アフラックの「給与サポート保険」の評判を、保険のプロへ聞いてきたので、気を付けるポイントをシェア

アフラックの「給与サポート保険」には、いろいろと注意点があるようです。

給与サポート評判

テレビで評判の「アフラック」の「給与サポート保険」について、保険のプロへ聞いて聞いてきました。

「アフラック」の「給与サポート保険」は、TVのCMでは「誤解を受けるんじゃないか」と思われるところもあるので、

FPさんが教えてくれた、「給与サポート保険の気を付けるポイント」について、シェアします。

アフラック給与サポート保険口コミ006_01
アフラック給与サポート保険口コミ006_02
アフラック給与サポート保険口コミ006_03


このページの目次

【裏ワザ情報】保険相談をしてキャッシュバックの裏ワザ

2017年に保険無料相談をして、商品券の提供サービスは廃止になりました。


だけど、、、今でも、キャッシュバックを受ける裏ワザが実はあるんです。



「給与サポート」には免責期間(保険金が支払われない期間)があります。

TVCMを見て勘違いされている方も、多いのではないかと思いますが、

給与サポート評判02

給与サポート保険は、働けなくなったからといって、すぐに給付されるわけではありません。

免責期間が60日あります。免責期間とは、保険金が支払われない期間です。

つまり、働けなくなっても、60日間は給与サポート保険の、保険金は給付されないのです。

60日以上も働けない深刻な症状でなければ、

保険金は支払われない

ということなんです。

アフラック給与サポート保険口コミ010_01
アフラック給与サポート保険口コミ010_02
アフラック給与サポート保険口コミ010_03
パンフレットにも
しっかり記載されてます。

