、B社では対象外となるということもあり得ますので、よく確認して請求漏れのないようにしましょう。

公的医療保険連動の場合、新しい手術も給付の対象となりますが、給付金の支払いが膨らまないように、支払い倍率を低く抑えている保険もありますので、保険を比較する際には、入院日額だけではなく、手術給付金の倍率や条件なども確認しておくと良いでしょう。


入院給付金

入院給付金の場合には、日額×日数分ということで、各社大きな差はないように見えますが、最近の医療保険では、5日未満の入院で5日分の入院給付金が支払われるタイプなど、様々な特徴を持つ医療保険も発売されています。

継続中の保険の内容をしっかり理解することも大切ですし、新規で検討の際には、選ぶ方の知識というものも必要になって来ます。

支払える保険料と希望の保障内容と、バランスよく備えるためには、専門家のアドバイスも必要になってくるのではないでしょうか。


まとめ

80%,画像の説明

複数の保険を継続中の場合、保障内容の違いによって給付の対象であるかどうかや給付される入院給付金の日額や手術給付金の倍率が異なります。

また、入院給付金等の請求書は入院の前に請求することも可能です。

退院後の通院などは請求忘れも多いものなので、通院給付金の特約を付加しているならば、忘れず請求してください。



【裏ワザ情報】キャッシュバック付き保険無料相談情報

2017年に保険無料相談をして、商品券の提供サービスは廃止になりました。


だけど、、、今でも、キャッシュバックを受ける裏ワザが実はあるんです。

関連ページ




このサイトの人気記事BEST3

安心して相談できた生命保険無料相談ランキング

生命保険無料相談ランキング

保険の見直し相談はどんどん利用して、自分にあったFPを見つけのが安全に見直しをするコツです。保険無料相談のFPは、殆どの人たちが私たちの利益になるようなアドバイスをくれます。『このFPは公平じゃないな~』と私が感じたのは、私が体験した14社の中では4人ほどでした

失敗しない保険の選び方

女性保険の選び方

保険見直しFPの中には、自分の利益の大きい保険商品を売り込もうとするFPがいることも事実です。保険見直しの会社は保険会社や保険代理店からの莫大な広告費などで運営していますが、保険FPはそれらの保険見直しの会社と契約をとりかわして、無料相談を行っている人たちが殆どです。

保険のココ教えて

保険 選び方

保険のよくある質問にお答えします。
わたしはFPへ保険の無料相談をしたときに、保険のわからないことについて、いろいろとヒアリングしました。保険の素人の私が質問した内容は、おそらく読者の皆様も疑問を持っていることだと思いますので、質問の内容と回答をシェアしたいと思います。

保険選び方ランキング

関連ページ