介護保険とは

私はほけん百花の無料相談をして、『介護保険について真剣に考えなければならない』と感じました。

それまで、「介護」とか「老後」とかといったものは、遥か遠い先のことだと思っていたわけです。そして「何とかなるだろう」と思っていたのです。

そんな私にほけん百花のFPさんは、「これからの老後は絶対に社会保険だけではなんともなりません。国の社会保険制度は破たんへ向かって一直線です。ご自分の老後はご自分で守るしかないのです。」そのように教えてくれたのです。

このほけん百花の言葉を聞いて、私は介護保険について真剣に考えなければならないと思ったのです。そこで知り合いのFPさんへヒアリングをしながらまとめたのがこのページです。

このページの目次

介護保険制度は、まだ新しく2000年4月からスタートしました。
介護保険制度が始まる前は、高齢者介護に関する制度として、老人福祉・老人医療がありました。

画像の説明

老人福祉の課題

老人福祉で対象となるサービスは、特別療護老人ホーム・ホームへプルサービス・デイサービス等があったのですが、

  • 市町村がサービスの種類、提供機関を決める為、サービスの選択をすることができない。
  • 所得調査が必要な為、利用に当たって心理的抵抗感が伴う。
  • 本人と扶養義務者の収入に応じた利用者負担(応能負担)となる為、中高所得層には重い負担
  • 市町村が直接あるいは委託により提供するサービスが基本である為、競争原理が働かず、サービス内容が画一的となりがち、などといった問題点が上がってきていました。

老人医療で対象となるサービスは、老人保健施設・療養型病床群・一般病院等・訪問看護・デイケア等でしたが、中高所得者層にとって利用者負担が福祉サービスより低く、また、福祉サービスの基盤整備が不十分であったため、介護を理由とする一般病院への長期入院の問題が発生し、

  • 特別養護老人ホームや老人保健施設に比べてコストが高く、医療費が増加
  • 治療を目的とする病院では、スタッフや生活環境の面で、介護を要する者が長期に療養する場としての体制が不十分(居室面積が狭い、食堂や風呂がない等)といった問題がおきていました。

画像の説明

介護保険が産まれた経緯

このような課題があり、介護保険が産まれたということになります。従来の老人福祉・老人医療制度による対応には限界になり、さらに、

  • 高齢化の進展に伴い要介護高齢者の増加、介護期間の長期化など、介護ニーズはますます増大。
  • 一方、核家族化の進行、介護する家族の高齢化など、要介護高齢者を 支えてきた家族をめぐる状況も変化。

このような状況があり、高齢者の介護を社会全体で支え合う仕組み(介護保険)が創設されたというわけです。

介護保険の特徴

介護保険とは簡単に言うと、みんなで支え合う制度です。
「介護を必要とする高齢者の、治療や介護等にかかる負担(費用、家族介助、福祉施設利用料等)を社会全体(それぞれが住む市町村・特別区※が運営して、40歳以上の人が加入者となって支援する為の保険制度」です。
介護保険と言うより、介護支援制度といった方がしっくりくる気もします。

介護保険の基本

介護保険の基本となるところは、

  • 自立支援 単に介護を要する高齢者の身の回りの世話をするということを超えて、高齢者の自立を支援することを理念とする。
  • 利用者本位 利用者の選択により、多様な主体から保健医療サービス、福祉サービスを総合的に受けられる制度
  • 社会保険方式 給付と負担の関係が明確な社会保険方式を採用
    この理念を元に作られたのが、介護保険です。
    介護を必要としている人が日常生活を送れるよう、介護や支援サービスを、当人や家族の負担を減らして受けることができるようにする社会を作るための制度が介護保険なのです。

この記事を書いたFP:AKIさん

女性6

・保険のコンサルティング
・AFP資格保有者
・真摯なわかりやすい記事を書けるよう心がけています。



>>介護保険のトップへ

関連ページ