医者の診断書などを貰い、60日間以上就労が困難であるという証明を貰わなければ、給付金は受け取れないということなんですね。

ちょっとしたケガや手術で、2週間くらい働けない場合は、給与サポート保険からの給付は受け取れませんので、注意が必要です。

給与サポートの気を付けるポイント2:在宅勤務や内職などができる場合は、給付対象にはならない

給与サポート評判01

アフラックの「給与サポート保険」の給付対象となる状態は、病気やケガによる入院または在宅療養に限定されるということで、やはりかなり厳しいものにはなっています。

しかも、在宅療養中に内職などしても、ダメです。内職というのは、働ける状態ということで、就業不能とは認められないからです。

アフラックの「給与サポート保険」では、「就労困難状態」とは

1:医師による治療が必要で、自宅治療が困難で入院していて、常に医師の管理下で治療に専念する状態。

2:在宅療法においては、医師の管理下で、計画的に治療に専念し、自宅などから外出が困難な状態。

などなど、厳しい制限が記載されています。

医師の判断がまず前提にはなりますが、

在宅療養においては障害等級1級・2級レベル、もしくはそれに準ずるものでないと残念ながら条件を満たすことはできません。


うつ病では支払いがされない、アフラックの給与サポート保険

良い点ばかり強調される、アフラックの給与サポート保険ですが、実はデメリットもあります。

多くの就業不能保険も同様ではありますが、うつ病などのストレス性疾患での支払いは対象外です。

アフラック給与サポート保険口コミ001_01
アフラック給与サポート保険口コミ001_02
アフラック給与サポート保険口コミ001_03

カタログにも小さく、「精神障害や妊婦。出産などによる就労困難状態はお支払いの対象となりません。」と記載されています。

ストレス性疾患を枠内に組み込んでしまうと、保険会社のリスクは格段に上がることになるので、譲れない点であるのは理解できます。

うつ病では支払いされないアフラック

しかし、実際ストレスによる過労死や休業は年々増加傾向にあるのが現状で、時代のニーズに比例した早急な改善を期待したいところです。

アフラックは就労困難になっても保険金を支払い続ける必要がある。

アフラック給与サポート口コミ払い続ける_01
アフラック給与サポート口コミ払い続ける_02
アフラック給与サポート口コミ払い続ける_03

アフラックの「給与サポート」のデメリットとしては、たとえ就労困難状態となり実際に給付金が発生していたとしても、月々の保険料の払い込みは継続されるという点。

労働などでの安定した収入が見込めない状況下では、僅かな保険料であっても家計には深刻な打撃です。

給与サポート保険の保険料が飛び抜けて高すぎるなどといったことはありませんが、それでももっと保険料を抑えた様々な良い商品が他社から販売されているのも事実。

いざ加入してから後悔のないようしっかりと熟考し、納得のいく商品選びに努めたいものですね。




給与サポート保険の保険料を安くする方法。

保険の組み方のカスタマイズができる給与サポート保険

給与サポート保険は、保険の組み方のカスタマイズができる保険です。

給与サポート保険には、受け取る給付金に、「短期回復支援金」と「長期療養支援金」というものがあります。

給与サポート支払い期間_01
給与サポート支払い期間_02
給与サポート支払い期間_03

この給付金を、例えば、40歳男性の保険料を、短期・長期とも同額の月20万円で設定した場合、月額保険料は7,120円。

ですが、短期のみ半額の20万円で組み直した場合、月額保険料5,450円と実に1,670円も保険料を抑えることが出来るのです。

短期の場合は、傷病手当金の支給されるタイミングとも、リンクする場合が多いので、家計のお財布事情とよく相談し、是非とも有効利用したいプランですね。

いろいろと注意ポイントの多いアフラックの「給与サポート保険」。

アフラックの「給与サポート保険」の注意点は、加入前にプロへ確認がおすすめです。


辛口ランキング_01
辛口ランキング_02
辛口ランキング_03



【裏ワザ情報】キャッシュバック付き保険無料相談情報

2017年に保険無料相談をして、商品券の提供サービスは廃止になりました。


だけど、、、今でも、キャッシュバックを受ける裏ワザが実はあるんです。


アフラックの給与サポート保険が、「短期支援金」と「長期支援金」を設けている理由

傷病手当金の支払い期間とのリンクしている「短期支援金」

給与サポート保険の保障は、就労困難状態が60日継続した翌日から、最大18ヶ月、1年半の間生活をカバーする「短期回復支援給付金」からスタートします。

これは、公的保障の傷病手当金の支払い期間とリンクさせているためです。

傷病手当と就業不能保険の関係_01
傷病手当と就業不能保険の関係_02
傷病手当と就業不能保険の関係_03
傷病手当金の支払いイメージ

この「短期回復支援給付金」ですが、5万円~20万円内で、1万円単位から給付金を設定することが可能です。

細かく区切られているということは、生活レベルのリアルな数値に限りなく寄せることができますし、余分な保険料の支払いを抑える効果も、期待できます。

そして18ヶ月以降も同様の状態が継続ということになると、今度は保険期間満了まで「長期療養支援給付金」の出番です。

給付金額は5万円~最大40万円までと、傷病手当金の保障が切れる分、高額の設定も可能になっています。

つまり、厚生年金加入者であれば、公的保障である傷病手当金が適用される期間である「短期回復支援金」は、保険料節約のため少なめに設定するというケースがやはり多いようです。


関連ページ










長期給付無事故支払金という嬉しいボーナスもある。

また給付サポート保険は「長期給付無事故支払金」という一時金制度を設けているのも見逃せないポイントです。

被保険者が60歳ないし65歳の保険期間満了時に生存していること、そして保険期間中に長期療養支援給付金が支給されていないという場合に限り、

満了時に1度限りではありますが、長期療養支援給付金と同額の支給金を受け取ることが出来るというシステムです。

月額20万円の長期保障を設定していれば、同額の20万円がお祝い金のような形で頂けるというわけですね。

短期保障の給付に関しては条件外ですから、もし1年半の間短期回復支援金を受け取っていたとしても給付が受けられるのは有り難いところです。

アフラックの給与サポートに限らず、就業不能保険に免責期間がある理由

アフラックに限らず、どこの保険会社の就業不能保険も、免責期間があります。

給与サポート評判03

これは、

働けなくなってから1年6か月の間は、公的な「傷病手当金」という社会保障制度があるから。

という考えに基づきます。

1年6か月の間は、傷病手当金によって、給与の3分の2は、社会保険から支払われるます。(注)サラリーマンの場合

したがってその間は、傷病手当金で補償をうけながら、それでも不安なときのための保険が、給与サポート保険なのです。

アフラックの給与サポートには、ほかにも制限が

アフラックの給与サポート保険には、そのほかにもいろいろと制限があります。

例えば、

  • うつ病などの精神疾患の場合は、加入ができない。
  • 残念ながら主婦やフリーター、学生、パートタイムで働く人などは、加入することが出来ない。
  • 就業不能状態になっても、保険料の支払いは継続する必要がある。

などなど。

もっと詳しく知りたい人は、ほけんの窓口保険マンモスなど、安心して相談できて、しかもしつこく勧誘もされない保険の無料相談を利用してみるといいと思います。

最大70パーセントオフで、一年間何度でも使い放題

保険のプロへの相談で、旅行やショッピングなど、1年間何度でも最大70%オフになる、うれしいキャンペーンを紹介します。

失敗しない保険選びをするために

失敗しない保険選びをするためには、保険の無料相談を利用して、保険について詳しくなることです。

そうすれば私の「パスポート21」のような失敗をしなくても済みます。

私が体験した中で、おすすめできる保険無料相談の情報です。

ベテランのFPに安心して相談できたサービス

保険ビュッフェ150

「保険相談をして商品券」で評判の保険のビュッフェの無料相談です。ただし保険相談の目的は、保険料を安くするための、良いアドバイスをもらうことです。保険のビュッフェは、ベテランのFPに相談して、保険料を下げるために、しっかりとしたアドバイスをくれて、しかも商品券までくれたサービスの体験談です。

最近評判のほけん百花

メットライフを進めたほけん百花

オリコンで「店舗部門保険相談ナンバー1」に輝いたほけん百花。オリコンでナンバーワンをとる実力は?私がほけん百花で面談する様子をレポートにまとめてみました。

保険無料相談のランキング

http://www.css-kyu.co.jp/hoken-faq/index.php?go=U9dTYZ]],ランキング

保険料を安くするために、私は全部で14社の保険見直し相談をしました。保険を安くしようと思えば、保険相談をいろいろ利用して、信頼できるFPへ出会うことが大切です。私が体験した無料相談の中でおすすめの保険相談ランキングは?

