傷病手当金とは

傷病手当金とは、給与の3分の2のお金を、1年半の間受け取ることができる仕組みです。

傷病手当金は、健康保険に加入している会社員であれば、欠勤して4日目から、給与の3分の2を受け取ることができる制度です。

傷病手当と就業不能保険の関係_01
傷病手当と就業不能保険の関係_02
傷病手当と就業不能保険の関係_03

自営業者や非正規社員にはない「傷病手当金

この傷病手当金ですが、非正規社員や自営業の人は、国民年金の制度自体が、傷病手当金の対象外です。

傷病手当金の対象外となる人

  • お店を経営しているなどの自営業者や専従者
  • 個人診療所の医師・歯科医師・薬剤師や専従者
  • 税理士・社会保険労務士・行政書士などの個人事業主や専従者
  • 農業や漁業にたずさわっている方

傷病手当と就業不能保険の関係_国民年金_01
傷病手当と就業不能保険の関係_国民年金_02
傷病手当と就業不能保険の関係_国民年金_03

私が毎月の保険料を安くできた方法

私が毎月の保険料を、納得した内容で安くできたのは、生命保険の無料相談を何度も利用して、徹底的に自分が気になっている保険について、プロへ相談したからです。

生命保険の無料相談は、「しつこい勧誘があるんじゃないの」とか「相談会社のお得な保険ばかり売りつけられるんじゃないの?」とか

「保険相談って公平じゃないって聞くよ」などなど、保険の無料相談について心配する人もいるかと思います。

ですが、断言します。

「しつこい勧誘がある保険無料相談は、まずありません」

また、確かに保険無料相談は、各社で扱っている商品が決まっているため、提案内容に偏りがあるのも事実です。

ですからだからこそ、私は

保険の無料相談は、3社以上利用して、自分で公平に判断する知識を身に着けることを、おすすめしているのです。

関連タグ