FPに聞いた保険の選び方

Lifull保険相談の評判

Lifull保険相談の口コミ

Lifull保険相談とは

離婚のときの保険の見直し

相続税対策として注目を集める家族信託とは

入院保険いくらもらえるの?

生命保険を活用して資産総額を減らして節税対策

保険料の支払い猶予期間とは

引受基準緩和型保険とは

20代女性のための保険の選び方

50代女性の保険の選び方

保険の見直しは慎重にしたほうがいいという3つの理由

20代のうちに検討したい女性のためのおすすめ医療保険

高額療養費制度を利用する場合は、限度額適用認定証を提示しましょう。

就業パターン別の保険の選び方を保険FPが解説

乳がんに備えるがん保険を徹底比較

生命保険を見直したい!ネット生保って何ですか?

無選択型保険が人気な理由

保険金の受け取りと相続について

新社会人のための保険の選び方


転職 保険見直し

出産 保険見直し

住宅ローン 保険見直し

終身保険と定期保険

「引受基準緩和型保険」の比較

やっぱり高い「持病があっても入れる保険」

オリックス生命の「 新キュア・サポート」の評判

持病があっても入れる保険商品

割高な「引受基準緩和型保険」

持病でも入れる保険「引受基準緩和型保険」とは

うつ病でも給付される就業不能保険とは

学資保険の特徴・内容とメリットデメリット

学資保険を選ぶ時のポイント

生命保険と相続税について質問

親が死亡したとき子供が受け取る相続税について

みなし相続財産について

生命保険の名義変更と相続について

生命保険で行う中小企業の事業継承対策

母親の保険を夫が支払っているときの相続税

保険金・給付金の請求には時効がある

子どもが18歳までに貯蓄が必要な理由

戦争になった場合の保険の選び方

養老保険はお得?

養老保険は得か

結論からお伝えすると、この記事を書いている現段階で、生存祝金がもらえるタイプの保険は今はお得ではないことが多いです。

掛け捨ての保険に入って差額を貯金したほうがもらえる(貯まる)お金は多くなります。

定期保険について教えて下さい

定期保険ってなに

定期保険の特徴は格安であるということ。定まった期間のみの保障をするのが定期保険ですから、基本的に掛け捨てになっているわけです。その分保険料が安くなっていますので、最初から大きな保障が必要になる期間がわかっている場合などに利用すれば、最大限のメリットを得ることができます。

夫が死亡した時の必要な保障額の考え方を教えて下さい。

死亡した時の必要な保障額

世帯主に万が一のことがあった場合に必要となる保証額については、それぞれの家庭によってことなります。簡単な計算式で説明すると、「家族に必要となるお金」-「入ってくるお金」=「必要な保障額」ということになります。家庭に必要な保障額については、ご家庭の中で話し合いをしなければ決められないというわけです。

養老保険とはなんですか?

養老保険とはなんですか

養老保険とは、満期保険金と死亡保険金が同額になっている保険のことをいいます。満期保険金とは満期時にもらえる貯蓄型の保険金のことです。この貯蓄型の保険は元本割れすると否定される人がいますが、養老保険は基本的に元本割れがありません。特約なしの単独の養老保険なら元本割れはしないのです。ただし・・・

高額療養費制度 限度額

高額療養費制度の限度額

病気やけがをして手術や入院をしなければならなくなったとき、1か月あたりに個人が負担しなくてはならない医療費の限度額が決まっています。それが「高額療養費制度」と呼ばれる国の補償です。たとえば1か月に100万円の治療費が掛かったとしても、個人が負担しなくてはならない限度額は9万円ですむようになります。

あなたの保険大丈夫?

あなたの保険大丈夫

初めて保険を選ぶとき、なんとなく保険レディのすすめに従って、深い考えも無く加入した方が多いのではないでしょうか。私は自分の保険を見直ししなければいけない事情があり、今加入している生命保険の外交員にヒアリングをしてみました。そうすると「そんなの聞いてないよ!!!」といった事柄が次々に出てきたのです。

しつこい勧誘があるとき

しつこい勧誘があるとき

無料で相談できる保険相談サービスがたくさんありますが、無料というとその後の勧誘がしつこいのではないか心配になると思います。その点、保険マンモスやLife Moneyでは、相談を担当したFP(ファイナンシャルプランナー)が、お客様にご迷惑をおかけしない様に『イエローカード制』を導入しているそうです。

今の保険に不安な方

今の保険に不安な方

あなたが加入している生命保険が今のままで良いかのか不安になってしまうのは、多くの場合、ご自分の生命保険の内容を十分に理解なさっていないことが原因だと思います。これは、生命保険無料相談を利用して生命保険について詳しくなり、適切に生命保険の見直しを行うことによって、解決することができます。

保険料を安くしたい方

保険料を安くしたい方

私は年間の保険料を下げるために、3っつのステップを実行することで、年間20万円近くの保険料を下げることができました。資料請求すると、以前の保険と様変わりしているのに、驚くと思います。私がまず行った一つ目のステップはこの資料請求です。資料請求には一括して請求できるところもあるので、御利用されると便利かと思います。

老後の生活が心配な方

老後の生活が心配な方

生命保険についての考え方に、「死亡リスク」、「医療リスク」、「長生きリスク」というものがあります。最近の保険の中には、特にこのような「長生きリスク」へ対応するものが多く出てきています。今まで生命保険の多くは「死亡リスク」へ対応するものが主流でした。しかし実際には、多くの方が無事に老後の生活を過ごすことになります。

医療保険が心配な方

医療保険が心配な方

ひと昔前までは死亡保険ばかりがクローズアップされていて、医療保険は特約でつけるおまけみたいなものでしたが、平均寿命が高くなるに従って、生命保険各社は今までの主流であった死亡保障よりも、この医療保険に力をおきはじめているそうです。これは、死亡するリスクよりも、長生きしてその間にかかる医療費に関するリスクを重要視しはじめた結果といえそうですね。

健康に不安がある方

健康に不安がある方

「病歴があるから」「告知が必要だから」といって、保険に加入することをあきらめていませんか?正直に告知することによって加入できる保険や、若干保険料があがるだけで加入できる保険もあります。保険無料相談を利用すると、病歴があっても入れる良い保険商品が見つかる可能性は高いです。

結婚する時の保険選び

結婚する時の保険選び

結婚したときの保険見直しでは、食費、光熱費、住宅資金などお金の管理について、夫婦がどのように考えているのか確認することが必要です。独身のときと違い、夫婦共働きをこれからも続けるのか、子供を授かる予定があるか、マイホーム資金は必要かなどのライフプランの変化により、どれだけの保障が必要になるのか改めて考え直さなくてはいけません。

FPに無料相談したい時

FPに無料相談したい時

ファイナンシャルプランナー(FP)が、無料で生命保険見直しの相談に乗ってくれるサービスはとても役に立つんです。「時間がとられていやだ~」、「しつこい勧誘があるんじゃないの」と心配の方もいらしゃるかもしれません。だけど、実は、多くのお金や時間を節約することができるんです。

相続税を保険で減らす

相続税を保険で減らす

相続税を保険で減らすことができるという記事がありましたので紹介します。2015年1月から相続税の基礎控除が引き下げになりますね。現在の相続税の基礎控除額が現行より6割に減らされてしまうということです。これまでの法律とはどのくらいの差があるのでしょうか。現行の相続税の基礎控除額は・・・