キャンペーン付きで給与サポートの評判をプロへ聞いてみませんか?

給与サポートの評判をプロに相談して、1年間何度でも旅行やショッピングが、最大70%オフ!


今もっともお得なキャンペーンの保険無料相談ランキング

関連ページ




保険相談をしてキャッシュバックの裏ワザ【裏ワザ情報】

2017年秋キャッシュバックキャンペーン2
キャッシュバック方法


就業不能保険はまだ開拓され始めたばかりの新しい分野。つまりこれからいくらでも改善の余地はあるという事です。

質、量ともに充実しますます身近な保険へと成長するであろうプロセスを私達は注意深く見守り、1人1人が被保険者の立場として声を上げることが、より良い保険商品誕生のために出来る最善の方法ともいえます。

就業不能保険が人気の理由

最近テレビでもよく目にするようになったCM、西島秀俊さんと渡辺直美さんが演じるアンバランスな夫婦が繰り広げるコミカルなシーンの数々はとても印象深くつい見入ってしまいますよね。

実際このCM効果でそれまであまり聞き慣れなかった「就業不能保険」の名称はたちまち全国区になり、興味を持つ人だけではなく加入者も格段に増えました。

この「就業不能保険」という新しい分野に対し、最近になって様々な保険会社の新規参入が目立つようになりました。

これは、就業不能保険がこれまでなかなか開拓されてこなかった保険であることによるみたいです。

既に飽和状態にある日本の保険市場における新たな顧客獲得を見込める分野であることもさることながら、今の時代ならではのニーズも伴っていることが大きな要因のようです。

就労不能保険の社会的な背景

入社した会社を定年まで勤めあげるという人も年々減少傾向にありますし、不安定な世界情勢も反映されてか例え一流企業であっても常につきまとう倒産の危機や、安定した福利厚生制度の恩恵をいつまでも受けられる保障はどこにも ありません。

また働き方が多様化したことで非正規雇用で働く人の数も増え、自分のことは自分で責任をという風潮は以前より濃厚になりつつあります。

そういった世相が後押ししたこともあって就業不能保険は益々需要が高まり、今後も検討されるべき保険として注目されることはもはや間違いないでしょう。

保険無料相談おすすめランキング
ランキングへ

ではアフラックの就業不能保険「給与サポート保険」について

さて2016年夏に新たな分野である就業不能保険、「給与サポート保険」の販売を開始したアフラック。

その最大の特徴は、給付金が「短期回復支援給付金」と「長期療養支援給付金」の2段階に分かれていることにあります。

まず理解しておきたいのは給与サポート保険に限らず、殆どの就業不能保険が国や企業からの「公的保障が支給される」前提に成り立っているということ。

勿論、例えばアフラックですと5万円~50万円の給付金額の範囲内から好きに設定することは可能です。

しかしいくら不安だからといって、やみくもに上限額を上げていれば月々の保険料は当然莫大なものになりますね。

あくまで御守りの保険的な立場を前提とするのなら、こうした公的保障の導入も参考に計画を立てた方がずっと効率的ですし、安上がりですよね。

公的保障でいくらもらえるの?

その公的保障ですが、障害基礎年金の年額支給額は、障害等級1級で年額が975,125円。

子育て世代であれば18歳未満の子ども1人につき年額224,500円がここにプラスされます。

それでも平均的な子ども2人家庭のモデルケースですと月額12万円弱。

年金額

国民年金加入者で特に個人や団体の年金制度に加入していない人は最初から、厚生年金加入者であってもこれに障害厚生年金を加えた金額しか保障されないということになります。

たとえ充分な貯蓄をしていたとしても先の見えない療養生活を前に、「これで大丈夫だ」と自信を持って言える人が実際どれだけいらっしゃるでしょうか。

画像の説明
療養生活になると不安ですよね。

就業不能保険の目的はあくまで収入の減少分に対する備えということですから、つまりは足りないと不安に感じる部分を補う、補助するという感覚で選ぶことが自分に合った最適な商品に出会える近道かもしれませんね。

給与サポート保険の嬉しいポイント

また給与サポート保険の短期支援給付金にはもう1つポイントがあり、原則1回目の就労困難状態の条件さえクリアしてしまえば以降2回目~6回目の間の短期回復支援給付金は生存してさえいれば給付されるという点。

この間は就労困難状態か否かは問われないのです。

つまり療養のおかげで何とか仕事復帰が叶ったケースであっても、半年間は働きながらのサポートが受けられるということ。

療養の期間に余儀なくされた収入の減額分の補填や、ちょっとしたお小遣いに充てることの出来るお金が頂けるのはやはり嬉しいですよね。

関連ページ