がん保険 おすすめ

医療保障の対象をがんのみに絞ったがん保険は、がん治療が公的医療保険で適用できない先進医療などで高額になる医療費に備えられますのでおすすめです。

画像の説明

がんを発症する人は男性が40~50歳代、女性は30歳代から急速に増加しますが、一方でがんは治癒する時代になり、男女ともにがん発症後5年生存率が50%を超えています。

しかし、死亡原因の1位ががんであることは変わらず、毎年3人に1人はがんで亡くなっています。

がん保険の入院給付金は1日当たり1万円が標準で、終身医療保険のように1入院の日数制限はありません。

また、がん保険には診断給付金など医療保険にない項目があるのも魅力です。

おすすめのがん保険は、契約年齢の保険料が一生涯変わらず、途中で保障が途切れない終身タイプで、入院だけでなく通院保障もしてくれるがん保険がおすすめです。

資料請求数ランキングで人気が高いがん保険からおすすめの保険を紹介します。

メットライフアリコ

アリコr

メットライフアリコの終身タイプは、がん入院給付金1万円、がん診断給付金100万円(上皮内新生物は50万円)で、35歳男性の月払保険料2,506円と負担を抑えて、がんにしっかり備えたい方におすすめの保険です。
がん手術給付金は所定の手術の度に支給されますので、がんが再発した場合も安心できます。
更に万全にしたい方は、がん先進医療特約給付充実コースがおすすめです。

アフラック

アフラックの生きるためのがん保険Days終身タイプは、同じくがん入院給付金1万円、がん診断給付金100万円で手術・放射線・抗がん剤による通院の保障も日数無制限です。
抗がん剤治療は通算600万円まで保障し、フルサポートプランにすれば再発や長期の治療もしっかりサポートできるのでおすすめです。



おすすめの がん保険とは?

おすすめのがん保険とはどんな保険でしょうか?


保障に対する考え方、重視する保障によって選択するがん保険は違ってきますので、誰にでもおすすめできる保険というものはありません。


おすすめのガン保険を選ぶには、がん保険のランキングから情報収集する、ネットに公開されている保険相談例から自分にも当てはまる内容を参考にする、他の人がどのような保障に入っているのか保障内容の統計データを参考にする、郵送やネットで申し込むタイプの保険だけでなく、幅広い保険商品から選択するために、保険 相談 無料サービスを利用するという方法があります。


がんは手術に代表されるがん治療だけでなく、女性特有のがんなどその後の後遺症や二次的治療、再発予防など長期間の治療が必要になることがあります。


そこで女性特有のがん治療を保障する、女性におすすめのがん保険を含む、女性保険なども登場しています。

関連記事⇒女性保険とは

乳がん、子宮がんなど女性特有のがんは、治療後にホルモン治療で治療費がかかることや、手術後にリンパ浮腫など後遺症が発生することがあり、長期間の治療、保険適用外の治療も多く、乳房切除後の再建術など経済的リスクをカバーできるがん保険を含む女性保険もあります。


また、がん治療は日々進化しており、入院日数が減少する一方、通院治療の割合が増えています。

通院保障があるガン保険がおすすめ

通院保障もカバーし、健康保険適用治療だけでなく、自由診療や先進医療の保障もカバーするタイプのがん保険がこれからのおすすめです。
保障は終身タイプを選ぶ方が多いようですが、女性特有ガン特約を70歳までなど年齢に応じて保障内容を変更するのもおすすめです。


通院だけでなく、往診治療も保障したり、契約期間中の3年ごとにがんにならなければボーナスを支給したりするタイプのがん保険もあります。


失敗しない保険無料相談をするために

保険無料相談にはいろいろなウワサがあります。「保険を見直して安くできた」「公平に保険の提案をしてもらってよかった」「わかりやすく保険を教えてもらった」などの良い評判がある反面で、
「特定の保険会社だけを紹介された」「不要と思われるものも提案された」という悪いうわさもあります。


実は失敗しない保険見直しをするためには、コツがあります。失敗しない保険の見直しをするために、私の体験に基づいてまとめてみました。きっとお役に立つと思います。

画像の説明