HomeRanking保険相談口コミ学資保険女性保険がん保険持病保険加入

かんぽ学資保険 口コミ

かんぽの学資保険のメリットについて

  • 画像の説明投稿者:yuki 36歳 男 広島


    学資保険はやはり子供が生まれて早目に加入しておくことをお勧めします。私の場合も、子供が生まれて医療保険に加入すると同時に、学資保険にも加入しました。早ければ早いほど、保険の掛け金は少なくて済みますので結論は早目に出すことが重要です。


    さまざまな保険会社から学資保険に対するサービスがありますが、やはりトータル的にバランスが良いにはかんぽの学資保険だと感じます。学資保険を初めて発売したのは郵便局です。つまり、今までのノウハウが多く安心感や信頼感はとても強い商品だと言えます。


    また、子供が小さなころでそのタイミングが早ければ早いほど保険料がとても安くなりますので、学資保険に加入する場合は迷わずかんぽの学資保険を選ぶ方がよいと言えます。


    そして、保険料の支払い方法などをしっかり検討することで利回りを高くすることも可能です。学資保険に加入するうえで、この利回りはとても重要なことになってきます。利回りの条件を少しでも良い条件にするためには、月々の支払いを行うのではなく、年払いにすることをお勧めします。


    そして、かんぽの学資保険に加入する場合は父親と母親の性別や年齢によって保険料が大きく変わりますので、もし父親と母親が同じ年齢だった場合は母親を契約者にしたほうがとてもお得になるのです。



かんぽ生命の学資保険に加入しました。

  • 画像の説明投稿者:りんご


    子供が産まれたので、子供の将来のために学資保険に加入しました。以前のこども保険は充実していて、払込免除の特約が自動的についていたり、親に万が一の事があった場合はその後の生活金としてお祝い金の他に年間の保障が付いたプランがありましたが、今はそういった保障が付いた保険は見つけることができませんでした。


    その為、最低限の保障を確保した上で、還元率の良い保険をと思い、かんぽ生命の学資保険に加入しました。


    私の選択したコースは、保険料の払込免除特約をつけ、親に万が一のことがあってもお祝い金がもらえるようにしました。また、学資保険ではお祝い金がもらう時期によって3つのタイプを選択することができました。


    小学校・中学校・大学と分けてもらうタイプ、大学入学時にもらうタイプ、大学入学時と大学在学中に分けてもらうタイプの3つです。その中でも私は大学で一括でもらえるタイプにしました。自分の学生時の費用を考えると大学進学時が一番お金がかかっていたからです。


    特約で子供の入院時の保障を付けることもできましたが、これは選択しませんでした。子供が小さいうちは医療費は市が負担してくれるので、その保障がなくなってから共済に加入しようと考えたからです。また、保険料は児童手当を当てようと思い、保険料が1万円前後で加入できるように調整しました。



かんぽの学資保険に助けられました

  • 画像の説明 投稿者:たなー 41歳 男性 広島県


    学資保険というものは入ることが出来る年齢と保険をかけることができる期間が限られているので、出来るだけ早い段階で入らないとあまり意味が無い保険だと個人的には思っています。


    我が家の場合、長女が生まれた時に郵便局の学資保険にすぐ入ったため、18年間かけて満期までかけ続けました。当時は郵便局の学資保険(現在のかんぽ)くらいしか学資保険があることを知らなかったと言うこともあり、郵便局員の勧誘でそのまま保険に入りました。


    学資保険と名前が付いているように、保険というよりは学費を貯めるための貯蓄という意味合いのほうが大きい保険で、実際に保険として利用したことは一度も無く貯めたお金を利用することのほうが多かったです。


    というのも、これは我が家の場合ですが生命保険は別途加入していたため、保険の充実をあえて行わず、貯蓄メインで学資保険に加入したということもあると思います。もちろん保険を充実させれば生命保険の代わりにも成り得る保険ですからそれは内容次第で保険の使い方が大きく変わると思います。


    学費を貯めるためなら定期預金でもいいのではないかと思われるかもしれませんが、学資保険の場合、貯めたお金を途中で引き出すことが可能になります。満期になっていなくても解約をしなくても、今まで貯めたお金は利用することが可能になるわけです。


    もちろん利用すればそれだけ満期になった時の受取金額や、途中で貰える一時金が貰えないといったデメリットもありますし、貯めたお金を担保にお金を借りるということなので金利も発生しますが、我が家の場合貯めたお金を使えるシステムに非常に助けられました。


    我が家の場合は満期で100万円受け取れる内容にして、月額は5500円程度の支払いでした。途中で2回10万円の一時金を貰っていたので、計120万円を貰った計算になります。18年間の支払額もほぼ120万円程度なので、まさに貯蓄のための保険だと実感しました。



保険のFPが教えてくれたおすすめの学資保険

画像の説明

学資保険は実は保険会社にとっては、魅力がある商品ではありません。なぜなら元本率が非常に高く、保険会社にとって利益は殆ど無いからです。


逆を返せば、ユーザーにとっては、それだけ美味しい商品が学資保険です。人気のある学資保険は、銀行などに預金するよりも、はるかに高い金利を得ることができるのです。


私がおすすめするのは、ソニー生命の「学資保険スクエア」という学資保険ですが、この学資保険だと元本率は111.8%という驚異的な数字なんです。


このような高い元本率では、保険会社は赤字になってしまいます。それでも学資保険を販売する理由は、ユーザーにとって利益の高い学資保険を紹介することで、ユーザーの信頼を得て、他の保険商品を紹介しようとするからです。


いわば学資保険は、保険会社がユーザーを引き付けるための、撒き餌のようなものなんですね。


つまりそれだけユーザーにとってメリットの多い商品が学資保険だということです。


ただこのようにメリットの高い学資保険ですが、特約の付け方によっては、元本割れをしてしまうような商品もあるので、注意が必要です。


学資保険は各会社によって、随分と元本率や特約が異なる商品ですから、我々のような保険のプロである「保険FP」へ相談されたほうが、間違いが少ないと思いますよ。



このように教えてくれたのは、最近ネットで広告を見ることが多い保険ビュッフェのFPさんです。保険ビュッフェでは、学資保険の失敗しない選び方について、無料で相談にのってくれます。

画像の説明

私はいろいろな保険の無料相談を利用し、最終的に14社の保険の無料相談をしましたが、その中でも保険のビュッフェさんはおすすめの保険無料相談でした。

関連ページ

学資保険 選び方

ソニー生命学資保険 口コミ

フコク生命学資保険 口コミ

アフラック学資保険 口コミ

かんぽ学資保険 口コミ

保険ビュッフェ

ほけんの窓口